【元のスレッド】

【裁判】4歳児に障害,「一生涯介護費を」-横浜市と医師に対し命じる:横浜地裁

1 名前:('A`) R. ◆CkQJ/zRB6Y @Sφ ★ :2005/10/01(土) 12:35:56 ID:???0
4歳児に障害 「一生涯介護費を」

  横浜市救急医療センター(同市中区)で夜間に診療を受けた4時間後に
病状が悪化し、重度の後遺症を負った当時4歳の男児と両親=同市西区=
が市と医師に約2億円と介護費用の支払いを求めた訴訟の判決が29日、
横浜地裁であった。小林正裁判長は「急性喉頭(こう・とう)蓋炎を疑うこと
なく漫然と帰宅させ、救急診療所の医師としての義務を果たさなかった」と
して医師の過失を認め、総額約1億500万円に加え99年6月から一生涯、
男児の介護費用を毎月10〜56万円支払うよう命じた。

  判決は、本当に大丈夫かと医師に念押しした母親に、医師が「大げさだ」と
言って取り合わなかったと認定。「当時、急性喉頭蓋炎を発症していた高度の
蓋然(がい・ぜん)性があり、慎重に診察していれば疑うことができた」とし、
「人的物的設備の整った施設に転院させるべきだった」と述べた。

  医師は83年に医師免許を取得し、小児科クリニックを開業しているが、
当日はセンターの協力医として診療を行った。

  判決によると、男児は高熱を出し、のどの痛みを訴え、嘔吐するなどした
ため、99年3月27日午後8時過ぎ、両親に連れられセンターを受診。医師は
急性咽頭(いんとう)気管支炎と判断し、帰宅させた。母親は「肩で息をしている
のに平気なんですか」と尋ねたが、医師は「4歳ぐらいでのどが苦しいなんて
言うかな」「お母さんまで神経質というか親子そっくりだね」などと取り合わなかった。

  しかし、男児は深夜になって「おのど、どうしたんだろう」と呼吸の苦しさを訴えた。
父親が救急車を呼んだが、到着直後にぐったりし、別の病院に搬送されICUに入院。
一命は取り留めたものの、低酸素性脳症の後遺症で四肢にまひが残り、言語表現が
できなくなり、排泄や寝返りにも介助が必要になった。

[Source] *依頼あり*
朝日新聞 
http://mytown.asahi.com/kanagawa/news02.asp?kiji=7296

2 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 12:36:16 ID:u4V9ygpy0
>>3はのまタコ100個買って

3 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 12:37:15 ID:JAzDtVy60
買ったら食べてもいい?

4 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 12:39:37 ID:WPH2QPQC0
母親は「肩で息をしているのに平気なんですか」と尋ねたが、
医師は「4歳ぐらいでのどが苦しいなんて言うかな」
「お母さんまで神経質というか親子そっくりだね」などと取り合わなかった。


酷い医者だな。
こんなの現実にいるのか?


5 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 12:39:37 ID:VlUyui8k0
4様

6 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 12:40:16 ID:XEQSK8Q/0
大抵は医師が気の毒なんだけどこのケースは・・・

7 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 12:40:46 ID:ax8ww6Ge0
男の子超かわいそう・・・

傲慢医師は全財産をこの男の子に払え

8 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 12:42:14 ID:2qN37tf70
>>4
多くはないと思うがいることはいる
特に大学病院や大病院系

以前医学生(女性)と話した時
「医師はサービス業ではないから、いちいち患者の訴えを真に受ける必要はない」
と言ってたのを思い出した

9 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 12:42:49 ID:xiOFmzod0
こういうことがあるから
小児科医→ハイリスク→医師不足
になるんだよな。
何とかならないものか。

10 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 12:43:14 ID:qrJsDGGI0
こういうことがあっても医師免許って剥奪されないもんなの?
今ものうのうと続けてたらすげーヤだな・・・。

11 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 12:43:16 ID:mBxoUIdH0
何とかならない

12 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 12:43:51 ID:JAzDtVy60
「おのど、どうしたんだろう」

泣けてくるね

13 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 12:45:45 ID:cBA0J7CJ0
でも「一生涯」はおかしいだろ
育てる金が無いのに中だしするなよ

14 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 12:46:47 ID:2qN37tf70
>>13
99年6月から一生涯、
男児の介護費用を毎月10〜56万円支払うよう命じた
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~

15 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 12:47:22 ID:jVwU+tHG0
>>13
アホか。
自宅介護費用と時間ってのは膨大に食うんだよ。
俺も親の介護やってから分かった。

仕事に専念できなくなる一面もあるし。

16 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 12:48:20 ID:r+M1cMR5O
またDQNがヒステリーを起こしたかwwwwww
って思って記事を読んだら死にたくなった

17 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 12:48:42 ID:pzkyIHjz0
>>13
は?知ったかの糞ガキが偉そうに何様だ餓鬼?
部活でもしてる屑餓鬼

18 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 12:48:49 ID:Sdvqp9QG0
>「おのど、どうしたんだろう」と呼吸の苦しさを訴えた。

かわいそうで泣けてくる

19 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 12:49:19 ID:2cj5PhX9O
夜間診療所の小児科診療が
いかに地獄絵かwww


あんな所で正確な診療を期待するのが無理。
今晩でも行って見れw

20 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 12:49:20 ID:bR+PjJ5J0
>>4
以前子供を耳鼻科に連れてったら
鼻の奥つつくのに痛がって泣いたんだけど
その時じじいの医者に「こんなんじゃろくな大人にならん」
てイヤミ言われた。

21 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 12:49:29 ID:K84r59fm0
http://www.asahi.co.jp/hospital/shinsatsu/050301.html

22 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 12:50:03 ID:8fGG8KBi0
楽天的で腕のない糞医者のせいで介護が必要になったんだからな
介護費用を払うのは当然だろう

23 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 12:50:19 ID:c5dj5bCj0
今横浜市は中出し市長の経費削減政策のため 手抜き行政サービスを実施中


24 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 12:51:09 ID:t02Y5LKq0
>>13
 も
 てる

じゃないの?

25 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 12:51:38 ID:S9eQAPsJ0
70年生きるとして、実質4億円相当の支払い命令だな。

26 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 12:52:31 ID:a9tV75j80
俺がこの医師なら、全財産処分して遊興に使い果たした挙句、
破産&無一文になって生活保護になるな。

生活保護者からは1円たりとも賠償金を取れない。
ウェーハッハッハ

27 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 12:52:31 ID:swfddAIx0
やっぱ小児科はリスク大きいな。

28 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 12:53:00 ID:bsP40d5d0
ほんと朝日新聞だな

「4歳ぐらいでのどが苦しいなんて言うかな」
「お母さんまで神経質というか親子そっくりだね」
「おのど、どうしたんだろう」
とかほんと朝日テイスト
まちがいなく記者がこういうやりとりがあったに違いないって
想像で書いたセリフだね

29 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 12:53:46 ID:2qN37tf70
普通に告訴状からの引用じゃないの

30 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 12:54:11 ID:P///Omuk0
>低酸素性脳症の後遺症で四肢にまひが残り、言語表現が
>できなくなり、排泄や寝返りにも介助が必要になった。

惨すぎる

31 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 12:54:13 ID:seg4XfNoo
>>10
これからものうのうと続けてかないと介護費用払えんだろ。 

32 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 12:55:29 ID:oCw18v6U0
まだ地裁判決なのに何を決まったような感じで書いてるんだか、、、
どうせ高裁で逆転だろ。

33 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 12:58:15 ID:AClCVV1z0
補償は一生涯!

34 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 12:58:55 ID:CjG32ZoH0
どうせ保険入ってるから自腹は痛まないだろ
ノーリスクで大もうけまんせー

35 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 12:59:56 ID:BlA+OF7/0
なんでこんな馬鹿医者のために税金がつかわれるんだよ??
この医者が個人で賠償しろ!!

36 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:00:41 ID:grjdL2UR0
>>26
医師免許持ってるのに生活保護?
それ、ホームレスよりも恥ずかしいだろ。
なんのために大金掛けて医学部入ったんだ?ってことになる。

37 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:00:49 ID:O5glHWjo0
>>28
何でもかんでも朝日たたいてりゃ良いってもんじゃないよ

38 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:01:38 ID:P7ye+As50
んで、最高裁で微妙な判決か

39 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:02:04 ID:D3lNv1wE0
10〜56万円ってえらいアバウトだな。どういう計算なんだろう。
多分高裁で減額して和解するという落ちになると思うが。


40 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:03:17 ID:8j1d69AE0
四肢が麻痺だと、この親御さんも一生涯夫婦で外出は
出来なくなるだろうなあ。
可哀想に。

41 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:03:23 ID:PAxiTEWm0
能力のないものが医者をしていたということかな?  83年に医師免許を取得してから、


何をしていたのかということだ。医者に向いていないのに、医者になれば、、こういう悲劇が繰り返される。

42 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:04:45 ID:grjdL2UR0
>>36
訂正
>医学部入ったんだ?ってことになる。

医学部出たんだ?ってことになる。

入ったんだ?じゃ裏口入学だってことになってしまうな。

43 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:05:14 ID:CjG32ZoH0
運転免許は更新あるのにな

44 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:08:00 ID:AiqNiON+0
>「おのど、どうしたんだろう」

これが最後の言葉だったとしたらかわいそすぎる。

45 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:08:21 ID:B/kbWM7M0
でもなー、2億くらいなら、五体満足の方がいいに決まってんじゃん。

心臓が止まるまで介護だよ?

46 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:11:02 ID:8j1d69AE0
介護する以上、余分に金があっても使う暇が無いだろうからな。
正直、子供が健康な方が良いよ。

47 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:11:37 ID:sK4oFg0GO
こんな時運転免許でも更新がとか言う人いるけど、
運転免許更新とか意味なくね?
あのくらいの講習なら、どんな資格でも日頃うけてるだろうし。
人間としての資質の問題だろ?

48 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:14:15 ID:pk1fobpI0
朝日の記事だから真相がわからないなぁ

49 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:16:26 ID:f8bvXX5r0
急性喉頭蓋炎てのは診断難しいもんなぁ
英字論文にも misdiagnosis is common.と書かれている。

それと、予防効果のあるHIBワクチンを阻害している反ワクチン団体
ちっともすすめない功労賞にも損害賠償を請求すべきだな




50 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:16:52 ID:5+t3SyN+0
これで、小児科志望者が更に激減するな。
開業医も深夜救急には一切協力しなくなる。

36時間不眠で働き続け、一つのミスで一生棒に振るなんて割に合わない。

小児科医療を建て直すには、小児医療の事故は刑事・民事とも全て免責に
するしかない。それができないなら小児医療そのものが消滅する。

51 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:18:26 ID:3+WIBpuq0
この医師最低。
後遺症云々の前に

>医師は「4歳ぐらいでのどが苦しいなんて
>言うかな」「お母さんまで神経質というか親子そっくりだね」などと取り合わなかった。

こういう受け答えするなんてキチガイですね
どこの医学部卒だよ
精神鑑定やってから医師免許出せ

更に残った麻痺やら障害も酷すぎるね
寝返りにも介護だよ?ご両親は心中したくなる気分だろうな。

52 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:18:41 ID:FP2GpGoZ0
今度から子供を病院連れて行くときは
mp3で医者とのやり取りを録音しとこう。

53 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:18:44 ID:pk1fobpI0
>>50
その考え方はおかしい
つーかあんた理系馬鹿?

税金ジャブジャブ注ぎ込んで
ハイリスク・ハイリターンな仕事にするべき。
医療事故、ミスでの保障の制度も公的につくるべき。

54 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:19:13 ID:8j1d69AE0
>>48
読売にも載ってたよ。
29日の記事で。

関係者乙。

55 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:19:46 ID:2qN37tf70
>>50
人の命に関る仕事してるんだからさ
免責とか何甘いこと言ってんの

56 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:20:49 ID:pk1fobpI0
>>54
なら信じる。
↓これは初めから俺は信じた。

【社会】乱気流でコーヒー浴び男児大やけど 日航の対応に問題〜国交省調査報告書公表
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1128059610/l50


57 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:22:37 ID:HMvLxMYT0
救急の医師ってすごーーーーーーーーーーく冷たいよ
まあ暇なトコに急患来たらウザイのは分かるんだけどね

58 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:22:48 ID:7P1xJjIC0
どこの大学出たかアゲキボンヌ


59 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:23:14 ID:+Xci0Z270
>>52
それか緊急でも不信感抱いたら他に行くしかないね

60 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:25:31 ID:sK4oFg0GO
録音はいいと思うよ。
医者の方も望むんじゃない?

61 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:26:19 ID:3+WIBpuq0
正直、とんでもなくくだらん事で
タクシー代わりに救急車呼ぶようなクズ患者モドキの犠牲なのかもしれんね
当直医だって
『はぁ?』って言いたくなる事も多いだろうし
診断ミスに関しては議論すべき点だってあるしね
本当に一刻を争う急患さえも狼少年みたいに扱われるんだよ

62 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:26:28 ID:KRn/apkI0
ところで入院してたら本当に結果は違ったのだろうか?

63 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:26:57 ID:gi9SaMu20
小児科医が減るのも仕方ないな。
誰だってやりたくないだろう。

64 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:29:52 ID:J/lcN+Y20
全体の九割がヤブ医者の医療現実

65 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:29:53 ID:8fGG8KBi0
>>61
まぁそういう奴は医者に向いてないな
しかるべき職業にしかるべき責任がかかるのは当然の事
この医者の場合、プロとして当然備えているべき注意も技術もなかったわけだ

66 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:31:22 ID:WydzHPgS0
>>50
問題なのは過失の程度。職務怠慢とミスは違う。

67 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:32:26 ID:grjdL2UR0
小児科医云々といってるバカがいるけど、
コイツの場合、その前の段階の問題を抱えてるだろうよ。

>医師は「4歳ぐらいでのどが苦しいなんて言うかな」
>「お母さんまで神経質というか親子そっくりだね」などと取り合わなかった。
患者が必死に伝えようとしてるのに
それを無視してもいいと考える確固たる根拠もなく
切り捨てるようなバカは医者に向いてないよ。

68 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:33:11 ID:+Xci0Z270
志し低いなら初めから医者にならないで欲しいね

69 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:33:14 ID:3+WIBpuq0
>>65
いや、それには全く同意。
ていうか、ヒューマンエラーだって仕方無いでは済まされないけど
あんな受け答えは無いでしょうに。>>51に書いたけど。>>67とも被ってるけど。
病院板に実名出てないかな。

70 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:36:28 ID:pk1fobpI0
>>67
その部分は半分は朝日の創作だろ

71 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:36:32 ID:d0kx/Kpz0
>>61
そういうクズは別に症状みないでもわかるから、
そもそも、付き添いの人間からして違う、間違う可能性は皆無だ。
医者としての技量というよりは、人間見る目の有無だろう。

72 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:37:34 ID:grjdL2UR0
>>70
創作だと認められる根拠は?

73 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:39:06 ID:pk1fobpI0
>>71
あのなー

クズには「クズの病」があるんだよ。
どんなのかっつーと「半端じゃない不摂生」からくる病だ。
病気ほっといたり、アホなことやって悪化させたり。

態度も最悪、病状も最悪なんてよくあることだよ。

74 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:40:09 ID:HCJYScUh0
>>61
> 正直、とんでもなくくだらん事で
> タクシー代わりに救急車呼ぶようなクズ患者モドキの犠牲なのかもしれんね
> 当直医だって
> 『はぁ?』って言いたくなる事も多いだろうし
> 診断ミスに関しては議論すべき点だってあるしね
> 本当に一刻を争う急患さえも狼少年みたいに扱われるんだよ

核家族があるのかな。正直、子供の病気については、こっ
ちはおろおろするばかり。妻は看護婦だったから、おろ
おろしないけど。素人夫婦ならおろおろして病院にいく
ことってあると思うし、そういうことが寛容される社会
にするべきだろう。


75 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:41:09 ID:1GC5UZhp0
でも実際母親ってのは、どんな場合でも常に神経質な台詞を吐くもんだ。
この時はたまたま運悪く当たっちゃっただけで。
常時睡眠不足状態で激務の中母親のヒステリック過剰な訴えに晒され続ければ
感覚が麻痺して本物の危険信号が混じってても分からなくなってしまうだろうさ。
この医師1人を闇に葬った所で何も変わらない。
ますます小児科医が減って自分の子供のやばいときに放置されて死ぬ確率が増えるだけ。
本当に子供が大事なら夜中にたたき起こせるかかりつけの医師を1人確保しておけ。
当然それなりの金を払ってな。
要は貧乏人の子作りはギャンブルと思えってこった。


76 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:43:15 ID:pk1fobpI0
>>75
現状認識は同意

>>72
言論機関の報道の信憑性は過去の信用から判断するしかないだろ

77 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:46:10 ID:7pRdXEgV0
介護費用+一億500万って高い気がするんだけど
四歳男児の相場ってそんなに高いのか…死んでも一億貰えない人が多いだろうに
むしろ生きてるから高いのかな

78 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:46:13 ID:i4ZE2Ht60
別にこの医者は明日からも同じように働き続けるし
幸せな家庭を築くだろう。
かたやこのヒステリーの母親は、
自分の異常な態度のせいで、子供の一生を棒に振った責任を感じることもなく
楽しく2億円で生活するのだろう。
すべてを人のせいにして。
俺的に言わせてもらえば、母親ざまー見ろってかんじ

79 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:47:55 ID:WydzHPgS0
>>75
> 常時睡眠不足状態で激務の中

医療事故を起こすような心身状態に自分の身を置くこと自体が医者の資格無し。

> 母親のヒステリック過剰な訴えに晒され続ければ感覚が麻痺して本物の危険信号が混じってても
> 分からなくなってしまうだろうさ。

論外。医者の資格無し。

80 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:48:24 ID:3+WIBpuq0
>>77
その、後遺症が酷いからでないかい?
寝返りも介護必要で、言語表現もできないんだ

>>78
5点くらいかな

81 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:48:50 ID:qWLWlAjy0
腕の悪い医者には、口も悪い医者が多いと思う。
うちの近所の産婦人科もそう。

82 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:49:23 ID:grjdL2UR0
>>78
お前ね、介護を一生するってのがどれだけ大変なことか、
そのぐらいの想像力もないの?

ってか、お前、いくつだよ?
中学生か?

83 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:49:56 ID:7xF/aXyw0
>>35
憲法17条

つまり改憲が必要ということ。がんばれ。

84 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:51:38 ID:wYaJXatE0
なまじ健康に4年間生きてたぶん、子供の障害っぷりを見るのは辛いだろうな。
なまら泣けてくる

85 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:52:35 ID:pk1fobpI0
>>79
過労死は自己管理の責任ですかアーハイハイ

聖人がいると思ってる?
俺、今まで生きてきて見たことないよ。
あんたなんか宗教でもやってるの?

86 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:53:22 ID:yQk4exod0
医師免許を取り上げ
生涯この子の見るべきである

87 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:55:04 ID:r+M1cMR5O
>>85過労死はどこから出たんですか?

88 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:56:58 ID:grjdL2UR0
>>79
なんつーか、>>75の擁護って
トラック運転手が激務の中で居眠りしてて大事故を起こした時の言い訳に似てね?

89 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:57:15 ID:y8NHo0D50
死んだほうが安上がりっつーことで
次はしっかり息の根を止めろよ

90 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:57:50 ID:ymPHoYWW0
こーゆー医者は
ハイリスクを他人事のように考えてるんじゃないかな?


91 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 13:59:19 ID:WydzHPgS0
>>85
> 過労死は自己管理の責任ですかアーハイハイ

開業医が過労死? どう考えても自己管理の問題。
「ボク寝不足だからちゃんと診察とか出来なくて場合に寄っちゃ人死にが出ちゃうかもだけど
忙しいんだから仕方がないよね〜」
アホか。寝言は寝てから言え。

> 聖人がいると思ってる?

意味不明。

92 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 14:00:20 ID:pk1fobpI0
>>87
リアルにドンドン仕事をやらなくていけない時に
自己管理での健康管理、体調管理に限界があるってこと。

>>88
言い訳?
唯の現状認識だろ。
トラック野朗にも、この医者にも責任は勿論あるが。

93 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 14:01:50 ID:7xF/aXyw0
>>91
開業医と言ってもここでは市の臨時職員として扱うのが適切だと思うよ。

94 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 14:02:45 ID:z/pis82P0
医者は死刑でいいだろ この際
まんどくせ-し

95 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 14:04:23 ID:pk1fobpI0
>>91
自己管理の限界を述べたまで

>意味不明。
お前が馬鹿なのは良くわかったよ。

96 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 14:04:28 ID:rtWFQNMJ0
この賠償と介護の費用って,市の予算に計上されるんだよね? 多分...
介護の必要がなくなるまで。

10〜56万円/月って振り幅大きいけど、一番かかる時期(?)には年間
600万円かかるわけか...市民の税金からだよね。
今10歳としてこの先60年くらいかなぁ。その頃には両親も亡くなって、
どこで、誰に見守られて暮らして(寝て)いるんだろう、この子...。

なんだか、裁判終わっても何の解決にもならないね。

97 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 14:04:52 ID:VnjG37tu0
こうして、日本の小児科が消滅した・・・・

98 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 14:07:12 ID:WydzHPgS0
>>92
勝利宣言乙

自己管理が出来ないことを「忙しいから」で正当化するような甘ったれは
人の命を預かる仕事になど就くな。

99 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 14:08:11 ID:1GC5UZhp0

遠くの名医より、近くのやぶ医者。
俺はこのレベルの医者でも緊急時に病院たらい回しにされるくらいなら診てもらいたいと思う。
ここで文句言ってる連中は、きっちり睡眠をとった健全で優秀な小児科医に見てもらえばいい。
診察は救急病院運ばれてから1ヶ月後になるだろうけどなw

>>88
非常時に使えるトラック便がなくても別に俺は困らん。
医者と比べるなんてナンセンス。


100 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 14:08:32 ID:TG0nsPsf0
一生この男の子は天井見て暮らすのか

101 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 14:12:18 ID:pk1fobpI0
>>98
はぁ?勝利?何に?
お前、戦ってたのw

・自己管理での健康管理、体調管理に限界がある
・トラック野朗にも、この医者にも責任は勿論ある


俺は当たり前のこと言って、現状に問題があるって言ってるだけ。

>自己管理が出来ないことを「忙しいから」で正当化するような甘ったれは
お前、働いたことある?
>人の命を預かる仕事になど就くな。
お前の「聖人幻想」は非現実的なんだよ。

102 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 14:12:31 ID:wwaEv4uU0
"高度の"蓋然(がい・ぜん)性
"慎重に診察していれば"疑うことができた
この二つは同時には成り立たないと思うがDQNな裁判官だな。

103 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 14:12:43 ID:WydzHPgS0
>>99
おまえが似非医者に診てもらって全身麻痺になろうが死んでしまおうが誰も興味がない。

お前の好きにしたららいいのであって、いちいち報告しなくても結構。

104 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 14:14:25 ID:1GC5UZhp0
>>101
馬鹿に餌与えるな。


105 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 14:14:29 ID:Llu1gUYK0
改めて医者は接客業ってのを徹底すべきだな。
最近は研修にコミュニケーション能力を磨くことも入ってるっていうが、
それを教える側がそれが出来てない世代だって自嘲気味に笑ってたが。

106 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 14:16:08 ID:BtMFf8N6O
人体っていうのはセンシティブなもんだねえ。喉の炎症でねえ・・・・

107 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 14:17:40 ID:oD8EmrMT0
急性喉頭蓋炎は急激に発症して命取りになりうるからねぇ・・・


108 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 14:19:48 ID:rEo6xtEa0
普段からかかりつけの医師であれば、
信頼感があって、こういう事態にはならなかったかも。

小児科の医師や小児科そのものが減っているようだが、
難しいねえ。

109 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 14:20:06 ID:WydzHPgS0
>>101
知らない間にお前の脳内では件の医者が激務の中で睡眠不足で診療していたことになってんだな。

> お前の「聖人幻想」

まったく意味不明。
激務を理由に診療ミスを正当化するような人間は医業に就くな。以上。

110 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 14:20:17 ID:bxyEYm+60
もれも子供つくろうかな。

111 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 14:23:35 ID:wwaEv4uU0
>>109
心配しなくてもいまどき小児科医になろうなんて奴は
ロリコン
マゾ
状況の判断ができない馬鹿

に該当するごくわずかな人間だけですよ

112 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 14:25:04 ID:IQ7/ZIY00
このケースで伝えられた範囲では専門医である小児科医にミスはありそうかな?
以下は一般的な件について、ちょっと私見を・・。

>>79
>医療事故を起こすような心身状態に自分の身を置くこと自体が医者の資格無し。

 それなら今の勤務医はみんな医者の資格なしになるって事だが・・。
 医者の資格なしにみんな診てもらっているって事忘れずにね。

>母親のヒステリック過剰な訴えに晒され続ければ感覚が麻痺して本物の
>危険信号が混じってても分からなくなってしまうだろうさ。
>>論外。医者の資格無し。

 だからこそちょっとした危険信号に反応できるように現場の医者に余裕を
 持たせろって事だよ。それは医師の問題じゃなくて、医師を使う側の問題。
 第一に病院だが、それ以上に責任があるのはそれを許す(いや正確には
 その方向に経済誘導する)国、おもしろおかしく取り上げその結果どうなるかを
 考える気もないマスゴミ、一番の当事者でありながら自分たちの本当の味方に
 なる医者を他人事のように叩く国民(2Chに典型例多い)・・・・・・。

 何か、不良化した子供が「大人が悪い・世間が悪い」と言っているようで
いやなんだが、本当にもっと考えてくれといいたい気持ち。

113 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 14:26:35 ID:WydzHPgS0
>>112
>  それなら今の勤務医はみんな医者の資格なしになるって事だが・・。

なりません。大抵の医者はちゃんと自己管理をして日々診療に従事している。
一部の勘違い君が出来もしない仕事を引き受けて挙げ句の果てに医療ミスを犯しているだけのこと。

114 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 14:27:38 ID:VdhgDpI20

最初は厳しいな〜と思ったけど

こりゃー医師がひど過ぎ

115 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 14:27:58 ID:QqHPzu580
>>112
>  何か、不良化した子供が「大人が悪い・世間が悪い」と言っているようで
> いやなんだが、本当にもっと考えてくれといいたい気持ち。

どっちもどっち

116 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 14:28:03 ID:NBDI6Cka0
母親の態度が悪かったために真面目に診る気が失せたに16恒河沙ペリカ。

117 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 14:29:01 ID:IQ7/ZIY00
んーと、その言い方なら・・・
医療ミスは勘違い君が出来もしない仕事を引き受けて挙げ句の果てって事なのか?

118 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 14:29:13 ID:uuYJwl1+0
スレタイだけだと、またプロ市民のゴネかと思った。
正直スマンカッタ。これはひどいな。

119 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 14:31:05 ID:/0xfr1Q00
ドクハラって言葉も知らない厨房が大杉とちゃうの?

「お母さんのご心配は分かりますからちゃんと調べますね。
でも、あまり心配しすぎるとお子さんも不安になりますからね・・・。」

という最低限の職業上の会話すら持てんのか? このクソやぶ医者め!!

120 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 14:34:25 ID:e84/CZ5s0
最近の医者なんて儲かるからなったとかいう
証券マンのなりそこない見たいな連中だらけ

尊敬のかけらにも値しない

121 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 14:35:08 ID:QqHPzu580
>>118
まあ医師にも同情するべき点はあるだろうね

>普通のドクターの感覚で言うと、そういうものは1万分の1、あるいは
>10万分の1の確率なので、「喉が痛い」と言われたら「風邪でしょう、お帰りください
>」、そして「お薬を出しておきましょう」という対応をするわけです。その何万分の1
>かの確率で毎年、急性喉頭蓋炎の死亡事故が起きています。



122 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 14:35:37 ID:WydzHPgS0
>>117
全てのカラスは黒い羽根を持っている○
黒い羽根を持った全ての鳥はカラス×

123 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 14:36:52 ID:IQ7/ZIY00
>>113
>大抵の医者はちゃんと自己管理をして日々診療に従事している。

 そんな医者(勤務医)がほとんどなんて思えないんだが。
 あなたはきちんと自己管理されている医者なんですね。えらい!
 日勤した後の当直なんて断わっているし、当直明けは日勤せずに
 うちに帰って休んでいるんですね? 病院もそのために多く医者を
 雇っている素晴らしい病院なんですね。

>>115
どっちもどっちって、また第3者的な発言を・・
あんたら当事者なんだぞ?

124 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 14:37:02 ID:3+WIBpuq0
>>121
診断ミスという点ではあなたに同意しますが


>医師は「4歳ぐらいでのどが苦しいなんて
>言うかな」「お母さんまで神経質というか親子そっくりだね」などと取り合わなかった。

なんなんだよこれ
キチガイでしょう

125 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 14:38:19 ID:WydzHPgS0
>>123
思えないのはあなた様の勝手ですのでどうぞご自由に。

126 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 14:41:23 ID:fZDcDt1s0
ヤブ医者なめとんのか!

127 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 14:43:36 ID:IQ7/ZIY00
>>125
何か、「自分は全部正しいのでそちらの言う事は世迷い言です」って
言われているような気がするが気のせいかな?

128 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 14:44:40 ID:2qN37tf70
>>119
そんな会話は必要と思ってない医者が多いの
上にも書いたけど「医師はサービス業ではない」という考えが
今どきの若い医者や医学生の主流

129 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 14:45:05 ID:QqHPzu580
>>123
医師の現状がが国民に知られてない事が問題の本質だよね
で、医師の方が動かない以上、国民は問題を知るはずがないよね。
考えてくれと言っても、考える材料を用意しているのかな。

悲しいことに、医師のPR不足が根っこにあるんだよね。

130 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 14:45:58 ID:BtMFf8N6O
風邪と未分化じゃん。喉ちんこなんてそれだけで存在してるわけじゃねーしさ。

131 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 14:48:11 ID:/Lm6dzISO
また救急医減るな

132 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 14:51:24 ID:IQ7/ZIY00
>>129
一応、医師会がいろんな資料・材料を持っているんだが、いかんせんPRが下手だからな。
今回の総選挙での民主党の主張の仕方みたいなもんだ。ごちゃごちゃしてわけわからん(一般人には)。

133 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 14:56:01 ID:IQ7/ZIY00
あと、ID:WydzHPgS0どのへ

 あなたが医者ならすごい、尊敬に値すると思います。いやマジで。

 あなたが医者じゃないなら、「おととい来やがれ!」って気分です、ハイ。

134 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 15:00:58 ID:5+t3SyN+0
>>79
>医療事故を起こすような心身状態に自分の身を置くこと自体が医者の資格無し。

そのとおり!

そして、現在の保険医療では小児科の救急は必然的に医療事故の起きるような悲惨な心身状態になる。

だから、日本中から小児科救急医療がなくなろうとしている。
小児科医がもっと待遇の良い診療科に移る動きは止められない。

日本中から小児医療が消滅しても日本の医者は全然困らない。

135 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 15:01:03 ID:pk1fobpI0
あ〜俺もID:WydzHPgS0が医療(現場)関係者かどうか気になる
まぁどうせ違うだろうけど

136 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 15:06:44 ID:/Lm6dzISO
早く皆保険廃止して応召義務撤廃しないと
勤務医が弱者ということがわからない人多いから

137 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 15:10:36 ID:askuf1IW0
小野 ど、どうしたんだろう
シュートに切れがない

138 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 15:14:47 ID:XDyXiocV0
小児医療は、もうなくなるかもわからんね。
あと産科も。

139 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 15:14:56 ID:C72Dr5JJ0
>>134
移る以前に
最初からなっていないでしょ?

にしても
医者なんてそういう
>日本中から小児医療が消滅しても日本の医者は全然困らない
意識を持っていては職業倫理にもとると思うのだけど
その程度の意識の人間が多いわけで。
でも、なかなか医師の仕事に見合うレベルの人間は
いないわけで。

どうしたらいいものか?


140 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 15:19:37 ID:IQ7/ZIY00
このスレは開業医が救急医療センターに出務したケースでの裁判スレだから
勤務医云々はスレ違いとは思うけど、やっぱわかって欲しいというのはある。

医療事故・医療ミスなどが起こる度ごとにミスはミスとして責任を問われるのは良いとしても、
今後いかにミスを少なくする様に持って行けるかが一番大事な事だと思うが、みなさんどうよ?

141 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 15:23:45 ID:RIjGPQBX0
>>124
そうでも言わないと帰ってもらえんよ。
患者は大行列作ってるのに

142 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 15:25:32 ID:D4t7c+4C0
研修医じゃないの?夜間のアルバイトってやつ

143 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 15:26:24 ID:IQ7/ZIY00
>>139
ここは匿名(一応)の2Chですから、本気でそう思っている人はいないんじゃない?
まあ、国のトップや官僚エリート・選民達があれですから、医者だけに求めるのも何かと思うけど。
少なくとも人間としての気概だけは持ちたい、今日この頃です。

144 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 15:31:08 ID:/2CfrG6b0
>>141
患者が大行列?夜間診療で?

145 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 15:32:59 ID:RIjGPQBX0
>>144
お前小児科一度行ってみ。

146 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 15:36:37 ID:OlunGPvE0
今夜救急当直なんですが、小児科ことわろうかな。
自信がなくなった。
もうやめよう。

147 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 15:36:44 ID:i4ZE2Ht60
>>82
バカじゃないの?
施設に放り込んで
遊びほうけるよ

148 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 15:37:06 ID:4usavXtG0
しめて賠償金が取れた後は、


 不慮の・・・


149 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 15:38:34 ID:Ep7l3LBc0
しかし、こうなると

誰も小児科やろうと思わないね

リスク高すぎ

150 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 15:38:42 ID:/Lm6dzISO
>>146
まだ地雷地帯にいるのか・・・・
早く逃げろ

151 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 15:39:08 ID:WeYTDebRo
医療費削減の方向だし、仕方ないですね

152 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 15:39:10 ID:5+iZVOyK0
>>142
>>1

153 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 15:40:09 ID:iGL1YAFC0
>>146
そうおもうなら医者やめたほうがいい。
こんなのは他の科でもありえること。
小児科だけの話と考えるならいずれ同じ目に合うよ。

154 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 15:41:04 ID:HX3XS5aZ0
親ボロ儲けだなwww

155 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 15:41:47 ID:4SBEvhgT0
つーか医者なんて金持ちしかなれない特権階級。
マジで許せないね。
医療ミスするたびに賠償金一律1億円、金庫50年とか厳罰に処すべき。
こんなやつらたいした努力もせずに大金手に入れてるごみ人間なんだから。


156 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 15:41:51 ID:RIjGPQBX0
>>146
専門で無いなら見るな。
すでに社会の声はそういう方向に向かってるぞ。

157 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 15:42:52 ID:iGL1YAFC0
>>154
それは介護したことの無い人間しか吐けないセリフ。

158 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 15:45:54 ID:HX3XS5aZ0
>>157
ぶっちゃけ、この子そんなに長く生きれんだろうしなぁ。

まぁ金有る所から被害受けて賠償金ふんだくれたこの親は幸せだよ。
肉親を殺されてもDQNで金の無い加害者から雀の涙くらいしか賠償金取れない人が大勢いる。

159 名前:(゚д゚)ウマー ◆UMAAgzjryk :2005/10/01(土) 15:46:30 ID:aug8nNy+0
小児科医。大変。

もうやってられんね。
自己破産して横浜市が被る事になるだろう。

160 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 15:47:52 ID:VteWLPWW0
>「当時、急性喉頭蓋炎を発症していた高度の蓋然(がい・ぜん)性があり、慎重に
診察していれば疑うことができた」とし、「人的物的設備の整った施設に転院させるべきだった

またもや、医療素人裁判官の犠牲者だよな。転院してきた病院も手榴弾投げ込まれたようなもんだな。
再発防止策としては咽頭痛を訴える患者には全例に喉頭軟線撮影するしかない。



161 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 15:48:52 ID:fS3IGINH0
>>154
無知って素晴らしいなwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

162 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 15:52:00 ID:HX3XS5aZ0
>>161
1億500万+毎月の介護費支給のどこがボロ儲けじゃないんだ?www

163 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 15:54:43 ID:HX3XS5aZ0
>>161
平均的な収入でも肉親介護してる家庭は大勢あるぞ。介護費用を支給されて
さらに1億賠償もらえたのはボロ儲けじゃないのかなぁ


164 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 15:55:18 ID:wwJZBIUW0
開業小児科医の夜間救急センター協力医でしょ。
協力返上すれば解決します。
後は市のほうで医師を探してください。

165 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 15:55:43 ID:tZBloXaz0
裁判官は良いね 好きな事をゆうて 正義ズらしていれば やんや  やんやの大喝采

166 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 15:56:55 ID:4Xzdk7wm0
なんで横浜市はゴミを丁寧に分別しなきゃならんのだ
しかもキレイに洗えっていうし
時間と水道代肩代わりしろよナカタよ
役所の玄関前に企業広告いれんじゃねえカス
市民に負担押し付けんな税もたけーしよお

167 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 15:57:49 ID:grjdL2UR0
>>163
なるほど、お前の子供もそうなればいいね。
そうなれば、ボロ儲けだ!って喜んじゃうだろうな。

168 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 15:58:12 ID:iGL1YAFC0
>>163
家族をこんな風にされてボロ儲けしたと感じられるなら
保険金殺人ぐらい平気でやりそう。

169 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 15:59:06 ID:wwJZBIUW0
裁判官は名医だから急患センターで働いてもらいましょ。

170 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 16:00:19 ID:dGLafEqf0
しっかりした診察、診断、処置は医者の基本であるからして、
この医者に同情するつもりはまったくないし、
この男の子はかわいそうだと思う。
特に男児の言葉には涙さえ出てくる。

しかしあえて言うなれば、救急でもないのに救急に来る患者ども、
お前らもこの事故の一端をになっていることを良く憶えておけ。

171 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 16:00:59 ID:2t4N90F50
ボロ儲けっておまえら・・・
自分達の子供が赤ん坊から4才くらいになって、
やっと子育てが楽になって
これからの成長を楽しみにする時期に、医者から
こんな扱いで一生を台無しにされて
朝も昼も夜もずっと介護しながら、されながら生きて
いかなきゃならないのに。これから何十年も。
その気の毒な親子に対しておまえらの頭の中に
浮かぶ言葉は「ボロ儲け」かよ

172 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 16:01:23 ID:3+WIBpuq0
とりあえず医師の実名きぼん

173 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 16:01:27 ID:xTnJ+slk0
>>3
いいよ。

174 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 16:03:02 ID:wwJZBIUW0
横浜市立大医学部にフリーターを大量入学させて小児科医をタダで養成してあげよう。
何%医師になれるか分からんが市長の権限で可能だろう。
フリーター小児科医特区:横浜

175 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 16:03:04 ID:Ukjt4BF+0
自分が小学校に上がるか上がらないかの頃、冬に風邪をひいていたん
だけど、寝ていて夜中に息が急に吸えなくなった。
今思うと、喉がはれたせいだと思う。
子どもながら、このまま息が止まって死ぬんだと思ってこわかった。
母親が青くなってお湯を沸かして、熱いぬれタオルで温湿布してくれて、
少しずつ息ができるようになった。

同じような症状だったのかな、ひとごととは思えないよ。
障害が残るなんて可哀想だ。

176 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 16:06:01 ID:rtWFQNMJ0
>>158
金有る所=国か地方自治体ってことか。
医療過誤がヤブ医者個人の資質に原因があったとしても、
この場合ツケを払うのは横浜市民なわけで。

177 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 16:06:17 ID:wwJZBIUW0
急患センターから帰ってから、親はずっと息が止まるまで添い寝して観察してたのか?それとも寝てたのか?
ちょっと気になる。

178 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 16:06:45 ID:0mweKZ3i0 <:67865142>?##
医者の気持ちはわかるよ。小児科に子供つれてくる最近の親のエゴっていうのは
凄まじいものがある。子供の病気を治したいという情熱もって医者になった人は
だんだん子供とその親に対して憎しみをいだくようになるそうだ。ちょっとしたことで
もの凄い剣幕でクレームをつけてくる親ばかり。
被害者は子供であって親じゃない。

179 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 16:06:49 ID:DzoPpl4iO
こんなミスおかしても医師免許剥奪されないんだよな…


180 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 16:07:20 ID:uukLZlkA0
この子は意識はあるのに、言葉もしゃべれず、寝返りすらできない
一生天井を見つめ続け、そして死んでいくわけだ

181 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 16:07:46 ID:NRpiW7AE0
代わりに生活保護の学会員とネットウヨが氏ねばいいのに

代わりに生活保護の学会員とネットウヨが氏ねばいいのに

代わりに生活保護の学会員とネットウヨが氏ねばいいのに

代わりに生活保護の学会員とネットウヨが氏ねばいいのに

代わりに生活保護の学会員とネットウヨが氏ねばいいのに

代わりに生活保護の学会員とネットウヨが氏ねばいいのに

代わりに生活保護の学会員とネットウヨが氏ねばいいのに

代わりに生活保護の学会員とネットウヨが氏ねばいいのに

182 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 16:07:47 ID:N0qfqRfq0
>本当に大丈夫かと医師に念押しした母親に、医師が「大げさだ」と
>言って取り合わなかったと認定。
それはいいんだが、診断するの母親かいな。母親が何もいわなかったら過失
にはならなかったということか?
誤診が避けられないものかどうだったかを問題にするべきじゃないの?

183 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 16:10:08 ID:0mweKZ3i0 <:101797362>?##
相当忙しかったんだろうな。親はその一億円で何買うんだろう。
1億円もらっても子供が使うんじゃなくて、親に渡るというのが
なんともやるせない。

184 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 16:10:47 ID:vmlaZI3W0
薮を取り締まるような法が無いに等しいからね〜。

結局、金の問題でしか解決の基準にならないんだよな。

185 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 16:11:02 ID:IfLRoglz0
ひでー医者だな。


186 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 16:11:17 ID:wwJZBIUW0
本当に大丈夫か?と親に念を押された時にドウ答えるのが正解?

大丈夫とは断定できません。
大丈夫と思います。
心配ですので他を当ってください。
相当危ないです、死にそうです。
分かりません。
そんなの私に聞いたって分かるわけないじゃないですか。
人生色々、病気も色々、運命も色々。
これくらいの症状なんて大したことじゃない。
大丈夫かどうか、国民に聞いてみたかったんです。
刺客を送るわけじゃないんです。
自己責任です。

187 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 16:11:28 ID:NRpiW7AE0
代わりに生活保護の学会員とネットウヨが氏ねばいいのに

代わりに生活保護の学会員とネットウヨが氏ねばいいのに

代わりに生活保護の学会員とネットウヨが氏ねばいいのに

代わりに生活保護の学会員とネットウヨが氏ねばいいのに

代わりに生活保護の学会員とネットウヨが氏ねばいいのに

代わりに生活保護の学会員とネットウヨが氏ねばいいのに

代わりに生活保護の学会員とネットウヨが氏ねばいいのに

代わりに生活保護の学会員とネットウヨが氏ねばいいのに

188 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 16:12:29 ID:0mweKZ3i0 <:135730728>?##
>>184
あるよ、馬鹿。
業務上過失傷害でしょ。

189 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 16:14:27 ID:vmlaZI3W0
>>188
まぁ、あってもその程度だわな。それも示談になるからほぼ意味が無い。 
で、事故後もそれを公表せずにのうのうと診察を続ける馬鹿医者
が後を絶たないわけだ。

190 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 16:16:13 ID:mIfVLlv30
小児科医のなりてがまたこれでゴソッと減ったね。




191 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 16:17:35 ID:VnjG37tu0
救急医療センターでの医者って
地域の開業医がボランティアで行くんだよね。
 公務員の医者は何をしてんの?


192 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 16:17:35 ID:0mweKZ3i0 <:271460148>?##
>>190
DQN親。
儲からない。
その上むちゃくちゃ急がしい。


193 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 16:18:28 ID:bI8VR9Ls0
>>112
そういう状況を改善するのが圧力団体である医者の団体、
医師会なんじゃないのかね。

診療報酬の話しか聞こえてこないし。


194 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 16:20:34 ID:N0qfqRfq0
まあ小児科専門医なのに急性口頭がい炎が念頭になかったのは落ち度かも知れない
なあ。小児科専門医でも時に見落として訴訟沙汰になる疾患のようだけど。

195 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 16:20:54 ID:r5tlnST40
自分も死に至る病気じゃないけど、誤診くらったことある。
2ヶ月位延々同じ薬を出されて、ぜんぜん良くならなので
最後は薬も飲むのを止めて、自分で別の大病院に行ったら
アッサリ本当の病名が判って速攻で治った。
診断結果にどうしても疑問があるなら、他の医者にかかったほうがいい。

196 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 16:21:07 ID:iGL1YAFC0
>>186
これだな。

>心配ですので他を当ってください。

自分の診断に責任を自信を持てないのなら
他所の病院を紹介するしかないわな。
そこで大丈夫、といってしまえばアウト。
うちの親のかかりつけの医者は皆そういってるよ。
そこが自己防衛できる医者とできない医者の質の差とみるが。


197 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 16:21:15 ID:rtWFQNMJ0
>>193

日本医師会はただの利権団体ですので、そういうことを期待しても無駄ザンス。

198 名前:>191 :2005/10/01(土) 16:31:51 ID:vz2tQT8G0
>公務員の医者は何をしてんの?

公務員医師は、あまりの薄給激務・地域住民のDQNぶりに対して平身低頭させる
雇用者(国・自治体)の姿勢に、憎しみを抱きながらほとんどが去りました。

今も、日本各地で公務員医師が続々と国公立病院を去っています。


199 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 16:33:46 ID:2pXwSSmo0
この手の訴訟があるから小児科医がいなくなるんだよなぁ
医療ミスもいかんが、訴訟リスクもなんとかならないのかな

200 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 16:38:20 ID:AdYP8E350
遊び気分で医師業務をしているような医者もいるな。
医業をなめてんだよ。

201 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 16:39:37 ID:eZJ4g87U0
小児科減少に弾みがつきますね。

202 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 16:39:53 ID:W/Fkg9We0
「おのど、どうしちゃったの?」
なんて言えている間は、まだまだ
呼吸困難も大したことないと思うンだが


それから、何時間放置してたんだ?>親

203 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 16:41:17 ID:J2VDVhkQ0
>>13 オマエがこの子の変わりになれば良かったのに

204 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 16:43:57 ID:7asBFM330
1以外読まずに書くけど、ソースが朝日ってだけで信用できない。
特に会話の部分。
医者が神様じゃないことくらいわかるし、医者ってだけで患者を
蔑ろにしても責められないできたから、医者を擁護するつもりもまったくないが、
医者をあからさまに悪くとれるよう書いてるこのソースは信用に値しない。

205 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 16:44:14 ID:W/Fkg9We0
これからの夜間救急対応のスタンダードは

「喉頭蓋炎の可能性が 絶 対 に な い 患者以外は、高次機関へ搬送」

でよろしいでしょうか? >ALL

206 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 16:45:05 ID:mXcr1RvO0
>205
いいんじゃない?

207 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 16:46:32 ID:eZJ4g87U0
>>205
診療拒否すると騒ぐバカがいるので、一応診療して
「例外なく高次機関へ搬送」
が正解。

208 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 16:46:52 ID:ZUiKiMfgO
運ガ悪カッタナ、諦メテ次ノ子供ヲ産メ

209 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 16:49:40 ID:hVSGoAt80
いきつけの小児科の先生は
かなり丁重に診断してくれて、いつも安心。
いい先生に巡り会ったと感謝している。
子供が小児科ではなく、一般の病院に行くようになったら
一度、お礼に伺おうと思っている。

210 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 16:54:04 ID:lfg4nbbQ0
でも…これって保険で賄われるんじゃないの?

211 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 16:55:06 ID:iGL1YAFC0
>>205
なんらかの危険性を指摘できる場合は
相手に判断させる、でいいとおもうよ。
「念のためこちらを紹介しておきますので」
とか
「この病院の設備では診断に限界がありますので他所の病院を・・・」
ぐらいはいえるように練習しておいたほうがいい。
いくかいかないかは親の判断に委ねる。
そこまでやっておかないと昨今の医者を擁護するのは難しい。

212 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 16:55:17 ID:mNM9Lkim0
急性こうとうがいえん。地雷だな。
おれは、絶対に小児は見ないことにしている。
小児科のDrでさえ、まれにしか経験しない
小児の疾患で、この判決。もうぜったい小児はみない。
かわいそうな家族なのはわかるが、これはDrが悪いんじゃなくて
国の制度の犠牲者だろ。小児医療を含め救急医療をここまで
サポートせずにおいこんだ・・・

213 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 16:57:48 ID:vQFDqXrf0
>>204
会話部分は裁判時に使用した訴状文に記載されてるんじゃない?
病院でどういうやり取りがあったが実証されたから、こういう判決が下りてるんだろうし。

214 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 17:02:34 ID:FTQcyioO0
親はつらいよな
普通に考えたら自分たちは子供よりも先に逝っちゃうわけだし…・゜・(ノД`)・゜・

215 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 17:03:46 ID:W3ZThukh0
医者は儲かるとか育てたバカ親がいけないのかねぇ

医者は過労で大変とか、何被害者ぶってるの?って感じ
自分で決めてなった職業じゃないから言えるのかな
いやなら辞めればいいじゃん、「ママが楽してお金儲かる職業って言ったから
医者になったのにーー」とか恨みながら両親に寄生してニートでもやってれば?
本人達もつぶしがきかなくて一流といわれるような企業に
今更入れないのはわかってるから文句言いながら続けてるんだろうけど

216 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 17:05:44 ID:LtIWlcJB0
これだから医師は目指したくない

リスクが高すぎる

217 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 17:10:26 ID:iGL1YAFC0
>>216
意味の無い心配はやめろw

218 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 17:11:32 ID:Fc1yYvKG0
この酷いやりとりがなければ親もここまでしなかっただろうと思われるがどうか。

219 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 17:12:49 ID:Ep7l3LBc0
小児科は割りに合わない。

みんな辞めてる

220 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 17:15:51 ID:W/Fkg9We0
障害の直接の原因は
適切な呼吸管理ができなかった
救急隊のせいじゃないのか?

221 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 17:17:39 ID:mIfVLlv30
医師に関する政治の根底に、医師性善説があるような気がする。
そういう前提条件を外して欲しいよな。

これからの医療現場は常に結論をあいまいにして、患者、保護者に最終判断をゆだねるという事だな。
病院を梯子するのも患者の自由。
で、いっそのこと有名病院はとんでもなく高い医療費が取れるように自由化したら?
そうしないと患者の集中は避け難いだろう。
何事もカネカネカネ、金次第だ。




222 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 17:18:40 ID:+ryJZgyS0
確かに過剰クレームをつける患者もいるんだろうけど、
患者に対して信じられない無神経な発言をする医者がいるのも事実だよね。
どこか痛かったり具合悪かったりして来てると言うのに。

私も、1時間待った末にろくろく話も聞いてもらえず
かなり覚悟のいる検査をいきなりされそうになって
「その前に問診をしてくれませんか」と言ったら
「検査が嫌ならすぐ帰れ、あんたの体の事だからこっちはそれでもいい」と
医者に言われて泣きながら帰った事がある。
さらにそのやりとりだけで診察料も払わされた。

223 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 17:21:24 ID:W3ZThukh0
割に合わないってのは何に対して割に合わないんだろ
「俺様の時間を使って診察してる対価にしちゃ
安すぎだろ」って事?それとも
「今まで一生懸命勉強してやっと医者になったのに
全然金にならない、お金返して!」って感じ?

子供の命を救った事に幸せを感じたり、子供の笑顔を見たら
幸せになれるって思う人間なら割に合わないなんて
思わないんだろうけど

しかし診療報酬安いのは可哀想だね、もう少し高くして
もいいと思う。子供の体を気にして無駄な検査や
無駄な注射や点滴、無駄な投薬で金稼げないから可哀想だね

224 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 17:21:32 ID:W/Fkg9We0
>222
あなたの話をきちんと聞いて、
検査の説明をしっかりしてくれているなら

あなたの待ち時間は1時間ではなく、
3時間になっていたはずである。

にもかかわらず、勧められた検査を
素人判断で拒否して帰った裳前がDQN

225 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 17:22:04 ID:h1MfVKWj0
>>220
救急隊に挿管はできないだろ、確か。

226 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 17:24:26 ID:Ep7l3LBc0
>>223

>子供の命を救った事に幸せを感じたり、子供の笑顔を見たら
>幸せになれるって思う人間なら割に合わないなんて
>思わないんだろうけど


そんなきれい事言ってる場合じゃない。
小児科医は、限界を超えてる。

227 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 17:25:25 ID:W/Fkg9We0
>223
何が割に合わないって、
一生懸命 丁寧さと、 待ち時間を
両にらみで診察しているのに

DQN様にごねられることほど
割りの会わないものは無い


>225
喉頭蓋炎に挿管できるならいいよな・・・

228 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 17:26:44 ID:ogk8fFtv0
>「お母さんまで神経質というか親子そっくりだね」

殺意が湧くな。

229 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 17:26:53 ID:h1MfVKWj0
>>223
他人に満足の価値観を押し付けるなって。
じゃあ、精神的な満足感があれば、君はギリギリ食べていけるだけの給料でも良い?
そうはならんでしょ。
お金がすべてじゃないけど、報酬としては一番わかりやすいものだし。
君自身が24時間常に呼び出される可能性があって、
間違いが許されない仕事をやるなら、
一体どれくらい報酬があればやろうと思う?

230 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 17:28:46 ID:mIfVLlv30
>224
正しいなww

たった一時間で前の患者ドモがさっさと処理されてゆくところで
自分も例外ではないと気がつくべきだったね。
さらに後につかえているであろう残りの患者がイライラして早く
判断してくれるのを待っているんだろうね。

本当に金次第だよ。これからの医療は。


231 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 17:29:06 ID:Zu/XOaocO
下手に助けたからだよ
金貰ってどうせまだ子供作るんだろ

232 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 17:29:19 ID:Ep7l3LBc0
カネの問題じゃない
精神的・肉体的に限界

なり手がいないから、ますます今いる医者に負担かかる。

233 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 17:31:55 ID:P8PTjPxZ0
心配なら別の医者にかかりゃ良かったのにな。と思ったら、4時間後か。
最初っから悪化するまで放置してたんじゃねーの?
でも、それだと悪化してることを見抜けなかった医者の責任もあるか。

234 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 17:32:11 ID:9/3bh8se0
>>228
漏れならバットで・・・

235 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 17:32:32 ID:+ryJZgyS0
>>224
いや…検査って説明してからするものじゃないの?
簡単じゃない検査ならなおさら。
診察室の椅子に座って「あの」と言うなり「検査室入って」と言われて
「その前に問診してもらえませんか?」というのはDQNなのか。

236 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 17:35:24 ID:P8PTjPxZ0
>>235
具体的な状況がわからないから、なんともいえないな。
つーか、結局検査しないでどうしたんだ?
別の医者に行ったのか?

237 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 17:38:56 ID:9/3bh8se0
診察してもらったとき
横向いてただ相槌だけ打ってて
一生懸命他の人のカルテ書いてるので
頭スパーンとスリッパで叩いてやったw



238 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 17:39:14 ID:Ujn7fp5OO
医者なんてその程度。
西洋医学もその程度。

239 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 17:41:17 ID:iEL2Ycf40
779 名前:名無しさん@自治スレでローカルルール申請考案中[] 投稿日:2005/10/01(土) 02:58:54 ID:XxYFZukg0
熊本方式の場合には、病院業務の一部としてやるのか、事業の管理者が誰なのか、医療過誤の
場合、医賠責が使えるのか、確認したり、契約書にまとめる必要があるよな。使い捨てにされるのは
嫌だね。

780 名前:名無しさん@自治スレでローカルルール申請考案中[] 投稿日:2005/10/01(土) 03:29:12 ID:LA5kaqWC0
>>779
医賠責の上限は1件1億までだから、賠償金+生涯介護費用負担で破産。
確認以前の問題で、君子危うきに近寄らず。だね。

781 名前:ドキュソルビシン[sage] 投稿日:2005/10/01(土) 03:47:25 ID:UHJDuvLq0
うーーん。本当に喉頭蓋炎を発症していたかどうかはわかりませんが、恐ろしいなりね〜。
こんなのあると小児は絶対診れないよぉ

それにつけても朝日新聞の記事のあざとさよ、特に「おのど、どうしたんだろう」

782 名前:名無しさん@自治スレでローカルルール申請考案中[sage] 投稿日:2005/10/01(土) 04:25:00 ID:Qf8msyAv0
>>781
飲水できたか、涎と涙目があったかどうかですね。

側面X-Pじゃ、中等度〜高度のは分かっても軽度は診断つかないし。
運良く気切せずに経鼻ファイバー下で超未用チューブが入ってしまった
高度喉頭蓋炎の回復過程をエコーで追ってみたことがありますが、
正直言って7.5MHzのプローブでも軽度の段階で診断は難しいと思います。
しかも、ちょっと回復するとリークしまくりで泥沼だったし。次からは絶対に気切。


240 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 17:43:44 ID:3dRz80O90
いまどきの子供が悪いんじゃなくて
いまどきの親が悪いんだよな。

感冒で発熱38.7度で6歳男児が運ばれてきた。
大げさに大丈夫ですか?の連呼。

そういう仕草になれっちゃたから
急性喉頭蓋炎気づかなかったのかもよ。

研修医でも気づく事が容易な病気なのに。

241 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 17:45:48 ID:iEL2Ycf40
783 名前:名無しさん@自治スレでローカルルール申請考案中[] 投稿日:2005/10/01(土) 07:12:49 ID:cQLJ8n250
これを見て、小児救急は一生やらないということを決心しました。
残ったみんな、がんばれよー
784 名前:名無しさん@自治スレでローカルルール申請考案中[sage] 投稿日:2005/10/01(土) 07:57:10 ID:oMmsfLA10
結論

小児科はさっさと撤退すべきだ

やむを得ない場合でも

慣れない場所で救急なんか診るもんじゃない
 (くたばれ 熊本方式!!)
793 名前:耳鼻科[] 投稿日:2005/10/01(土) 14:58:24 ID:7H/LWdFN0
>>791
このケースでは、急性喉頭蓋炎を予期できたかどうかが問題でしょう。
息苦しさを訴えたり、強い痛みを訴えれば、それを疑うだけの
十分な根拠となりえます。ですから、医師側の不利な判定がでたんでしょうね。

ただ、現実の医療センターの実情を見れば、軽い風邪の患者が山のように
来る中で、重症の患者を見逃さずに、かつスピーディに診察しろというのには
かなりの無理がありますね。

>>782
急性喉頭蓋炎の診断には、喉頭鏡かあるいはファイバーがもっとも
役立つかと思います。幼児の場合、喉頭鏡は無理かもしれませんが、
フレキシブルファイバーを使えば、慣れれば10秒以内で確認できる
ようになると思います。そのときの号泣で窒息したらどうするんだと
言われれば実も蓋もないのですが、診断を見逃して帰宅させてしまう
よりはよっぽどましでしょう。呼吸困難を伴っているケースでは、
Xーpをとるなり、より慎重にやればいいわけで。まあ、最初から
疑わなければどうしようもありませんが。

242 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 17:59:36 ID:f8bvXX5r0
Hibワクチンを導入していない国はごくわずかですので、日本に生まれたのが運が悪かった
・・・控訴審では国の責任も問題にしろ

243 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 18:00:38 ID:kajkF99G0
病院行っていつも思うんだけど、
なんでもっと問診表を充実させないんだろ?

あそこをもっと改善すれば患者も医者も
もうちょっと満足度が上がるような気がする。
単純かな?

もちろん患者の方も自分自身の症状をしっかり把握して
医師に伝える努力も必要になるわけだが。

244 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 18:02:37 ID:iEL2Ycf40
>>240
研修医と同じペースで診察できれば、そりゃ、簡単だと思いますが・・・。
1時間に5人がせいぜいですかね。

輝かしい未来を閉ざされたお子さんとそのご家族も、
ボランティア精神で夜間救急にあたった小児科医も、
どちらも不幸ですね。

つくづく自分のペースで診察できない恐ろしさを感じます。
小児科医の私の結論としては、間違いの無い自分のペースで仕事をする。
それができない状況には近づかない。ですね。

近いうちに、私も小児救急の現場から撤退です。

245 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 18:06:16 ID:SUXN5rA30
ヤブ医者に当たると怖いなぁ…

246 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 18:13:48 ID:AO19xU/o0
ヤブというか悪い医者って多いよな・・・
診察中常に、ボイスレコーダー所持してたくなるよマジで

247 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 18:22:43 ID:3dRz80O90
>>244
これからQOLが向上する科・・・
と思って働いてますよ。
でなきゃやってられんわ〜

でも小児救急だけは勘弁。ってのが漏れも本音。

たまに思う。
なんで小児科医になったんだろう。とw

早いうちに昇進するか海外に逃げるか・・・
ふたつにひとつだな。(笑

248 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 18:28:53 ID:lgX9PefM0
>>247
お前は既に死んでいる。ザマー見ろ。

249 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 18:40:15 ID:VteWLPWW0
急性喉頭蓋炎は医療訴訟になりやすい病気だが、20年のベテラン小児科医が診断で
きないんだから最高裁で敗訴になったら、こりゃ大変だぞ。


250 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 18:41:30 ID:t9cYsnNb0
蓋然性を読めない奴はニホンジンじゃないだろ

251 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 18:43:48 ID:4l9Chc4k0
こんな中で、まだ医者たたき。
これからは、ちゃんと袖の下渡さないとだめですよ。
命はお金で買う時代の到来です。
まあ、どうでもいいけどな。

252 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 18:44:48 ID:qFTnc5Kp0
許せないね。
1億なんて安すぎる。
この医者、今頃、高笑いだろうな。



253 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 18:46:30 ID:/Lm6dzISO
マット死は5000万だった


254 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 18:47:49 ID:OJvU9dOy0
横浜市職員は無能でも9時5時で確実に1000万円プレーヤーなのに

255 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 18:49:22 ID:GWlAsfOj0
なんで市の過失になるんだ。

256 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 18:50:59 ID:6mgxRWMW0
でも、医者ってある意味こわいお。
一回資格とっちゃえば、技術の進歩にのりおくれようが
何しようがそのまんま医者でそ。
高齢でお前のほうが医者にみてもらえ!みたいな先生が、
カルテ書く手をふるわせながら診察してたりするし。

患者からすると訴えることができるようになっただけいい時代になったとしか
いいようがない。つねに人の命がかかってることを忘れないでほしい。

257 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 18:53:00 ID:4l9Chc4k0
自分の命に見合ったお金払ってくださいね。みなさん。

258 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 18:53:09 ID:mhLtE5KG0
↑みたいなのが飲酒運転してたりする。

259 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 18:55:41 ID:ITdx0J2u0
いくらなんでも高すぎだな。


260 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 18:56:43 ID:bPZ+KB5G0
近いうちに医者が一名自らの手でこの世界を去ることになるのかな

261 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 19:05:11 ID:soUP+GcTO
子供が頭が良くて社会のためになるなら普通

子供が大して社会のためにならない仕事につきそうだったり仕事をしなそうなら高杉

家庭ごとの収入や職業を考慮して値段を出した方がいいと思う

262 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 19:23:05 ID:Fc1yYvKG0
まったく関係無いが、埼玉のとある病院なんだが・・・・
看護婦さん
入院患者の老人のお金を盗むのはやめて下さい><

263 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 19:24:13 ID:Sg8Zj7mR0
急性喉頭蓋炎ってのは初発症状は風邪とかわらんからなぁ
いきなり呼吸が止まる。起こる前に急性喉頭蓋炎を疑ってかかって
急性喉頭蓋炎疑いを全部入院させてたらなんぼベッドがあってもなんぼDr.がいても足りん。
起こった後ではすぐに救急車を呼んでも手遅れ。

まぁ、医者に厳しい判決が増えてきてるのはここのところずっとだから今更驚きもしないが
わざわざドキュメンタリ風に仕立ててお涙頂戴記事を書くあたりが朝日らしいな。

結論はガイシュツだが、まず小児科医になるな、小児急患はとるな、
夜間救急にかかる前に仕事休んででも昼間に診てもらいに行け、だな。

264 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 19:24:48 ID:j3mwR4XIO
まあ小児科・産科医にならなくて本当に良かったとしか言えんな…
しがないマイナー科医じゃが…
自分と家族を守るだけで精一杯じゃ。

265 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 19:36:16 ID:4l9Chc4k0
この裁判で鑑定書書いたのは誰。
それが問題だと思うんだが、また森さんかねえ。

266 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 19:39:27 ID:SaJRH6380
耳鼻科医が見逃したんなら、もちろん許されないけど、
小児科医が喉頭なんか診られるの?
鼻咽喉ファイバーなんて外来に無いだろうし、レントゲンもきれいに撮れればいいけど動いたらおしまいだし、
マッキントッシュかければ見えるだろうけど・・・
もちろんstridorがあれば、診なくちゃならないけど。

267 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 19:39:55 ID:ERGGCsT0o
本当にやりきれない事件だな・・・。

この医師は一生をかけて償えよ。自業自得だ。

268 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 19:43:18 ID:UktPCYxuO
>>262 もっと詳しく

269 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 19:47:09 ID:2BElMdD70
結局、医者って奴らは、人の命を助けるんじゃなく
自分の懐を暖かくするDQNしかいないんだな。

270 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 19:48:01 ID:zjLPeo4f0
>>1が見えんorz

271 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 19:48:48 ID:WlkhVsFQ0
>>266
それを見なきゃいけないのが小児科医のつらい所。

もう、子供が好きで24時間子供を助けるためにがんばる!
みたいな、スーパードクターでもない限り小児科医はやってられない。

小児科医の診療報酬アップと、医者が加入する医師保険が必要だよ。

272 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 19:50:16 ID:mON/7yN30
病院・医院を悪徳だと思う方、医療関係者たたきの皆様、

 い や な ら 受 診 や め よ う !
 か わ り は い く ら で も あ る !

人間の自然治癒力を知らんのか?
健康食品・サプリメントを知らんのか?

受診すれば、それが悪徳病院を儲けさせることになるぞ!
まして、救急車・入院・手術なんか論外!!悪徳病院がどれだけ儲かることになるか。
それこそ医療費の無駄無駄無駄アアアアアアアアアアア!!!!国の政策にも反するぜ。

 ぜ っ た い 受 診 は や め よ う !!

受診する人間がいなくなれば、病院もまた滅ぶのだ。

273 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 19:51:50 ID:WlkhVsFQ0
>>272
医療過誤で訴訟起こしまくればドンドン潰れるから気にするな。

274 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 19:52:05 ID:ZrTb0ZQX0
ま、判決は仕方ないとして今後ますます小児科の医師が減るのは必然となるだろうな。

275 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 19:54:22 ID:4l9Chc4k0
しかし、爺婆に対する医療費を維持するために、急性期、救急医療を
虐げてきた国の政策の犠牲者以外の何者でもない。
この子もこの医者も。
この子と同じか、それ以上にの開業小児科医に同情する。

276 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 19:55:23 ID:zjLPeo4f0
アンカーで見た。
どうせ市が税金で払うんだろ、この金。出してやりゃあイイじゃん。
専門的知識が欠けてたのか忙しくてボーっとしていたのか知らんが、市の救急センターで
当直医が誤診をして子供を障害者にしたんだから、まあお金で済むだけシアワセというもの。
本来なら四肢切断の刑だろ。

277 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 19:56:59 ID:mIfVLlv30
>273
医者が高い保険掛けまくりになって
医療費が先に上がるし、
病院は滅びないような予感。

底に受診をしに行く奴がいる限り
病院は無くならないよ。


278 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 19:57:03 ID:gnyfMlGd0
>医者が加入する医師保険が必要だよ。

え、これってないの?
俺の奥さん薬剤師だけど賠償保険あり
俺の愛人Ns、賠償保険あり
だよ。
医師用の賠償保険はないのか・・・?




279 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 19:58:45 ID:HJTu8sxq0
小児科だけ全て国営化するべき。


280 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 19:59:46 ID:tuf/bvv+0
四肢切断よりティムポ切断の方がツライ

281 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 19:59:49 ID:4orQulFC0
親としてはやりきれんな・・・・・・
4歳といえばカワイイ盛りだが、これから未来がある子だからな。。。

それが障害を負うと親も子もお先真っ暗じゃん。
割り切れるまでには相当な時間がかかるぞ・・・
表面上は2,3年かもしれんがね。。

282 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:02:57 ID:qDquBtf50
>>281
まあでもそれは基本的には
病気のせいであり医師のせいでないんだけどねw
医師は神にならないといけないのか??
どんな病気も確実になおす神に、
まあこの場合どんなミスがあったのかよくよんでないから分からんが
診療報酬を削り、激務に追い込み
かつどの患者に対しても結果を100%求めるなんて
ダブルスタンダードもいいとこっしょ
安さをとるか、質をとるか、どっちかにしないとさ、
いくらでも問題はでてきますから

283 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:03:54 ID:VKb1pGpc0
>>280
いくら何でもそれは無い。
快楽を得たいならドラg(ry

>>278
もちろんあるよ。
高額だが、場所(主に田舎)によっては病院が払ってくれる。



284 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:04:02 ID:fc4D4Fgs0
二億じゃ足りないよ

普通に真面目に働けば日本人は一生に三億かせぐと言われてるのに。

285 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:05:54 ID:Fc1yYvKG0
>>268
夜中に盗んでいる現場をお袋が目撃。
命を預けている身なので、何も言えなかったそうだ。何されるかわからんからね。
話を聞くと同室の人たちもかなりやられてるらしいが、なにぶん証拠も無い。
一人騒ぎ出したおじいさんがいたが、なにか薬を打たされて、まるでロボトミーでもされたように大人しくなったそうだ。昼間から意識朦朧状態www

286 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:09:51 ID:5x1qlhEz0
>>279
いや医者は皆国営化すべきだよ。
9時5時完全3交代制じゃないとな。
人の生死を預かる以上、奴隷として運用していい職業ではない。

歯科医と眼科医は別だけどな。


287 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:11:47 ID:VKb1pGpc0
>>282
それはそうだが、急性喉頭蓋炎を見逃すのはテラヤバスじゃねーかな。
見逃すと本当に死ぬから、研修医でも呼吸困難の鑑別に入れるよ。
若い、専門じゃない医者が当直ならまだしもこの医者は小児科医でしょ。
賠償の大きさは恐ろしいが。

288 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:13:42 ID:4l9Chc4k0
おまえ、急性高等外延救えるのか?
4歳の小児に季節して、あと、また
後遺症が残ったって訴えられ宇野がめに見えるのだが・・・

289 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:14:57 ID:+rs/YDdY0
>>4
大学病院行ってみ

290 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:16:51 ID:VKb1pGpc0
>>288
無理です
小児当直呼びますorz

291 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:17:18 ID:SRuLVGqBo
なんか論点間違ってる奴が一人混じってるなw

292 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:21:07 ID:rh3NSeBD0
疑問なんだけどさ、医師会が医療報酬減額に反対するのはある意味わかるんだ。
だけど、この激務状態をどうにかしようとは思わないのか?

同じ国に働きかける力を持ってるんだったら、
それこそ今回の小児科みたいに悲劇が起こらないように
満足な労働環境を確保させて治療のクオリティを上げられるように
動いた方が医者も患者も幸せなんじゃないのか?

293 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:22:28 ID:jk/JERAIO
医師がどんな捨てセリフをはいたかはこの判決には問題になってないだろ。
このケースでは「肩呼吸をしているほど呼吸不全のある患者を大丈夫と言って帰宅させた」のが問題なんだよ。

診断うんぬんの書き込みが多いが、病気を診て人を見ない医者になっちゃあいかんよ。

294 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:22:52 ID:5x1qlhEz0
俺のいった大学病院は恐ろしいほど親切だったけどな
「手際が悪くてどうもすいません」
「今日は混んでまして誠に申し訳ありません」
「もう少しですから申し訳ないですけどお待ちください」

医者から看護士から皆そんな感じ。
そこまで腰低くせんでも。。とおもうくらい。
医学生ぐらいか。いわなかったのは。
ま、初診で診察までに6時間近く待たされたけどね。


295 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:23:12 ID:U3LB0SHM0
医学部コンプ

国公立医学部に入る学力(知能)も無く、
私立医学部にねじ込んでもらう財力も無く、
医師への道を断念した人間の成れの果て。

医師を神格化し崇拝するタイプと、医師(特に人格)を
ひたすら卑下するタイプに分かれる。
前者は妄信的に医師を過大評価し擁護する。
後者はなにかにつけては非現実的な正義を振りかざし、
「医師の資格が無い」と叫ぶ。


296 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:26:23 ID:SPbjPzNj0
小児科医なんて、なっちゃいかんだろ
子供はワンワン泣くばっかりで、どこが痛いかも
全くわからねぇって。
死んだり後遺症が出れば、個人責任一生涯。

他の医者になったほうがいいって。

297 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:27:15 ID:EPDwFgsj0
>>294
初診で大学病院行くDQNハケーン!

298 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:31:10 ID:3dRz80O90
>>288
おいらはメンドイことになりそうとオモタら
必ず先輩をコールする。

あときちんと説明をする。
わからんからまた来てくれ。なり
耳鼻科への紹介状書いたり。

そうすればやるべきことはしたんだから
告訴まではないんじゃない。

今までそれで逃れてきた小児科医。

299 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:32:03 ID:WA7lsE290
小児科の労働者の人々はどうせ一生奴隷のような生活を強いられるぐらいだったら
馬鹿な政府と国民に分かりやすいよう皆海外に飛んだら?
出来損ないはあっちで没落してこい。

300 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:34:07 ID:dmN1Y5xg0
>>292
今だからこそ話さなくてはいけないかもしれない。
こういった不幸な事件を防ぐためにこそ、小児科医を取り巻く環境を考えるべきかも知れない

301 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:34:12 ID:ZrTb0ZQX0
>>296
その上看護婦は普通の2倍は必要となり
薬も治療も大人より少ないから点数が低い
夜間診療で飛込みが多いが2割り増しにしかならない上人が不足のため激務状態


こんなのになりたいという奴はマゾかよほどのお人よしといっていいだろう

302 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:35:59 ID:aP6TckKo0
実は早い段階で殺して、毎月の介護費用だけもらってると生活も潤うね

303 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:36:52 ID:dmN1Y5xg0
>>299
どうでもいいが、日本語がとても下手ですね。

304 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:37:18 ID:JxVpeePc0
深夜の緊急病棟で
事務のバイトやってたことあるんだけど、

実際夜間の小児科って神経質な親の受診てのが多くって
軽い風邪でも検査だなんだとギャーギャーわめく
(そういうのに限ってDQN親だったりすること多い。)
で、医師も前日の朝から夜中まで寝ずに働いて、ほとんど寝れないまま
次の朝も診察が入ってるなんて無茶なシフト組んでたりすることもある。

どっちの言い分もわかるんだよね。
自分の子供だったら心配になるの当たり前だし、
医師もうんざりしちゃうことだってあるだろう。

医者が足りないんだよね…
医者にはなりたくないって思った。なれねーけど。


305 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:37:31 ID:Coj6mwxp0
自分も猛烈な腹痛で救急センター行ったらろくな診断もされずに返されて
たまらずに翌日他の病院の救急センター行ったら即手術。
「死ぬとこでしたよ。」って言われた。orz

306 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:38:51 ID:45qfh0zf0
>>33
わろた

307 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:39:17 ID:+2YF/Sj10
で、この医師は運が悪いだけなの
考えられない過失なの。

308 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:41:05 ID:dmN1Y5xg0
>>302
もはや、文法からして、日本語の使い方が間違ってる。

ヤレヤレ

309 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:41:08 ID:jk/JERAIO
内科系は診断命の医者ホントに多い。

この間小児科からアッペのコンサルトを受けた。
アッペの可能性はあるが保存治療で症状が落ち着いているので様子をみましょうと言ってるのに、このバカ小児科医。他の外科医にも相談して挙句「なぜ手術をして確認しないんだ」とわめいていたらしい。

アホか?てめえの診断欲のために普通に歩いている子供を手術する訳にはいかんだろ?
人を診ないとはまさにこのこと。

310 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:43:01 ID:MY9U3wUn0
>>296
ついでに親の都合だか知らんが、
「すいてるから」という理由で時間外に救急で来るわ、
高い熱があるのに「保育園行けますよねっ!」とゴリ押しするわ、
保育園ムリだと言えば、託児所代わりにするつもりか「入院させてください」。
で、悪化すれば100%医者のせい。
やりきれんわ。

311 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:43:06 ID:c+E9/UPO0
障害児を生むなっていってるやつは
2chして引きこもってるお前をうんだ親を殺してね。

312 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:43:43 ID:vPd6oUcy0
>>311
もう殺した

313 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:44:50 ID:5x1qlhEz0
>>297
かかりつけの医者の紹介状を持っていきましたが何か?w


314 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:45:38 ID:Wlsh0xWw0
>>305
危ないとこだったね
病名は?

315 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:45:43 ID:3dRz80O90
>>309
アッペのオペはしたがるDrが多杉。
漏れは薬派。その旨を先輩Drに言うと・・・

あとから手術すればよかったなんていわれたらウザいし
点数高いし〜♪アッペぐらい馬鹿でもできるしさ。
避けてたら余程腕が悪いって思われるジャン。

だと。こいつの後釜にだけはぜってーならんと覚悟し
早2年。先輩Drの言い分も多少は理解できたな。

316 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:45:54 ID:yiQ4H3Wa0
>>304
医者の数が足りないというより、偏在してる印象があります。

同じ職種で、暇を持て余す人と、異常なほど忙しい人の落差が
あんなに大きいのは、どうなのかなと思ってしまう。

317 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:48:19 ID:35ieOYxT0
「最近世間では医者を訴えると金がたくさん獲れるんだなあ。」
「よし俺も訴えてみようか。」

医者ってのもハイリスクな仕事だね。

318 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:48:53 ID:3dRz80O90
>>317
DrはそこまでDQNじゃありませぬw

319 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:48:55 ID:RIjGPQBX0
不当な判決とは思わないが
じゃあ小児科がリスク高まったから
賃金上げようってシステムにならないのは
まずいような気がする。

320 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:49:13 ID:MdGZOsmS0
ほんとにバカな医者だな。
夜中に人手も足りない上に経過観察するベッドもないくせに
患者なんぞ診るからこんなことになるんだ。
自業自得だね。全然同情の余地なし。

321 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:51:11 ID:3dRz80O90
>>320
診たくなくてもね・・・診なきゃいけない時代なんで。

322 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:51:24 ID:aEtq35070
>>305
つ「後医は名医」
最初に受信した時点では診断がつかない状態だったのかもよ。
緊急性がなさそうな患者だったら対症療法のみで帰宅してもらうこともある。
ただ、「症状が酷くなるようだったらいつでも再受診して下さいね」とか
「症状が続くようだったら診察日に来て下さいね」の一言があるか否かで
印象が変わるのは確か。

323 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:55:40 ID:Sg8Zj7mR0
>>304
>医師も前日の朝から夜中まで寝ずに働いて、ほとんど寝れないまま
>次の朝も診察が入ってるなんて無茶なシフト組んでたりすることもある。
マジレスすると、日本全国の若い医師がこんなシフトを週に1〜3回入ってますよっと。
科や地域によっては40過ぎても50過ぎてもこんなシフト。

324 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:55:41 ID:VIUWHRhd0
咽喉が痛くて病院いったら、風邪だっていわれて薬貰って帰って少ししたら
胃潰瘍と食堂潰瘍で吐血して緊急入院させられた俺の経験からすると
医者はレベルの上下が激しすぎる

325 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:56:21 ID:nro3w0aw0
時間外の診療を受け付けないのが一番だね
泣いても喚いても入り口開けないのがいいってこった
8時に急に熱出て、深夜に救急車ってことは 
医者が悪いのもあるが、それ以上に病気自体でしょうがないんじゃね?

326 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:56:41 ID:iwyfMpcu0
>>52
なぜ圧縮w

327 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:57:16 ID:woHXsMh10
専門的に見てどの程度のミスなのか分からんが、
確かに小児科医は大変だと思う。
同時に子供を持つ身としては親の気持ちも分かる。
なんかやり切れないニュースだよな。

328 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:57:39 ID:SPbjPzNj0
学校の次は医者をターゲットにするか
病気を見ぬけなかった罰で、障害介護費負担か

4億円なんて、払えんよ
ばっくれて逃げるしかないのでは?

329 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:58:29 ID:DSygf0W00
死ねクソ医者。

330 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:58:37 ID:nro3w0aw0
>323
他も忙しいから当たり前っつうことはないだろ
全国的なシフトであれば問題はさらに深いってことで
全体的に改善していかなきゃ。
でも、こんなことだと医者になる人も減って悪循環

331 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 20:58:50 ID:PgUF1ujM0
>>319
診療報酬を一律引き下げて、
その減少分を儲からない診療科に補填すればいいだけの話。
儲からないから小児科を敬遠している医師がいるんだから、
彼らにリスクを応分に負担してもらえばいい話。

332 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:00:45 ID:PgUF1ujM0
>>328
かわいそうに思うならお前払え

333 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:00:49 ID:aVVkviRR0
>>304
その環境を改善しようとしない医師が悪い。

334 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:02:40 ID:7xtgBkgeo
まぁ、仕方ないな。

335 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:02:42 ID:Sg8Zj7mR0
>>331
>儲からないから小児科を敬遠している医師がいるんだから
儲からないから小児科を閉鎖する病院は全国各地にありますが
儲からないから小児科医を敬遠する医師というのは聞いたことがありませぬ
診療報酬が下がれば下がるほど、赤字診療科(小児科・救急)の閉鎖が進行するのは自明。

336 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:02:48 ID:Cx51kq090
治せなかったのは医者の責任だけど
病気になったのは本人の責任
と前レス読まずに書いてみる。

337 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:03:28 ID:yve6/d9y0
医者の名前は公開して、どこの病院にいるか検索できるようにした方が良いんじゃないの?
またこの医者にかかって誰か被害にあったらたまらんよ。

338 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:03:44 ID:SPbjPzNj0
生涯介護 まるで保険のCMだな

339 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:04:02 ID:5qgnXfGO0 <:284999459>?##
ひでえ医者

340 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:05:32 ID:Mku+TUlu0
医者ってそれだけ高度で責任が重いから金が貰えるんだろ。
大きなミスしたのに不問にしろはねぇやな。

341 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:06:08 ID:RIjGPQBX0
>>331
そんな微調整毎年やってるよ。
それでもやはり市場原理には追いつかない。
本当にそう思ってるなら市場主義にするのが一番早い。

342 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:07:08 ID:4l9Chc4k0
狼少年の話を思い出した。
この親は、周りのばかなDQN親たちに自分の子供を
殺されたことを知るべき。
この医者も最初から、こんた対応していたわけではないと
思う。ただ、あまりにもDQNな患者が多すぎる。

343 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:08:29 ID:4ChN7wUb0
医者にならなくて良かったよ。
割に合わないって。

344 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:08:47 ID:rtWFQNMJ0
>>292
>301の言う通り、子供は国の財産であるにもかかわらず、小児科医が
ことさら優遇されるわけでもない現状では,比較的楽な科に医師は逃
げて行くしかないだろう。自分の身がかわいいというのもあるが、それ
以上に、「このままでは自分も早晩誰かを犠牲にしてしまう」という
勘が働くのではないか。

かといって小児科医の待遇だけを国が補助金突っ込むかなんかして
医師の数を急いで増やしたりしたら、逆に粗製濫造に繋がるおそれも
ある。今だって、モラルや適性の審査をしてでも退いてほしい医師は
かなりいる。

産科や小児科の医師が減って緊急事態に陥っている地方が増えている。
そういうのをテレビなどで見ていれば、出産・子育てのモチベーション
はどんどん下がる。それで更に少子化が進み、経営の成り立たない
総合病院の小児科は続々廃止...

この少子化スパイラルとも呼ぶべき悪循環は、皇太子妃が産むからな
どという便乗出産くらいではどうにもならない。

345 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:08:51 ID:0wGNAPOo0
医者の誤診も問題ありだが裁判官の誤審も有罪にして欲しい。
特に性犯罪とか児童虐待とか少年犯罪とか自分の判決から再犯が生じた場合
重罪にして欲しい。

346 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:09:31 ID:U3LB0SHM0
>>333
来る患者を診ないわけにはいかないから、
改善しようと思えば人員を増やすしかないわけだが。
大抵はどこも医師不足でそれが出来ない状態では?
肝心の医師会がアノざまではねぇ・・・


347 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:12:09 ID:9vYH84Za0
どうせこういう低俗な医者だから金払わない口実見つけて逃げ回るだろ
一番考えられるのは自己破産を偽装することかな


348 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:12:21 ID:NBPePq7P0
市場原理じゃなくて点数で報酬を決めるやり方が
おかしいだけ。そりゃ何でもかんでも切りたがるわけだよ

349 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:12:40 ID:aVVkviRR0
>>346
体制のほうだよ。

おいら医者の世界はしらないけど、
普通の企業で無理な納期無理な作業量を押し付けられることあると、
下っ端が血反吐吐く羽目になるから、そういう体質改善がすこーしずつ進んでると思うよ。
まぁ、営業はそれでも無茶な納期・無茶な作業量・無茶な仕様をもってくるみたいだけど。

350 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:13:55 ID:oh7WI3TY0
もう地雷みたいなもんだな
医師も毎日ビクビクしながら仕事するんじゃ大変だ

351 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:14:25 ID:35ieOYxT0
なんかかつてないくらい医療関係者への世間の目が厳しいよね。
大変だな

352 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:16:03 ID:Sg8Zj7mR0
>>349
そういう体質・体制を作ってるのは官僚で、医者じゃないわけだからなー

353 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:16:39 ID:5x1qlhEz0
ネットでアフォ晒す女医とかが拍車かけるからなぁ・・・

354 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:17:38 ID:RIjGPQBX0
もう市場原理導入でいいやん

355 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:18:37 ID:+zbUgkjA0
混合診療を解禁にする。
@保険診療のみの場合は、医療過誤について訴訟できない。
A保険診療に医療過誤の保険料を加えた料金を払ったものは、医療過誤の分は、保険会社
から出される。保険料は保険会社が決める(宮内も喜ぶ)
これでどう?
奉仕のつもりでやって4億も賠償させられたらやっとれんだろ。
横浜の事件だって割り箸事件だって最初にかかった救急が信用できなければ
他の救急でみてもらえばいいのだから親の責任もあるぜ。
病気になるのも怪我をするのも自己責任だしね。

356 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:19:35 ID:rWg5rR9h0
これでは地域医療の協力体制も崩壊するだろうな

>医師は83年に医師免許を取得し、小児科クリニックを開業しているが、
>当日はセンターの協力医として診療を行った。

うちの市でもやってるけど、こういうことだともう開業医の協力は得られない
だろう。病院の小児科は激務で、なり手も少なく、今いる人もどんどん開業
していく。そのうち病院の小児科は医者がいなくなる。
残ったところには、遠方からでも多数の患者が押し寄せて対応できなくなり
医療過誤続発。小児科医療は機能停止になる。

じゃあ、この医師の行為は正当なものだったのか?といわれると、医者じゃ
ない俺にはわからんけど、一つ言えることは、今の10倍のコストをかけてで
も、小児科を再建しないと、将来に禍根を残すんじゃないかと。

357 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:20:03 ID:S1fy1J050
「おのど、どうしたんだろう」
切なすぎる、哀しすぎる言葉だ・・・・

358 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:20:10 ID:j3htGACd0
今育ってる医者もカスばっかりだよ
日本の医療の将来は絶望的
考えてみ?
こんな生温い世の中で両親に甘やかされ教師には腫れ物を触るような扱い
そんなカスどもがどうやって人を助けるんだっつーの


359 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:20:12 ID:oh7WI3TY0
裁判で執行猶予にした犯人が同一犯罪再犯したら
その裁判官が被害者の面倒一生見るシステムきぼん

360 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:20:58 ID:FE5998pK0
これが横浜市でなきゃ医者側に同情するんだけど・・・
横浜市大卒の医者で、こんな感じで取り合わない医者に何人か
会ったことあるんだよなあ
あれはどういう体質なんだろう。

361 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:21:44 ID:C8J6+UBx0
医者を変えなかった親のほうにも責任がある
親も賠償金を払うべきだ

362 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:21:45 ID:JxVpeePc0
>316

あー、そーなのかも。
俺のいたとこちっちゃい赤字病院だったもんなあ。
そういや病院の思想も赤かった。

>323

院長先生が50台でそういうシフト入ってました。
昼の診療終わったあとの長丁場の手術明けに夜勤とか。
若くないんだから死んじゃうって。

363 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:23:47 ID:U3LB0SHM0
>>349
>下っ端が血反吐吐く羽目になるから
病院ではこれが末端の医師に当たるわけだよ。
患者を減らす、つまり仕事を減らすのは無理だから、
病院としては人を増やすしかないが、医師不足が叫ばれる中
いったいどこからその人員をつれて来ればいいのか・・・

>>352の言うとおり、それを改善するのは医師ではなく国。
医師会がもっと国に改善を訴えていかなきゃいけないんだが。

364 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:25:35 ID:93aHtkjx0
まあ、とりあえず、内容的には納得だ。



365 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:25:41 ID:rWg5rR9h0
>>360
患者さんの言う事を全部そのままなんでもかんでも受け止めるのはプロ
じゃない。患者さんは嘘を言うこともあるし、間違ったことを信じることもあ
るし的外れなことを言うこともある。
問診はヒントにはなるけど、解答じゃない。
そのヒントから正しい診断を導くことができるのがプロ。

366 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:26:16 ID:Sg8Zj7mR0
>>363
>医師会がもっと国に改善を訴えていかなきゃいけないんだが。
現状では、医師会が何を言っても「抵抗勢力のたわごと」にされて終わりですけどね。

もはや為すすべなし。日本の医療が崩壊していくさまをなま暖かい目で見守っていきましょうや。

367 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:26:40 ID:ZGG8TSnW0
またDQN親かと思ったらDQN医者か。酷い話だ。

368 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:28:21 ID:JxVpeePc0
涼しげな顔でおなか痛いイターイ言ってる
仮病の子供とかもたまにいるんだよなー。
小児科って余計なノイズが多い。


369 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:29:37 ID:S1fy1J050
市と医者、この判決をしかと受け止め、くれぐれも控訴せぬよう。

370 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:30:35 ID:5x1qlhEz0
国より自治体に働きかけたほうがいい。
そのほうが理解されやすい。

371 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:31:43 ID:+nhbXUNw0
>>368
そんなのは、別に小児科に限った話じゃない。老人対象なら昔から掃いて捨てるような話だし。

372 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:32:16 ID:rWg5rR9h0
>>366
医師会は、自己負担増に関しては、受診抑制が起こり疾病の重篤化
が見込まれるとか、家計の負担が大きいとか言って反対してるけど、
実際は、受診抑制が起こると開業医の経営に打撃が大きいから反対
してるんじゃないかと思われる。
ほんとに患者を減らしたいのなら、受診抑制多いに結構となるはずだ
が、実際はそうじゃない。

医療資源の配分が歪で、開業医偏重の医療行政の結果が今日の惨状
を招いてるとも言えるのではないか?

373 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:32:17 ID:aVVkviRR0
>>352 >>363
だから医者がもっと上を突き上げなきゃいけないんだよ。
官僚だか医師会だかしらないけど。

目をつけられちゃうー。
なんていって保身に走ってばかりで現状に甘んじてるだけじゃ
なんの改善も望めないって。

374 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:33:44 ID:U3LB0SHM0
>>366
>>医師会がもっと国に改善を訴えていかなきゃいけないんだが。
>現状では、医師会が何を言っても「抵抗勢力のたわごと」にされて終わりですけどね。
確かにww

結局のところ
医師は増えず患者も減らないから、
「医療を受けられる患者」を減らす
弱者切捨ての方向に流れていくんだろうな。

375 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:35:36 ID:JoTBThFo0
>359
それいいね。ところでそういう事例で犯罪被害者がゆるい判決や早すぎる釈放をした
法務関係者を訴えた例ってあるの?

376 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:37:04 ID:fhTBLtWM0
市営の病院かよ。
どう考えても手抜き診察の医師が問題だろこれ。
税金がこんな形で流れるのは何だか許せないもんがある。

377 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:37:34 ID:7DXh4Qtc0
6年前・・・ってことは10歳になってるのかこの子。
判決までずいぶん時間がかかったね。

378 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:40:56 ID:Sg8Zj7mR0
>>372
医師会の主張は一貫して、国の負担を増やし家計の負担を減らそう、ということ。
軽症での受診抑制が起こると重症患者が増え、
結果的に医療費総額は増えるということは統計学的に証明されているわけだが、ご存じない?

>医療資源の配分が歪で、開業医偏重の医療行政の結果が今日の惨状
>を招いてるとも言えるのではないか?
医療資源の配分に経済誘導を行えるのは医師ではなく国。
つまり医療行政の失政によるものと思われ。

>>373
>だから医者がもっと上を突き上げなきゃいけないんだよ。
看護師の5分の1にしか票田にならない医師の言うことなんて、国が聞くわけがない
今後はオリックスの宮内の言う通り、米国型の医療になると思われ。
何十年か先には、盲腸の手術:1日入院で痛みが残るまま即退院させられて200万円とか。

379 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:41:32 ID:/bDsdSms0
昨日のアル中8千万に続いて、今日はのど風邪1億円か……
救急は着実に産科と同じ道を歩んでいるな。南無(- 人 -)


380 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:43:11 ID:4s8GymiG0
DQNな患者以上にDQNな医者が多いんだな。

2ちゃんねるを見てると、本当にそう思うよ・・・

381 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:45:05 ID:Sg8Zj7mR0
>>375
裁判官の法的判断や政治家の政治的判断は、
例えそれが明らかな誤りであったとしても、違法性はないそうですよ。

382 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:45:56 ID:Dc/NBYjW0
あ、ID:WydzHPgS0やろーめ、逃げたな!

383 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:46:10 ID:jk/JERAIO
開業医の尻拭いをする立場の当直医から言わせてもらえば、医療を点でしか考えてない開業医が多いね。
つまり経過観察って概念がない。病名つけたら薬処方して終わりって感じね。
診察した患者が容態悪くなっても大抵よそ行っちゃうからフィードバックかからないしね。

384 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:46:43 ID:gi9SaMu20
そのうち、そのDQNな医者もいなくなるよ。
貧乏人は、薬草とか呪術で治さなくちゃならない。

385 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:49:56 ID:l1fxmi2AO
小児科のベテラン医師でつか。
今まで何人の子供の命を救ったんだろう…。

386 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:49:59 ID:Sg8Zj7mR0
>>383
>診察した患者が容態悪くなっても大抵よそ行っちゃうからフィードバックかからないしね。
ここ、なんとか改善できるような制度化って、できないもんかなー。
”生涯学習w”を謳う医師会が音頭とってなんかやったりすりゃ、
個人情報保護法さえパスすれば、すぐ浸透すると思うんだけどなぁ

387 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:50:34 ID:U3LB0SHM0
>>384
そうなったら俺、呪術師に転職するよ。
見た目的には素で通るからwww

388 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:52:34 ID:FE5998pK0
>>365
いや、そういうレベルじゃなくて
高熱が出てるのに退院させられて転院した翌日に死亡とか、
交通事故でレントゲンもとらずに帰らせられて内臓破損してて後日死亡とか
新生児室でMRSA発生とかのレベルなんだけど。

まあ、医者も患者一人を一人の医者が見るわけじゃないから
横浜市大の医者だけが悪いわけじゃないけど横浜市大の医者が多い病院でさ・・・
自分はすげえ怖いから、ちょっと遠くの他の大学病院に行くようにしてるさ

389 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:55:47 ID:Sg8Zj7mR0
>>388
上2つは論外だが、MRSAなんざ今時そこらじゅうにいるわけだが…

390 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:56:23 ID:droL2arF0
大学病院は研究主体だからな〜。 ありふれた病気やケガは弱いんじゃない?

391 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:56:23 ID:uOaYS1BT0
>>376
普段から税金をしっかりかけていれば
こういう事故も減るんじゃないかな
いわゆるお役人が食うに困らないの最優先で
無駄なものを山盛り残して、必要なものを切ってる希ガス

392 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:57:38 ID:4l9Chc4k0
小児科崩壊。
救急崩壊。
残るのは爺婆診療のみ。
かなしい医療だな。日本は。

393 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:58:24 ID:NaMOJOWd0
この医者はカルパッチョ

394 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:58:38 ID:QqHPzu580
>>366
> 現状では、医師会が何を言っても「抵抗勢力のたわごと」にされて終わりですけどね。

JASRACをちょっとは見習えよと
利用者側には耳を貸さず、自らの権益拡大に取り組んでいる姿をみろよ

395 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 21:59:45 ID:aSksvbut0
糞ガキの夜間診療なんざ拒否しろよ。

396 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 22:01:05 ID:oh7WI3TY0
俺もこれから医者行くときはボイスレコーダー持っていこう
そしてとりあえず「本当に大丈夫なんでしょうか?」って言おうw



397 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 22:02:18 ID:QqHPzu580
>>378
> 医師会の主張は一貫して、国の負担を増やし家計の負担を減らそう、ということ。

国の負担を増やすのはいいが、財源はどう考えているの?


398 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 22:02:50 ID:JoTBThFo0
>381
裁判官や政治家も直接ではないにせよ人の命・生活を握っているのに、医者に比べてはるかに結果責任が軽いんですね。
もうこの国では救急も含めまじめに医者なんてするモンじゃないですな。

399 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 22:03:20 ID:rWg5rR9h0
>>378
>結果的に医療費総額は増えるということは統計学的に証明されているわけだが、ご存じない?
そう、医師会が主張してるのは知ってるけどね

>>388
能力がないわけじゃないと思うんだがなあ
おそらくなんか裏の事情があるんだろうな

400 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 22:06:14 ID:uBfM2HYvO
>>389
で、何?例え話にツッコミですか?w

401 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 22:08:00 ID:droL2arF0
>>398
まぁ電車の運転手もトラックの運転手も結果責任はまず問われるがな〜。
その程度の器ならそらやる職業ではないさ。 ホームレスとかがいいよ。

402 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 22:08:48 ID:Sg8Zj7mR0
>>397
>国の負担を増やすのはいいが、財源はどう考えているの?
公共事業としての医療分野への投資は、景気回復につながるそうですよ。
なら、財源をどこから持ってくればいいかは自明ですな。

>>399
ID:rWg5rR9h0は何が何でも「医者悪し」と結論付けたいみたいなんだなぁ

403 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 22:09:18 ID:knSsDmCn0
学力だけで医者になったらこうなる。


404 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 22:09:58 ID:woHXsMh10
まあ何にせよ両親は一生医師と自分を恨みながら生きていくんだろうな。
ほんとやり切れん。涙が出てくる。

405 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 22:10:43 ID:FE5998pK0
>>399
確かに有能さがあふれ出てる横浜市大卒の医者もいるよ
なんか体制がいくないんじゃないかと思うよね
>>400
例えじゃなくて事実なんだけど・・・

406 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 22:14:14 ID:2HBNriBW0
どうせ専門外の医師が診たんだろ?
でもこういう訴訟が起こるたびに小児科医の希望者がどんどん減っていくよな。

407 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 22:14:48 ID:c/OpK2W00
救急を一切やらない元救急医の俺は完璧な勝ち組。

小児救急なんぞやるから人生の破滅に至るんだよ。
馬鹿が損をするのは古今東西永遠の真理。馬鹿は死ななきゃ治らない。
小児救急は馬鹿が身ぐるみ剥がされながらやってればいいんだよ。
小児救急やる奴は死ね!

408 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 22:18:06 ID:NNYQi8p50
>407
落ち着け

409 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 22:18:59 ID:/bDsdSms0
>>406
本職。20年のベテランが地雷を踏んだ。
下1行は同意。

410 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 22:19:09 ID:48+CjZlUO
すごい言い分ですね。匿名の掲示板ならでは・・。


411 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 22:20:43 ID:dk2h+l6A0
医師の70%ヤブ残りの29%紐 1%普通。
 名医とよばれて、当たり前なんだよ。人の命を扱ってるなら。


412 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 22:24:33 ID:QqHPzu580
>>402
> なら、財源をどこから持ってくればいいかは自明ですな。

分からない。具体的に書いてくださいな。

413 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 22:31:27 ID:g87RagU70
確かに、小児科や救急みたいなところは人手不足が続いているからね・・・。
丸一日働きづめとか普通にあるからね。

まじめな医師が気の毒だ。

414 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 22:33:02 ID:cT7aWC+L0
>>412
その手の話は止めてくれ、頼むから。
体が動かなくなった時の針治療1回で1万も取られたら俺ら肉体労働系は仕事にならんし。
何より、保険屋がリスクがでかいとか言って保険料が3,4万になったらサラリーマンは全て生きていけんぞ。

ニートとか学生なら理解できなくても仕方ないが落ち着け。
一応、医師会の言ってることは正しいんだ、そんなの皆分かってる。
ヤブ医者がのさばる事に腹を立てるのみなんだ、一般人は。


415 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 22:34:15 ID:eDLxcNqH0
これは医者が悪いな。
まあ、一度の判断ミスで生死に関わる医者は大変だとは思うが、
賠償は妥当だろ。

416 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 22:39:34 ID:QqHPzu580
>>414
> 何より、保険屋がリスクがでかいとか言って保険料が3,4万になったら
> サラリーマンは全て生きていけんぞ。

だから、国の負担を増やすのは構わないよ
ただし、国だって無尽蔵にお金を出せる訳がない

1.税負担を重くする
2.他の分野から削る

基本的に政治の問題なんだけどね
医師会の政治力が弱い以上、どうしようもないけどね

417 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 22:39:55 ID:2LiqN2rS0
ムカつく話だ。。。糞が

418 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 22:43:41 ID:mON/7yN30

国民?「医療費高いニダ!謝罪と賠償を請求するニダ!」

医師「より効率化、労働を提供して行きたいと思います」

国民?「まだ、足りないニダ!」

医師「極めて遺憾です(現行システムでは、医療の質を今まで以上に、落とすしかないよっ)」とこのスレで国民に伝える  ←今ここ

医師:強い医師を選ぶ

本当の日本国民:国民皆保険がなくなり、医療費は今まで安すぎたことに気づくものの遅すぎた
工作員(BKS893など日本のトップエリート):医療費免除は変わらないまま
特定アジア:医師輸出でウマー。医療ミスも「愛国無罪」で済ませてウマー。

419 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 22:44:43 ID:jk/JERAIO
肩呼吸しているのに大丈夫と帰宅させた問題点はみなさんスルーですか?

420 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 22:44:56 ID:x7mp7gSp0
一生涯の間、介護費用を払えということだが、
その医師は当然男児より数十歳年齢が上だからな。
だから、いつまでも払ってもらえるわけではないわけで、
ずいぶんとアバウトな判決だなあ。

それとも、その男児の一生涯というのは
現在の障害の残り方から考えて、
そんなに長くないと思われているわけか?

421 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 22:45:31 ID:giOe4YrB0
もしも我が子が同じ扱いうけたなら・・・殺してやるかも

422 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 22:46:18 ID:mON/7yN30
がんばれ小児科の医者は死ぬ気でがんばれ(・∀・)
もっとがんばれがんばれがんばれ
とことんがんばれがんばれがんばれがんばれ
みんながんばれ!

>>402 >>412
つBKS893(日本のトップエリート)→ 充実した医療・社会保障でますます発展
つ一般日本人 → 抑制された医療・社会保障で、だんだんと緩慢な死を与えられる

423 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 22:46:28 ID:QqHPzu580
>>418
> 本当の日本国民:国民皆保険がなくなり、医療費は今まで安すぎたことに気づくものの遅すぎた

サプリメントに費やすお金を考えれば、国民は医療に金を払うのは惜しくないんじゃないかな
ただ医療が信頼されてないだけで、それだけのお話


424 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 22:49:52 ID:oTF5oJlZ0
地裁判決はトンデモ判決ばかり。

まあ当然だな、裁判長は「どーせ控訴されてオレっちの判決なんて無くなるんだしよ。
こーなったら世間的に物議かもし出してやるよ!」みたいな意識だから。


425 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 22:50:01 ID:mON/7yN30
医療を信頼しないのはかまわないので、
 だ っ た ら 受 診 し な い よ う に !
 か わ り は い く ら で も あ る !

人間の自然治癒力を知らんのか?
健康食品・サプリメントを知らんのか?

受診すれば、それが悪徳病院を儲けさせることになるぞ!
まして、救急車・入院・手術なんか論外!!悪徳病院がどれだけ儲かることになるか。
それこそ医療費の無駄無駄無駄アアアアアアアアアアア!!!!国の政策にも反するぜ。

 ぜ っ た い 受 診 は や め よ う !!

受診する人間がいなくなれば、病院もまた滅ぶのだ。

426 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 22:50:03 ID:TUUJAWeU0
肩呼吸も事実かどうかは判らない
親の言い分が正しいとは限らない

427 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 22:54:57 ID:i7jToegc0
>>426
新たな事実も示さなかった癖に尊大な態度ですね

428 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 22:57:18 ID:q4lj0RAY0
>>426
結果を見れば、その時点で深刻な病状であった事は容易に推定できる。
適切な処置が行われなかった事も、結果から推定できる。
しかも、新聞記事に出ている会話からも、
医師が患者に対する思いやりに欠ける態度であった事も読み取れる。

親の気持ちとして、率直に言って、これは気の毒と思う。

429 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 22:58:31 ID:cT7aWC+L0
>>423
しかし、野菜を取りたくないがビタミンは取りたいとか、運動したくないが痩せたいとかでの微妙なレベルで引っかかってる感じ。
それ以外は不安を潰すためにサプリ取ってるんだよね?
ガンになる可能性が減るかもというだけでポリフェノールが流行り、老化予防でコエンザイムQ10が流行り、目にいいかもと言うだけでブルーベリーが流行る。
でも、白内障とか定期検査は怠っていると本当はやばいはずの病気がそういう薬で金を失ってるのならこの国はヤバイと思う。

診るだけ+指導を受けるだけなのに「めんどくさい」「結果が出ても信用できない」みたいな話が俺らの周りで起こるのはどういうことだと。


430 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 22:58:48 ID:N0qfqRfq0
>結果を見れば、その時点で深刻な病状であった事は容易に推定できる。
小児科の専門医がわからなかったことがどうしてあなたに容易にわかるの?


431 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 22:59:46 ID:i7jToegc0
>>430
「お母さんまで神経質というか親子そっくりだね」

432 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:00:41 ID:c/OpK2W00
小児救急やってる報いと考えれば全て納得がいく。
嫌なら辞めろ推進委員会の言うことを無視して地雷原を突き進んだんだから当然の結果だ。
香田証生と100%同じ。自業自得。

433 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:00:59 ID:TUUJAWeU0
ほとんど全ての医療行為において
「結果から見れば簡単に判った」
ということは、なんの意味もない。

これを「後だしジャンケン」と呼ぶ

434 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:03:06 ID:eDLxcNqH0
>>433

残念ながら現状ではそれでも
お医者さんが全ての責任を負わねばなりません。
また、お医者さんもその覚悟で診療に当たっていてくださるはずです。

なんの意味も無いレスですね。

435 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:03:25 ID:i7jToegc0
聞く耳を持つ医者になれ

これは京都大医学研究科の米田教授の話だが、研修医時代には医師としての基本姿勢を口すっぱく言われたそうだ。宿直の際電話はコール3回以内で取ること。医局にいる時間が有れば患者の傍にいること、などです。
良い医師になる基本は人の話を聴く耳を持っているかどうかです。聴く耳を持っている医者は謙虚で、患者への優しさがあり使命感が有るということです。
 私は、それに加えて患者の話を聴く耳を持つだけではなく、医療のコ・スタッフの言うことにも聴く耳を持つことが良い医者の条件ではないかと思います。



( ´,_ゝ`)プッ

436 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:03:36 ID:q4lj0RAY0
>>430
それが分からなかったから、敗訴してるんだろ。

>>433
ま、世の中、結果で判断せざるを得ない事は多いし、
結果でしか判断されない事も多い。
その事に文句を言っても仕方あるまい。

437 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:03:58 ID:c/OpK2W00
後出しジャンケンで裁かれるのが分かって小児救急やる奴がすごいだけ。
普通は回避するよね。
自動車の故障だって診断つかないことなんていくらでもあるのに、人間だけ100%なんてあり得ない。
そんな仕事、普通の知能持ってればやらないよな。

438 名前:?独立行政法人の石 :2005/10/01(土) 23:04:01 ID:uJVKC5Hk0
あーああ…。
なんとまあ、酷い判決を下したものだねえ。

小児科、つぶれちゃうよ…。
信濃町の小児科も人集めに大変みたいだけど、最近の学生さんはよく勉強してるから
(昔の俺らみたいな純粋真っ直ぐ君と違ってwwww)ねえ。

439 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:04:25 ID:mON/7yN30
だから、医者を信頼している人とか、受診したい人だけが受診すればいいんだよ。

医者叩き、医療費削減、医者給料削減な人が受診するのはおかしいだろ。
それこそ病院の収入になって、無駄な医療費がかかるんだから。
行動と言動が矛盾しているよ。


今後、医療費を削減すれば、診きれないケースが増えるだろうね。

440 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:07:22 ID:mON/7yN30
>>429
病院で処方される薬 − まがりなりにも、臨床試験・人体実験を経て作られ、承認されている。
サプリメント − 臨床試験も人体実験もなし

おまけ。

19 :卵の名無しさん :04/01/02 19:31 ID:cDxch5yt

185cm90kgのラグビー部の先輩の言葉

「本当は小児科に行きたいんだが、他科に比べて明らかに待遇が悪いのと、
 やってる本人たちに待遇改善の機運が無いことに絶望した。
 あんな旧態依然とした組織でやっていく自信も気力も無いし、
 そんな組織に未来は無いと思う。だから眼科に決めたんだ」


20 :卵の名無しさん :04/01/03 02:19 ID:Bp1WgBW2
>>19
その先輩は正しい選択をしましたね。

それにしても「小児科へ行きたい」と思っている医学生を、
絶望させてしまうような日本の小児科の風潮は、
小児科医療の崩壊に手を貸しているという点でも犯罪だね。
反QOML医師は医療の崩壊を招いているという罪で、医師免許を返上すべきである。
それがせめてもの償いとなることでしょう。

441 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:08:11 ID:c4zMuQ8r0
どうせ払うのは医師の加入していた保険会社

442 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:08:52 ID:SPbjPzNj0
小児科の医者って、どの程度減ってきてるんだ?
統計あるの

443 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:08:53 ID:q4lj0RAY0
今や医療はサービス業の一つであると言う認識が必要だよ。

日本の、この業界は、もっと競争に曝される必要がありそうだね。

444 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:09:00 ID:N0qfqRfq0
>>436
裁判官も常に正しい判断を下すとは限らないことは昨今の靖国判決を見ても
あきらかだろ。

445 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:09:34 ID:iaFfU89s0
Bushの医療事故慰謝料上限法案は可決済みだったっけ?
アメリカのくそまねをしたいのならここまでまねしろよ・・・小泉

446 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:09:43 ID:TUUJAWeU0
ほんとに、自分のクリニックでの誤診なら
やむを得ないという感じだが・・・

協力させられてる休日診療でこれじゃねぇ・・・

もうだれもやらないヨ・・・

447 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:10:09 ID:i7jToegc0
というか小児科以前の問題なのに
わざわざ小児科を前面に出してる奴は何がしたいんだ?

448 名前:??AE?§?s?-?@?l?I`?I^ :2005/10/01(土) 23:10:19 ID:uJVKC5Hk0
ま、小児科も救急にさえ手を染めなければ、やりがいはまだまだあるだろうけどね。

SCIDのgene therapyやら、血液やら、神経やら…。
本当に信頼出来る相手とだけつきあいたいのは、こっちも同じだからねえ。

…っつても、苦しむ子供を見るとほっとけないんだろね。オマイラ児科医はさ…。
偉いよ。

で、この訴えられたセンセは、NICU直も兼任なんでつかね。

449 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:11:19 ID:vFKS8RvF0
この医者、被害者が早く死ねばいいとか思ってるんだろうな

450 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:11:50 ID:i9mhNnRA0
ここまで重い責任がついてまわる仕事しているのに
最近の小泉=保険金融業界の癒着で
さらに医者に責任だけを重くして報酬は下げろといわんばかりの風潮。
責任が重いのに報酬は下がるばかりの医師と
金を右から左に流すだけで儲かる金融業界と
どちらも選べる立場にある偏差値の人間が
この先どっちを選ぶかなんて自明。
報酬が高いからこそ優秀な人材が集まって「いた」という
事実に
とりかえしのつかない医療になった時点で
やっと国民は気がつくんでしょうかね。

なにせ足をひっぱるのが好きな国だからね。

このお子さんは大変にお気の毒。
しかし医者個人の責任にするというのには納得がいきません。

451 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:11:57 ID:Wgmy6SJG0
なにこのスレ

452 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:11:59 ID:TUUJAWeU0
Gの方が安上がりか・・・



453 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:12:49 ID:i7jToegc0
初診のとき、病室にやってきたウエイド先生は妻を1時間半ほどかけてみた。
これまでの先生なら10分程度だろうか。完全に部下の講師や助手任せにする医師さえいる。
聴診、触診はとても丁寧で、皮膚の状態なども目を皿のようにして、ためつすがめつす見る。
患者の言うことに興味深く耳を傾け、患者にゆっくりと話しかけ、常に患者のどこかしらをなぜている。
質問には背景知識までつけ加えてよく説明する。この完璧なベッドサイドマナー(患者に接する態度)には圧倒された。
「ただ者ではない」のは一目瞭然だった。

454 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:13:13 ID:iaFfU89s0
>>443
医療もサービス業云々に関しては、軍隊もサービス業というのがある
製造業以外をサービス業というわけで、別に滅私奉公をサービス業と
呼ぶのではない

455 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:14:59 ID:TUUJAWeU0
10分:1時間半

当然約10倍の支払を要求できるよね!

それができないのが問題なんじゃん



と、医者に言わせたい宮○の意を受けた判決か?

456 名前:??AE????s?-?@?l?I`?I^ :2005/10/01(土) 23:15:52 ID:uJVKC5Hk0
>>447

確かにご指摘のとおりですな。
うち(某外科)も、思うところは多々ありますが、ね。

>>450

俺としてはカネはどうでもいいが(大学から貰える禄なんざ、もう、諦めてまつからwwww)、
誇りを保っていたいね。良い意味の「プライド」。

大抵の臨床医は愚直で単純だから、プライドさえ保ってやれば、文句を言いながらも一生懸命
患者さんのために奉仕する。実際、してきた。
…最近、そしてこれからはしらんけど…。

457 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:16:38 ID:c/OpK2W00
>>453
10人の患者を診察するのに15時間かかりますね。

再診料730円の日本でやってくれたら俺が患者になりたいよ。

458 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:16:46 ID:SPbjPzNj0
この医者んとこには患者来なくなる?
そもそも医師免許剥奪になるのか?

そうなったら、どうする
誤診で4億円の損害賠償。
自殺して保険金で弁済するか
フィリピンで腎臓売ったりさせられるんだろうか

459 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:17:05 ID:L2/G6aAC0
>>446
やる気出ないなら義務化すればいい
断った場合は何らかのペナルティー

つかやる気ないなら医者やめろ、迷惑

460 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:17:08 ID:eDLxcNqH0
なんか擁護してる医療関係者が多いようだからお尋ねしますが
このこの病気の初期症状というものは
わかりやすいものなのでしょうか?それとも否なのでしょうか?

後者なら医者も大変なお仕事ですねって話ですが、
前者なら医者の怠慢だろ。

すまないが教えていただけませんか?。
まさか知らないで擁護してるわけじゃないですよね。

461 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:17:09 ID:6f/jCPVY0
横浜は、市長がホモのせいか女子どもに極端に冷たい。
子ども産んで育てて欲しくないんだろうな。

462 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:17:16 ID:jk/JERAIO
肩呼吸を過少評価する医者にベテランも糞もない。

463 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:17:41 ID:i7jToegc0
医療事故調査会が、これまでに起こった約400件の医療ミスを検証したところ、最も多かったのは「決めつけ診断」でした。
決めつけ診断とは、医師が患者さんの容態や検査結果を正確に把握しないまま、先入観から抜けきれずに、
「この病気だ」と決めつけてしまうことです(図2)。診断という医療の入り口の段階で間違いが生じると、誤った治療が繰り返されて、
必要な治療が行われないままに、回復が遅れたり、患者さんが亡くなったりしてしまう事態を引き起こしかねません。
そこで、このような危険を避けるために、「セカンドオピニオン」が大切になります。
ほかの医師の意見を聞くことで、客観的な判断を促したり、先入観を捨てられる可能性があるからです。
また、患者さんや家族にとっては、納得のいく診断を受けたり、治療の選択肢が広がるというメリットもあります。


最も多かったのは「決めつけ診断」でした。
最も多かったのは「決めつけ診断」でした。
最も多かったのは「決めつけ診断」でした。
最も多かったのは「決めつけ診断」でした。
最も多かったのは「決めつけ診断」でした。


464 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:18:27 ID:cT7aWC+L0
>>439
お互い他人だからな。
「仕事だから直せ」といきなり壊れた車を押し付けられても修理屋は拒否できるが医者は拒否は出来ないのがまあ哀れだ。
しかも「さあ、直せ、すう直せ」と言われるのはちょっとな。

とは言え、子供は何が起こるかわからない+少子化で子供の価値があまりにも高くなった現代は仕方ない部分もあるんだろうな。
俺のおばちゃんは4歳の時に日本脳炎で死んだそうだが、風邪だと思われたらしいからな。
でも、婆ちゃんも医師もお互い「ごめんなさい」で終わらせたそうだけど。
そういう時代では無いんだろうなあ。悲しいわ。

465 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:18:47 ID:q4lj0RAY0
>>450
残念だったね、もっと華やかな「サクセス」を夢見ていたのにね。
でも、痴呆大医学部卒の君には、今程度が分相応なんだよ。

ま、心配してないよ。君の代わりなら幾らもいるし、
痴呆公務員程度の給与でも雇用が安定していれば、
医者のなり手は幾らもあるさ。

466 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:19:26 ID:mON/7yN30
小児科ですらこれか。
もう他科の医者は、ぜったいに小児の救急には手を出せんな。

いままでも
「心筋炎割り箸心筋炎割り箸心筋炎割り箸心筋炎割り箸心筋炎割り箸・・・・」
があったというのに。


>>453
日本では、
「次の患者さんが待ち時間が長いと怒っています」 だ。

日本は外国に比べて医療費が少ない。
日本の病院職員は外国に比べて少ない。

それでも、WHO(世界保健機関)が世界一という日本の医療。
World Health Report 2000: Press Release

World Health Organization Assesses the World's Health Systems

http://faculty.washington.edu/ely/Report2000.html
http://www.who.int/whr2001/2001/archives/2000/en/press_release.htm

日本語の参考はこちら
http://www.docbj.com/kkr/kako/002.htm
http://ml.mie.med.or.jp/iryou/iryou.html

467 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:19:30 ID:N0qfqRfq0
>>463
裁判官の誤判にも同じことがあてはまるだろうな。
決めつけ判決。

468 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:20:19 ID:rtWFQNMJ0
>>420
いや、払うのは多分横浜市じゃない? 人選をしたのは自治体側だろうから。
市が消滅しない限り十分に支払えるよ。

469 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:20:24 ID:c/OpK2W00
>>460
低レベルな誤診はいくら医者板でも袋叩きだよ。
俺は内科医だからわからんがな。
でも、生涯子供は診ない決意が強くなったな。
それと、休日当番やらないですむように医師会に入ってません。
医師会と小児救急に無関係な俺は勝ち組だな。

470 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:21:51 ID:i9mhNnRA0
あなたはお医者さんですか?>459

でないならば
あなたに医者になることをすすめます。
別に医者になるのにお金はいりませんし。
国立なら学費安いですよ。
医者という資格を得るために年齢制限もありませんから。
今からでもどうぞ。

471 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:22:07 ID:3FVRPksB0
あともう少し遅れたら 安く済んだのに。
不運な医者。幸運なロト当たった家族。

472 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:22:55 ID:wQt+zmxP0
日本の医者なんて受験の時に偏差値が高いからってだけで医学部に進んだ
ろくに自分の人生や人の命の重大さを考えたことの無い奴ばっかりだからな。
こんなん日常茶飯事ですよ。

473 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:23:04 ID:SPbjPzNj0
夜間救急の担当中に専門外の小児科の患者が
跳びこんできたら どうしてるんだ?
以前眼科しかいなかったとかニュースになってたが

474 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:23:29 ID:q4lj0RAY0
>>465
そうそう、どうも医者の一部は妙な「うぬぼれ」を持っているようだね
所謂「生殺与奪の権利」を握っているかのようなね。
性質の悪い自負は捨てないと、身を滅ぼす事になるよ。

それから、世の中で「責任ある」仕事をしているのは、
必ずしも医者だけではないと言う事も忘れないようにしようね。

475 名前:??AE????s?-?@?l?I`?I^ :2005/10/01(土) 23:24:25 ID:uJVKC5Hk0
>>460

俺は外科医で、小児科は専門外。本格派の救急は某結構有名3次施設で奉仕活動してたとき以来、とんと
ご無沙汰。

さて、喉頭蓋炎。教科書的には吸気の困難、ってなことだったような。俺が勤めた三次施設では
ボスミン、ステロイドの吸入だったような。

>このこの病気の初期症状というものは
>わかりやすいものなのでしょうか?それとも否なのでしょうか?

sensitivityとspecificityが…と説明するとわけわかめ、になるので凄く大ざっぱにお答えすると、だ、

「わかりやすい」初期症状が、初診時に存在していなかったら、まあ、まずは診断から除外されるだろうね。

申し訳ないが、端からおたくさんの指摘は間違ってる。

しかし、それを啓蒙できてこなかった医療者側もいけないんだろうな…。マスゴミはそういうの
放送して欲しいね。期待しても無駄だろうけどさ。



476 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:26:35 ID:mON/7yN30
>>459
>>469 同意。
だから、やめてますよ。小児を診るのをやめてる医者がふえてます。が何か?
それとも「いやならやめろ委員会」の者ですか?だったらいいけど。

追加・参考

事故や過誤はまったく存在しなかったと考えられる事例の約半数で賠償金が支払われている一方で,
過誤が明白と思われる事例の約半数でまったく賠償金が支払われていなかったのである。
それだけではなく,賠償金額の多寡は医療過誤の有無などとは相関せず,
患者の障害の重篤度だけに相関したのだった(ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディスン

335巻1963頁,1996年)。

医療事故訴訟の勝ち負けは,過誤の事実とはまったく関係のないところで決まっている.
だから,過誤訴訟の結果は,
医療「過誤」を防止する努力や医療の質の向上をめざす努力を奨励することに
つながらない。

http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2002dir/n2489dir/n2489_05.htm
http://square.umin.ac.jp/~massie-tmd/suit.html

477 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:26:42 ID:eDLxcNqH0
>>469 >>475

ありがとうございます。
お仕事頑張ってください。

478 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:27:11 ID:4w3P0tzm0
まあ双方共に運が悪かったわけだな
交通事故みたいなもんだ

479 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:28:58 ID:c/OpK2W00
>>474
おれは自分のうぬぼれに気がついた。
だから、救急は辞めた。
今はうぬぼれている医者を矯正するべく「いやなら辞めろ委員会」の活動に精を出してます。
夢は医療事故ゼロです。そのために小児科医ゼロ、産科医ゼロ、救急医ゼロを目指してます。

480 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:31:16 ID:mON/7yN30
医者になるには時間とお金と体力が必要。
そこそこ難関なのでがんばってもなれるとは限らない。
なれたとしても今思い描いていることが叶うとも限らない。

【時間】
大学入試の準備に1、2年として卒業するのに6年、初期研修に2年。
つまりペーペーのヒラの医者になるまでに10年くらいはかかる。
その間の生活費を確保する必要がある。
低学年のうちはバイトもできるけど5年や6年になったら無理。
更にそれだけ時間をかけてもモノにならなければ10年が丸損になる。
一度志したからには後戻りは相当の犠牲を払うことになる。

【お金】
授業料の他に教科書代が必要。一冊一万円前後が目安。
国家試験の対策に問題集や参考書も必要だし模試だって安くない。
部活に入れば大会や合宿や宴会で更にお金がいる。

【体力】
卒業前の実習や初期研修はかなりハード。
今の年齢に10を足して耐えられるかどうかよく考えるべき。


481 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:31:20 ID:vFKS8RvF0
日本もアメリカみたいに誤診裁判用の保険とかないと、医者をやれない時代になるね。

482 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:32:45 ID:q4lj0RAY0
>>479
そうですか。大変結構な事だと思います。

483 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:32:50 ID:cT7aWC+L0
>>478
後味最悪だがな。

でも、俺も医者の世話にはなってるから医師を出てこないよ。
姪とかも世話になってるし(小児科)。
でも、責めるのなら運だし、環境だし、仕事だろうね。

悪い判例が最悪の結果を招いているだけに過ぎないと判断してる。

484 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:32:50 ID:xzL3gTegO
石会=啖壺
時々、蓋開けて飯にかけて食うやつがいる

485 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:33:07 ID:i7jToegc0
しっかし小児科の点数は他のより高くすることはできんもんかねぇ・・・(やりすぎるとダメだが
少子化少子化言ってる割にはたいした事やってないんだよな



俺のイメージだと小児科病院って儲かってるイメージ(俺の田舎ではそれなりでかい小児科病院がある、しかも医院長はとうとう市長までなっちまった
があったんだが。外見るとひどいもんだね・・・・

486 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:33:20 ID:N0qfqRfq0
患者対応がまずかったな。
絶対大丈夫なんてことは絶対に言えないだろう。特に初診の患者なんて何が
あるかわからないんだから。
あえて厳しい言い方をすれば、その辺の基本ができてなかったんじゃない。

487 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:33:31 ID:mON/7yN30
>>479
その部分の医療費ゼロもめざしているんですよね。

「医療費削減」の主張が実現しているな。医療費削減派はぜひ喜ぶべき。
医療をもっと貧弱にする医療費削減マンセー!!!!

医療費削減の結果、医者が減っていることをわかってんのか?
むしろ小児科、産婦人科、救急や 僻地医療の医師が不足し、そこから医療がなくなるということは、

 医 療 費 が 減 っ て、
 医 療 事 故 が ゼ ロ になってよかったじゃないか!

医者が増えれば、医療を充実させれば医療費が上がるのは当然なんだが。
医療費削減の究極形態を実現!おめでとう!

488 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:33:49 ID:ygIkHifb0
小児救急産婦になるるか、
さもなければ医者になるなといわれたら、
即決で医者になるの辞める。

これ、医学生の従兄弟がいってたよ・・・。
昨今の医学生は、本当に良く「勉強」してる。
同じ資格ならリスクの少ないところで働くのは当然。
責める気にはなれなかった。

489 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:35:20 ID:WIJ/Msh40
はたらかなくても食える。
またプロ市民の誕生です。

490 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:35:55 ID:rtWFQNMJ0
>>479
行き着く先は出生率ゼロだね。
それもまた、種の末路としてありえるか。

491 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:36:34 ID:vFKS8RvF0
>>481
自分で書いといてアレだけど、
こういう保険があれば、リピーター医師は保険料が高くなって
医師を続けられなくなるね。


492 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:37:10 ID:i7jToegc0
まぁいいじゃないか
日本の人口は下がるんだから
医者にかかる奴も時期に下がるさ

493 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:38:00 ID:c/OpK2W00
研修義務化がちょうどいい「社会科実習」になっているね。
「はたらくおじさん」のなかには悲惨としか言いようがないのがいるのを
直に観察できるからね。

494 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:38:08 ID:7gPk1MOH0
医師や関係者が私費で弁償するのはいっこうに構わないが、横浜市が税金を使って面倒見るのは納得いかん

495 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:39:28 ID:N0qfqRfq0
>>494
警察官などの過失は個人じゃなく県が税金使って払うだろ。

496 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:40:04 ID:S1P6JxGv0
えーと、家族と子供もとてもカワイソスで、医師も最悪で一生介護費を払えという
決定も十分に納得がいきますが。
市がそれを負担する必要は無いと思うのですけど。

497 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:40:10 ID:eDLxcNqH0
まあ、大多数のお医者さんが真面目に
診療に励んでいるとしてもそれが全員じゃないだろうからな。
単にこの医者がいい加減なだけだったかもしれん。

むしろ、そっちの方が気分的には納得がいって楽だな。
真面目な医者だったら気の毒だからな。

498 名前:??AE????s?-?@?l?I`?I^ :2005/10/01(土) 23:40:10 ID:uJVKC5Hk0
当施設の先の会議で出た話題。

近年、やたらと「説明と同意書」の枚数が増えている。オペやろうとすると、
・手術同意書
・全身麻酔同意書
・硬膜外麻酔同意書
・輸血同意書
・血液製剤使用同意書(フィブリン糊つかうだけでも取らなきゃいけなくなったww)
・中心静脈カテーテル挿入同意書(気胸になるからだとさ。どうせ開胸するのにwww拒否されたら
PAカテ無しでオペしろってか?)
・弾性ストッキング使用同意書(ストッキングで蒸れてかぶれて、訴えた人がいるからだってさ。まあ、
肺梗塞で死にそうになるのに比べれば…と思うんだけどね)

そのうち、ドンドンと書類が増えて行き着くところまで行ってしまったら、
最後は結局、大昔みたいに「今回の手術に関わる治療行為について、一切の意義・不服を申し立てません」
っていう同意書になっちゃうんじゃないかなあwwww



499 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:40:35 ID:92tQGtpI0
>>489
そういう発想って最近多いね
すさんでるよ

500 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:40:42 ID:OR9MRSlA0
んで、業務上過失致傷でこの医者はパクられんの?

501 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:41:08 ID:Ag+seq9j0
どんな名医でも誤診はあるんだろ?
これじゃ、診療なんてやってらんないだろうな

502 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:42:04 ID:i7jToegc0
>>501
母親が再三聞いてなかったらそれでよかったかもしれんがね

503 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:42:10 ID:SPbjPzNj0

この医者んとこには患者来なくなる?
そもそも医師免許剥奪になるのか?

504 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:42:54 ID:Uvf6S02+0
市はどんな責任が??

505 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:43:27 ID:cT7aWC+L0
>>498
なんかこの話を思い出した。
エイズか何かの話で始めて見た奴;。

ttp://pastlog.fc2web.com/dqnfemale/886all.html

マジですか?
と言っても専門外だろうけど一応聞いてみたい。

506 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:43:44 ID:/bDsdSms0
>>498
 思うんだが、それ全部に一々医師が説明して取るの無駄じゃない?
 事務に一括して任せることはできないの?

507 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:43:58 ID:cu5uU/Z40
>>496
管理者責任があるから

508 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:44:42 ID:woHXsMh10
被害者は当然気の毒だと思うけど、医師にもちょっと同情するなあ・・・

509 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:44:53 ID:q4lj0RAY0
>>501
どんな名医でも「誤診をした結果」このような事態を招いてしまえば、
当然、このような結論になっても仕方が無いのではないか?

何か別の結論が存在し得るのかい?

510 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:45:40 ID:2m0viPpK0
育児してるヤシらは都会に住んだらいけないね。
人手が足りないから過労な石ばっかでもし夜間に子供の風邪が
悪化したとしてもまともに見てもらえないんだもんな。
田舎でよかった。ほんとによかった。

511 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:45:50 ID:c/OpK2W00
この医者に命を救われた患児だって沢山いるだろうに。
可哀想だね。
でも、この医者が首吊って死ぬのが一番面白いだろうね。


512 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:46:01 ID:N0qfqRfq0
>>504
市の施設内での過失だから市に責任があるんだよ、本来は医師個人では
なく市に賠償を求めるのが筋。もしこれが看護婦の過失であれば
看護婦には賠償は請求されないはず。支払い能力もないだろうしな。

513 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:46:05 ID:/bDsdSms0
>>503
たぶん病院たたむことになるでしょ。
ここで名前出てこなくたって地元の人間は知ってるだろうし。


514 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:46:08 ID:S1P6JxGv0
>>507
とは言っても明らかにこれは医師個人の過失じゃない?
市は医師の人格を判断は出来ないし。

515 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:47:09 ID:Eul3hH9T0
某大学の著名な外科教授の誤診率 30%って聞いたけど

516 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:47:36 ID:mZWa80Eg0
普通に話せてたのに
一夜にして
言語障害=精神障害者っぽい

そして精神障害者は死ねということになる
カワイソス

517 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:49:07 ID:i7jToegc0
>>501
どんな名警察官でも誤判断はあるから〜
どんな名政治家でも誤判断はあるから〜
どんな名教師でも誤判断はあるから〜




よし愛国無罪だ

518 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:49:28 ID:dk2h+l6A0
まあ行政が絡んだ場合99%行政が賠償責任を負うよ。
おれが知っているかぎりでは

519 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:50:42 ID:EHTiaOwF0
ぐああ
おのどどうしたんだろう?と言っていた
可愛い盛りの4歳児が

>四肢にまひが残り、言語表現が
>できなくなり、排泄や寝返りにも介助が必要になった。

これじゃ両親も堪らんだろうな
この医師、一生奴隷の様に働いても償いきれない事やったってこと
自覚してるのか?

520 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:50:44 ID:N0qfqRfq0
>>509
>どんな名医でも「誤診をした結果」このような事態を招いてしまえば、
>当然、このような結論になっても仕方が無いのではないか?
誤解されることが多いようだが、過失によらない誤診であれば責任はない。


521 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:50:52 ID:nro3w0aw0
>489
でも、この現状だと仕方ないと思うよ<同意書ばっか
家族が輸血しなければ死ぬという状態で運ばれて、
同意とらないで輸血しました申し訳ない と誤られた事があったが
宗教絡みで輸血して文句言われる時もあるし、
輸血しないで死なれても文句あるだろうし
どーせっちゅうねん!!!という心情なのでは。
同意書書ける状態の時は書いてやればよろし。

522 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:50:57 ID:jk/JERAIO
>460
初期症状で診断が確定できる病気のほうが圧倒的に少ない。風邪は万病の元って言うじゃない。
しかし病気の経過中危険な兆候というのはある。
それを見落とさないのが大事。
喉頭蓋炎だって突然窒息する訳じゃあない(そうですよね>小児科医)
兆候として気道狭窄によるクループ症状や努力呼吸がある。
それを見落としちゃったって事。

523 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:52:36 ID:eDLxcNqH0
>>522

ありがとうございます。

524 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:53:24 ID:woHXsMh10
>急性喉頭蓋炎
って結構レアなの? 急性咽頭炎ならなったことあるけど。

525 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:53:34 ID:po0Wd6mL0
医者が居なくなればこんな事件も無くなる。
自分の身体は自分で子供の身体は親が責任持てと言う事。

526 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:53:46 ID:yKSQBVCX0
誤診っつーても過剰に見立てて単にいくらか金が余分にかかりましたならまだ良いんだろうが
平気平気っつーといて重い障害にまでなったらこれぐらい責任取ってくれとは思うやな

527 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:55:19 ID:nro3w0aw0
>511
面白いか面白く無いかで死ねと言ってるような奴が
命について語るなよ

528 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:55:43 ID:i7jToegc0
>>525
そうだね
政治家がいなくなれば汚職もなくなるし
警官がいなくなれば警官の不祥事もなくなるし
教師がいなくなれば(ryo

529 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:56:10 ID:xVFjE0YS0
>>489
おかしいよ。
こどもを、もうけてから、かきこもうね。

530 名前:??AE????s?-?@?l?I`?I^ :2005/10/01(土) 23:56:27 ID:uJVKC5Hk0
>>505

ああ、読んできたよ。つーか、今更何いってるの?
 俺が今いる施設は、オペ前は一応同意とって全員検査だよ。俺らも移りたくないモノ。内科でも
内視鏡検査とかカテーテルの前にはやるねえ。
3世代前のセンセーは梅毒(「静かなる決闘」みてみ)、一世代前の先輩センセー達はHCVに
かかってたものねえ。それを見てきてるから、ま、当然、防衛しますよ。
 うちの科は、比較的中高年以降が多いから、陽性率は極めて低いけど、若者の割合の多い某科
の奴に聞いた話では驚くべ(ry

>>506
 事務は責任とりたくないから、やらないよ。そんなの。事務は定年まで勤めれば恩給、の公務員さまだし。


531 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:56:32 ID:EHTiaOwF0
>>526
いや医師だって人間だから誤診はあるだろうが
この医師の場合は医者として以前に人間的に
問題があったとしか思えないね

>母親は「肩で息をしているのに平気なんですか」と尋ねたが、
>医師は「4歳ぐらいでのどが苦しいなんて言うかな」
>「お母さんまで神経質というか親子そっくりだね」などと
>取り合わなかった。

普通こんなこと言うか?

532 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:57:56 ID:zsX3gssSO
医者大変だな今後…。
せっかく開業医してんのにこんな結果じゃ患者も離れるだろうし。
死ぬしかないんじゃね?

533 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/01(土) 23:59:47 ID:RWzXzVai0
>>498
CV(+Swan-Ganz)の同意書とか、弾性ストッキングの同意書って・・・。
それが先々うちの病院でも採用されそうで欝だ・・・。

今後必要となりそうな同意書。
・採血の同意書(定期採血は何日に1回か、臨時採血のときはまた別に)
・注射の同意書(使ってる薬剤名はすべて記入。量が変わったら取り直し)
・レントゲンの同意書
・術後リハビリの同意書

カルテが同意書で埋まる日も近いな・・・

534 名前:??AE????s?-?@?l?I`?I^ :2005/10/02(日) 00:02:25 ID:mBG+FOJl0
まあ、犬が吠えてれば、俺みたいな外科医でも診断ついたけどねえ…。

「おのどが…」とか会話する余裕が直前まであったんだろ?
さあ、初診時に予測診断しろと言われてもねえ…。どうなの?>児科のセンセー

児科出身の奴がとなりのラボにいるんで、聞いてみるかな…。

535 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:03:58 ID:TlbWx02K0
>>520
そう?
「過失によらない誤診」と言うのは、そもそも何かな?

「意図的な誤診」?…そりゃ犯罪だわ。

536 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:04:14 ID:slNOI5MF0
>「お母さんまで神経質というか親子そっくりだね」

医者ってホント、こういう表現するよな
うちの担当医だけかと思ってたら、
他の奴もそうなのか
素人が専門家からこう言われたら、それ以上何も言えなくなるだろ
死ねよ医師!

537 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:04:22 ID:c/OpK2W00
>>532
休日当番なんてドブさらいみたいな仕事を引き受けるよう馬鹿は死んで当然。
小児救急なんてイラクでの仕事と同じ。死んだら自業自得。

538 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:05:10 ID:hKSDPW4cO
診察した患者の5割は誤診しているとオレは思ってるんだが。
誤診しても大部分が問題なく治癒しているから表沙汰にならないだけであって。
たかが5分の診療で病気の何が分かるというのか。
もっと謙虚にならんといかんよ。

539 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:05:28 ID:QBa5eTR20
>>537
イラクのトラック・ドライバーか
あっちは高給取りだが

540 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:05:59 ID:TlbWx02K0
>>537
いや、別に誰も死んではいないのだが…

541 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:06:00 ID:irSDIO3z0
「お母さんまで神経質というか親子そっくりだね」などと取り合わなかった。


何でこれをスルーしてる奴が多いんだ?
一番のキモだと思うんだが・・・

542 名前:??AE????s?-?@?l?I`?I^ :2005/10/02(日) 00:06:41 ID:mBG+FOJl0
>>533

そうそう。前に奉仕活動してた3次施設ではCTの「造影剤同意書」ってのもあったwwww
交通外傷肝破裂・IVC損傷の奴とか、6回から飛び降り・下肢バキバキって奴にも一応同意書とってたよ。
ぜーんぜん話聞く余裕はなさそうだけどねww耳元で朗読して、血で拇印押してもらってた。

543 名前:ドキュソルビシン :2005/10/02(日) 00:07:35 ID:XSzwMgEq0
>医師は「4歳ぐらいでのどが苦しいなんて言うかな」
>「お母さんまで神経質というか親子そっくりだね」などと

「この子のどが苦しいって言ってたんです。肩でハァハァ息してますよね!!大丈夫でしょうか??私心配で心配で眠れません!!」

「4歳ですよね。苦しいというより痛いということじゃないでしょうか。のどがかなり腫れてますしね。お母さんもそれだけ神経質になってしまうと、お子様がますます不安定になりますよ。落ち着いて。大丈夫。お薬出しておきますから、何かあったらまた来て下さい」


くらいだったかもしれないなり。


544 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:08:44 ID:+0YUtCYN0
完璧な予測診断しろという問題じゃないんだよね、この場合。
医者が最悪の事態を予測して、症状が悪化するようなら
早めに救急診療を受けろと言う言葉があればあるいは・・・。

545 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:08:56 ID:irSDIO3z0
>>543
否定しとけよ、じゃあ

546 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:09:19 ID:Sr65H2JUO
医者って言っても商売だから、
なるべく早く済ませようとするし、
面倒臭ければタライ回しとか平気でするしな………

547 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:09:31 ID:s7Ge2Jo/0
>>535
どんな症状や訴え、検査結果でも100%確実に診断できるものはない、
ということはないということだよ。


548 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:09:43 ID:0alyC4v40
>>542
造影剤同意書はうちもあるな。
うちは救急そんなに力を入れてないから、問題になりそうなケースを見たことないけど。
あとは前にあった感染症採血の同意書もある。

それだけ状態悪いと代理人待ってたら死んじゃうもんなあ・・・。
何とか本人にかいてもらうしかないよな・・・。

549 名前:??AE????s?-?@?l?I`?I^ :2005/10/02(日) 00:09:51 ID:mBG+FOJl0
まあ、これからはムンテラ時は録音必須だな。
俺はデスクの引き出しにICレコーダー入れてるけどね。数年前からは。

…某・開業医にバイトに行ったときは、診察の全てが録音されてたけど…。

550 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:10:40 ID:enJYmMsh0
医者って商売もリスク高いよな。

551 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:12:52 ID:TlbWx02K0
>>547
それは私の求める答えとは違うように感じるのだが…

「誤診」と言う言葉の定義の問題かな。
君は法的な言葉を話しているのかな?

552 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:13:48 ID:OfcWeu+H0
>>544
最悪な予測って可能な限りの検査をすることになるぞ

553 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:15:44 ID:bH1Jr2sl0
親は心配だから、ただの風邪でも「こんなに苦しんでるのに大丈夫なんですか?」
って、ほとんど言うんだよ。
でも、その中で本当に重傷は100人に1人もいない。
この判決がでた以上、親が心配してたら全例1拍入院になっちゃうよ。
医療費高騰するけどしょうがないよね。

554 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:16:21 ID:U/bMopuv0
犬吠様咳嗽、喘鳴、百日咳
これ読める人。

555 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:16:40 ID:s7Ge2Jo/0
>>551
547のいったいどこに法的な意味があるの?
どんな症状や診察結果や検査結果でも必ず真実とは逆の結果がでることがある、
ということ。わかりにくくいえば感度、特異度とか陽性適中率とかの問題。

556 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:18:00 ID:wecSB4Ku0
まあ、言葉も話せず 寝返りもままならず
糞便の処理も他人に依存しなければならない
この子の人生が中々に大変なものだということだけは
揺るがし様の無い事実だな。残念ながら。

557 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:18:22 ID:Xv2acjtO0
>>553
俺は家族が心配しているとすべて地元の基幹病院に入院依頼する。
断られることも多いが、責任は全てその病院になるから、俺は安全。
正しい医療、費用対効果の高い医療なんてどうでもいい。
俺が安全な医療を実践してる。

558 名前:ドキュソルビシン :2005/10/02(日) 00:19:26 ID:XSzwMgEq0
喉頭蓋はのどの奥にあるので、通常の診察では見えませぬ。
だから急性喉頭蓋炎を本気で否定しようと思えば鼻からファイバーを入れて覗くしかない。

「のどが痛い」と訴える患者に全例行っていたのでは合併症のほうがはるかに多い。
1)つばも飲み込めず、涎をだらだら流している。
2)口をあけて診察してどこも赤く腫れたりしてないのにのどの痛みが強い
3)のどのところに聴診器を当てると音がする

のどれかがない限り、内科医のおいらは急性喉頭蓋炎を見抜くことは無理なり。
小児科ではもう少し数が多い病気なので、多少違うかもしれませんが。

559 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:20:08 ID:+0YUtCYN0
>>552
親は素人だし不安から神経質にもなっているだろうけど
帰す前にこんな症状が出たら再度救急に来てくださいという事は
経験から言えるんじゃないの?

560 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:20:12 ID:irSDIO3z0
>>553
俺の実家にある小児科病院は30年ぐらいあるんだがたいした事が起こってないってことは
スペシャリストぞろいなんだろうな


561 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:21:03 ID:TlbWx02K0
>>555
ならば「『過失によらない誤診』は責任が無い」というのは、
一体どのようなコンテキストで話しているんだい?

562 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:21:14 ID:cX/Yo2lQ0
>>541
まあ、分からんでもない。
どうも、この病気は俺らが想像している物と違うのかもしれない。
検索してみると
http://www.takahashiclinic.com/jibikanobyouki/kaze.htm
http://www.takahashiclinic.com/jibikanobyouki/kaze.htm

つまりは「単なる風邪」+「放置後に雑菌が起こす2次災害」的な物っぽい。
初期段階なら抗生物質を与える事が大事なようだ。
医師は薬を出して終わりだと思ったがそうではなかったと。

むしろ、そこまで放置してはいけない病気だったのかもしれん。
ただの風邪でも医者に連れて行かせないと駄目だと言う事か?
この病気の予防法は。
で、早めに抗生物質をもらわないと後々まずいっぽい。

563 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:22:26 ID:s7Ge2Jo/0
>>561
純粋に医学的な意味だよ。

564 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:22:28 ID:0alyC4v40
小児は親も診なきゃいけないから難しいよなー。
2chのスレ見てるだけでも

「心配だから全ての検査をしてください」派の親もいれば
「こんなに苦しんでいるのにそんな検査をするなんて」派の親もいるらしい。
検査の説明をした後なのに。

マジデ尊敬するわ。絶対代わりたくないけど。

565 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:23:56 ID:TlbWx02K0
>>563
…分かった、もう良いよ。

566 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:24:30 ID:c+K2gCnt0
要するに小児科医なんかやるなってことだな

567 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:25:25 ID:Xv2acjtO0
ガキを診なければこんな議論することも無いぞ。
正解は

 ガ キ は 診 な い 。

これだけ。



568 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:25:59 ID:wtCSn0Eq0
被害者の親子をバカにするやついるけどな、
お前らには子を思う親の気持ちなんて分からないんだろうね


569 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:26:12 ID:irSDIO3z0
成人の誤診では大して出てこないのになんだろうねこのスレは・・・・

570 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:28:20 ID:bH1Jr2sl0
ま、これで小児科医がまた減るね。
でも、小児科医がいなくなると、俺の内科クリニックに子どもが来ちゃうから困るなあ。

571 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:29:23 ID:zWPqNFzP0
>「人的物的設備の整った施設に転院させるべきだった」

これは手間掛かるの?

572 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:29:41 ID:Xv2acjtO0
小児を診たときの嫌な想い出がよみがえるから。
二度とやるまいと決めて、やってないけど、この手の記事をよむと興奮してしまう。


573 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:29:44 ID:QBa5eTR20

緊急出版しそうだな 勧善懲悪物語

574 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:30:05 ID:cX/Yo2lQ0
>>564
何かが起こったら(ちょっとした風邪でも)早めに検査→薬もらう→次の日また来てください→2回目の検査→また薬もらう→もうどこも悪くない?→悪かったら大きい病院へ。

俺らの時代はこんな感じだったなあ。
仕事とか専業主婦の廃れとかも悪い方向へ向かってるな。

575 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:30:08 ID:Pnall8LG0
>>571
そんなところ数える位しかねーよ

576 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:30:13 ID:irSDIO3z0
>>571
手間の考え方なんて人それぞれだから聞いても無意味だと思うが


577 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:32:03 ID:fRcwI1HN0
>>548
某旧帝でしたが、
・CV
・造影剤
・血液製剤
とかの同意書が束で。どんな急患でも。

>>554
けんばい以外に難読はないと思うが

578 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:32:09 ID:zWPqNFzP0
>>575
なるほどねー。横浜でそういう状況じゃ他はもっと厳しいね。

579 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:33:00 ID:axYsXnH2O


     ┏━━┓   
     ┃・∀・┃   感じわるいよねー
   ┗╋━━╋┛
     ┛    ┗

580 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:33:40 ID:cX/Yo2lQ0
>>568
誰も馬鹿にしてないような気がするが。

みんな気持ちは分かる+明日はわが身に医者も親もおびえてるんだと思うんだが。
どうすれば、自分にこの事例が降りかからないで住むか考えてる。

581 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:33:55 ID:5ZAZ3suO0
鬱な記事・・・、なんてひどい医者だろう。

こういうのって、もう治らないのか?あああ、ひどい話だ。

582 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:34:36 ID:0alyC4v40
まあ、入院させとけってのは同意かな。
6年経った今では、(このスレの意見なんかも参考にするに)自己防衛の意味の方が
強いけど。
でも、初診時の時点で「人的物的設備の整った施設に転院させるべき」ってのは暴論だと思う。

583 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:35:25 ID:Xv2acjtO0
>>582
暴論でも何でも保身が第一。

584 名前:ドキュソルビシン :2005/10/02(日) 00:36:32 ID:XSzwMgEq0
のどが痛い→急性喉頭蓋炎と
頭が痛い→くも膜下出血は

「誤診」問題の2大巨頭なり。
どちらも典型的なケースでは見落とすことが少ないのだが(実はたまにあるらしい。そゆレベルの医者もいないわけではない)
それらのうちのごく一部は、思いもよらない経過で、見落とされて患者は亡くなる。
で、家族は納得せずに裁判になる。

でもね、そういう患者の場合、相当な名医でも診断するの無理なんだよ。
逆に明らかな見落としではさっさと病院が謝って賠償金払う。
ま、おいらなんかは半ば素人みたいな医者だけど、判決文とか呼んでもおいらも同じように見落とすケースばかり。




585 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:39:21 ID:0alyC4v40
>>583
いや、判決に対する疑問よ?
裁判所は3次救急を何だと思っているのか、と。

この場合は障害が残ったという結果を見ているから転送を薦めているけど、
同じような症状で、全然条件が軽い患者がまだ数倍いるわけで。
そいつら全員送る義務があるのか・・・って思います。

2次救急で働いている俺としてはそりゃ全員3次に送れるのなら、それが一番
安全なのは確かだけどさ。

586 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:39:23 ID:irSDIO3z0
おいらなんかは半ば素人みたいな医者だけど、判決文とか呼んでもおいらも同じように見落とすケースばかり。


前後のつながりが良く分からんのだが・・・・


587 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:40:01 ID:NwHvuNx50
別に医者が暴言吐こうが、人格に問題があろうが、
ちゃんと患者を治療できればいいんだよ。

その代わりに、患者の病状を診誤った挙句、
一生残る障害を子供に負わせたら、何言われても仕方ないね。
奴隷のように一生かけて働いて償うの当然。それがプロの厳しさ。

588 名前:ドキュソルビシン :2005/10/02(日) 00:42:06 ID:XSzwMgEq0
まあご家族の気持ちはわかるし、今後の介護を考えると可哀想ですけどね。

でも一般論としてほとんどのケースは避けられなかった不運だと思う。
あとはその不運から生じる損害を、不運を襲った本人/家族に負わせるか、たまたまその患者を診た医者に負わせるか。
それは社会の選択。

ま、後者という選択もあるんだが、それをやると述べ何万人という患者を診る医者はリスクが何万倍にもなるわけでね。
小児科医を選ばない医者が多くなるのは仕方ないなりね。

589 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:43:20 ID:UaZoUW2H0
だからみなさん、小児科医になる人はバカだとか、小児は絶対診ないとか
言ってますね。

590 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:43:35 ID:fRcwI1HN0
>>584
SAHの方は、どんなに医療費がムダにかかろうと全例CT撮るという
暴挙に出ればとりあえず「出血を確認しようとした証拠」は押さえられるけど、
のどが痛い(特にお子様の)でまさか全例ファイバーするわけにもいかず、
また救急外来にファイバーがある施設もほとんどない。

特異的な症状が揃ってないときの地雷度はより高いといえそうな。

591 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:44:51 ID:wecSB4Ku0
まあ、どうにかできた人といえば、やはりこのお医者さんしか居なかったわけですけどね。

592 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:45:31 ID:1FQ0URaKO
ヤブ医者だな もっと医学を学べ

593 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:46:06 ID:irSDIO3z0
聞けば聞くほど地元の小児科医院がすげえところだと思っちまうな・・・・

594 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:47:51 ID:NwHvuNx50
小児科医のなり手が居ないの?
だったら、、医者も外国人に門戸を開こうぜ。
ぬるま湯に浸ってる日本のヤブ医者なんかイラネ

595 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:48:41 ID:fRcwI1HN0
>>586
横槍だが、

(救急医療専門というわけでも小児専門というわけでもない)半ば素人みたいな医者だけど
(実際に救急現場に出たことはある、診療にあたる可能性があるごく一般的な水準の医者の)
おいらも同じように見落とすケースばかり。

ということではないかと。

596 名前:ドキュソルビシン :2005/10/02(日) 00:49:01 ID:XSzwMgEq0
>590

CTでも見落とすくも膜下出血はありますからねぇ。
そうなると髄液をとって出血があるかないかをみるしかない。

千葉大かどっかの救急外来で、頭痛を訴えた患者全員に同意を取った上で髄液穿刺をやるという研究をやったそうな。
その結果・・・

かえって来る前より頭痛がひどくなったという患者がすげぇ沢山出て、
「全員に髄液穿刺をやるのは益より害が大きい」
という結論になったそうな。

597 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:51:41 ID:0alyC4v40
>>594
もうすぐ岩手が導入するらしいですよ。外国人医師。

598 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:52:14 ID:Xv2acjtO0
>>596
医学的な妥当性なんてどうでもいいなり。
保身第一なり。

599 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:52:25 ID:uWBGls/x0
この医者、「不勉強」なのは間違いない。
まじめな医者は、激務のなかでもなんとか時間見つけて勉強続けてるんだよな。

もっともそれ以上にこの医者、患者対応があまりにもまずかったな。。。まるでうちのボスみたいだ。

おれも小児科医のはしくれだから、こんな判決でたら心情穏やかではないけど
この医者には同情できん。

600 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:52:33 ID:4jo3Ta+I0
自分は喘息もちなので、子供のときは夜間や休日診療の常連だったが、
あれは医者や診察に関しては本当に運不運。
たまたま、その病気に対して専門の人が居るとラッキーだけど、専門外だと、
医者の態度もあやふやで患者の方が不安になったりする。

慢性の治療ならともかく、小児救急に関しては医者は楽観論はやめて欲しいよね。


601 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:52:40 ID:QBa5eTR20
その外国人医師なら賠償金を払えるのか

602 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:53:21 ID:cX/Yo2lQ0
>>593
田舎だろ?
風邪は万病の元と爺さん婆さんが身にしみて知ってる土地柄で、とにかく数をこなしてきた猛者医者が居るんだろ?
戦時戦中も同じような世界だったんだろうし、対策とかもそれなりに分かってるんじゃ?

核家族化が進み、病気へのそもそもの抵抗が薄い子供と無知で育った親が集まる都会じゃ差は出るんじゃない?
技術的には都会の方が上でも、生活観は田舎の方が強いからその違いもあるんじゃない?

603 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:53:47 ID:fRcwI1HN0
>>593
地元の先生を誹謗するわけではありませんが、例えばこの急性喉頭蓋炎であれば
ややまれな疾患ですし、同じように問題になることの多い疾患を「引かなかった」
というだけのことかもしれません。

地元の患者さん(の母親)間での評判は良くても、実際のところ結構とんでもない
治療をしていたり、責任感がなくちょっとでもトラブりそうなら何でもかんでも
基幹病院に丸投げ、という開業医の先生もいないではないです。


604 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:55:25 ID:QBa5eTR20
この医者が廃業して駆逐された後、
後任の小児科医は開業しますか?

605 名前:ドキュソルビシン :2005/10/02(日) 00:55:44 ID:XSzwMgEq0
>>595

さんきゅです。
そのとおりなり。

606 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:55:44 ID:bFqF1V0x0
小児科医のなり手が少なくなれば、
小児科医の立場も向上するんじゃないのか?

607 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:55:51 ID:08Jpxxj00
最近の医者はまじでヤブが多すぎるから困る

608 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:56:01 ID:irSDIO3z0
>>595
なんかはしょり過ぎな気もするが、ばかりといってる以上小児科だけじゃない気がするんだが・・・

そういえば割り箸がのどに刺さって見つけられなかったから賠償汁ってのもあったな



>>601
意味ワカンネ


609 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:56:47 ID:Xv2acjtO0
>>603
トラブらないためだったら無責任と言われてもいいです。
トラブると人生が終わります。

610 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:57:39 ID:eSQpXv340
小児救急はハイリスク、ローリターンと全く採算が合わないので
経営を考える院長なら、即時、廃止すべき部門ですね。
まともな神経の医師なら小児救急は辞めるべきです。
特攻精神のある人柱にさせれば良い。

611 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:59:07 ID:Xv2acjtO0
>>610
死ぬことを運命づけられた戦士達。
ローマ時代の戦士みたいで格好いいね。賭博の対象になりそう。

612 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:59:16 ID:YAOzBmwi0
去年まで横浜に住んでいて年の近い子がいるのだが
昼間は仕事で時間がないので夜間外来に連れて行くなんて
言うアホがいて呆れたことがある。
この医師の対応を弁護する訳ではないが、こんな輩が
24時間営業のコンビニ感覚でおしかけるから
対応するほうも惰性になってしまうということもあるかもしれん。

613 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 00:59:34 ID:fRcwI1HN0
>>596
低髄液圧症候群は1割とか2割とかいいますもんね(^^;

>CTでも見落とすくも膜下出血はありますからねぇ。

いやだから「撮ったよ」という証拠が大事なんであって…
発見できるかどうかは二の次だったり。<最悪
放射線科に読んでもらえばとりあえず責任分担は終了。


614 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:00:28 ID:irSDIO3z0
>>602
その病院よりでかいところもあるんだけどね
日赤もある



というか5万の市の割には病院が結構多かった覚えがある
たいしたものがないのに


615 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:00:44 ID:zkkjmTFB0
医者が過失を起こすと「経験が必要だから失敗は許される」とか言う馬鹿がわくが、
何度失敗しても駄目な奴は駄目だよ。

616 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:01:12 ID:bFqF1V0x0
>>612
24時間営業の医者なんて素敵じゃん。
ってか、夜間外来の先生ってのは
昼間寝てない訳?

617 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:02:43 ID:lmR3ThSW0
個別で見ると悲惨な事案だけど社会全体で見ると許容範囲内だとおもうよ

618 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:03:11 ID:mMI3ke/e0
心配性で神経質な奴じゃないと医者には向かないだろ。

619 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:04:07 ID:Xv2acjtO0
>>616
昼間の仕事やって夜間外来やって翌日に手術するのはごく普通の勤務。
明らかに労働基準法違反。でも、労基法守ると今の2倍は医者が必要だろうね。

620 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:04:59 ID:eSQpXv340
いまどき、小児救急や産科をやろうという若い医師は
イラクへ行く自衛隊員より勇気があると思う。マジで。
イラクでテロに当たって戦死したら、1億円と勲章がもらえるが
小児救急で地雷患者に当たったら、人生、終わり。

621 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:06:44 ID:7o+EGT4H0
当たり屋みたいなもんだな。


622 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:07:11 ID:A+1T3RW70
夜間は好きに診察料を設定できるようにしたらどうか

623 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:07:16 ID:bFqF1V0x0
>>619
へぇ。
結構な数の医師免許を出してると思ってたけど、
そんなに足らんものか。

624 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:08:15 ID:DFdQ2cFZ0
医者は、サービス業です。

625 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:08:44 ID:iK325+n40
訴訟リスクに備えて保険に入れば解決するんだけど何か?

626 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:09:06 ID:uWBGls/x0
友人がBSE対応したときは、72時間ぶっとおしで実験室籠もり、4時間だけ寝てまた72時間作業、これをひたすら3週間続けたところで
自分がダウンしてしまったそうだ。。しかも手当ては大して無し。

ほんと労基署来ないかな、と思うときがある。この業界。
もっとも来たら来たで大変だろうが。

627 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:09:09 ID:fRcwI1HN0
>>609
ごもっとも。

>>612
>24時間営業のコンビニ感覚でおしかけるから

本当に…。
夜間救急外来ってのは、本来の診療時間まで待てない、待つべきでない人たちの
ためにあるわけです。

「昨日の朝から頭が痛いって言ってて一日中痛がってたけど、昼の外来だと
待たされるから夜になってからつれてきた」、という5歳の子を診るために
「夜中になって急に腹痛を訴えてはき始めた2歳の男の子」が待ったりすることも
ある状況。

診療抑制を避けるために6歳未満無料化されますけど、この傾向には
拍車がかかりそうで鬱。


628 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:09:50 ID:eSQpXv340
一般公立病院の産科の医師なんて
50歳の部長が、1ヶ月に10日以上、産科当直してるしな。
これで、ある一定の確率で起こる出産障害で訴えられて
賠償金4億といわれる人生は
誰も選択せんだろう。

629 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:11:04 ID:irSDIO3z0
>>625を見て気づいたんだが、そういう保険あるの?
他の業種だら人災で発生した損害をカバーする保険はあるけど・・・・・・

630 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:11:16 ID:r0peYbEp0
稼ぐために診療を続けさせて良いの?

631 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:11:16 ID:mDlSZZrI0
うちでやってる、「頭痛患者は、まずCT」というのは、普通ではないのですか?


632 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:13:07 ID:eSQpXv340
ボケ裁判官のアホ判決から身を守るために
何でもかんでもCTなどの無駄な過剰診療は当然、必須です。

633 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:13:05 ID:o0j9BJ2V0
これは酷い医者だな

634 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:13:30 ID:GmwY1fVX0
>>612
そこで、ワイドショーのコメンテーターが
”社会の犠牲者”なんていいだすわけだな。

635 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:13:33 ID:Xv2acjtO0
>>627
行政の馬鹿どもは無料化することが質の低下をもたらすことは多分知っているんだろうね。
自分たちが仕事してるポーズすることが一番だよね。。問題が起きたら現場の医者の責任にすれば済むしね。

そんな仕組みも分からずに仕事してる奴が馬鹿なだけ。情報収集出来ないのは無能。

636 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:13:39 ID:irSDIO3z0
>>632
志村、上!上!

637 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:14:01 ID:wecSB4Ku0
>>631
むむ、患者としては安心できます。
お金がかかりそうですね…・。

638 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:14:47 ID:Plf9EasW0
>そいつら全員送る義務があるのか・・・って思います。
送るべきでしょう。自分が犯罪者呼ばわりされないためには。

>そりゃ全員3次に送れるのなら、それが一番安全なのは確かだけどさ。
門前払いされた時点で責任は先方に移るのだからそう言う意味でも一番安全。

639 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:15:35 ID:GmwY1fVX0
>>629
あるよ。
アメリカの医師は収入の3割くらいを
そういう保険につぎ込んでる。

640 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:15:52 ID:Xv2acjtO0
>>638
大正解。これからの医者ですね。
貧乏くじを引くことなく、出来るだけ早く引退できるように頑張りましょう

641 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:16:33 ID:7o+EGT4H0
かんじゃ(←なぜか変換できない)がきたら黙ってできあいのメニュー出せばいいんじゃね?

薬だすだけ1000円
へらみたいので咽喉見るだけ5000円
ファイバー10000円
CT50000円
みたいな。

客が勝手に選んだことにすれば医師の責任にならない。

642 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:17:00 ID:DFdQ2cFZ0
>>631
脳神経所見と感覚・筋力を見て、頭部CTも撮ってます。
救急は、翌日まで患者が生き残れるように、見落とさないためなら限られた中で
出来うる限りの検査をしても良いと思っている。


643 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:17:14 ID:irSDIO3z0
>>639
だよなぁ、発生原因がネタとしか思えないあの列車事故ですら100億ぐらい保険おりてるしなぁ

644 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:17:40 ID:fRcwI1HN0

>>606
小児科医が希少化→希少価値の高まり→待遇などの改善→小児科医の増加
となればいいのですが…
1)不採算部門であるかぎり、病院経営当局からは冷遇され続けます。
2)「治って当然治して当然、全て結果責任」という患者(患者家族)が増え続け
 訴訟リスクが高まれば多少の待遇改善など吹き飛ぶ

>>625
保険料は誰がどう負担しますか。
訴訟に備えて保険料負担が過大になり、産科専門医がいなくなった
ネバダ州のような例もあるわけですが。

アメリカでは産科医たちはとっとと保険料の安い他の州に移動して
尻をまくりましたが、日本ではそこまで雇用は自由ではありません。
医者のボランティア精神に期待しますか?
廃業、転科を選ぶ人が多数でしょうが…



645 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:19:12 ID:eSQpXv340
だから、この可哀想な4歳児のような悲劇をなくすために
小児科医を10人くらい、看護婦、技師など何十人も24時間体制で待機させる
小児救急センターを各県にひとつ、税金で整備すればいい。
夜間診療は、そのセンターだけでやればいい。
スタッフが揃えられない病院での、夜間救急は全て禁止。

診てもらいたければ、100kmくらい車を走らせて、県の一つの
小児救急センターに行く。素晴らしい!

646 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:19:59 ID:irSDIO3z0
なせ医者の保険だけが負担だと感じるんだろうか・・・・

647 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:21:07 ID:bJaiXOIp0
>>632
漏れも頭痛はルーチンでCT撮っているよ。
流石に偏頭痛持ちで3回目の発作くらいだと撮らないけど・・・。
これもリスクになるのかなぁ。

後は腹痛にもECG・採血・レントゲンはルーチンでやっている。
CTも時々撮る。

医療費削減スレの初期で「無駄な検査批判」があったけど、どこまでが
無駄でどこまでが必要かなんて決められないからな。

SAH(minor leak)で車運転してくる香具師もいるみたいだし。

648 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:22:11 ID:mDlSZZrI0
631です。
「腹痛患者は、まずCT」という時勢になるのでしょうか?

649 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:22:18 ID:eSQpXv340
俺の加入してる損保ジャパンの勤務医医師賠償保険は
年間6万円掛け捨て、最高3億円。
賠償額が4億じゃ、破滅だな。

650 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:22:19 ID:Xv2acjtO0
>>646
アメリカのどっかの州では掛け金が年間20万ドルだよ。
普通は負担とおもうよ。
たしか、その州は産科医がゼロになったはず。
産科の医療事故がゼロになって州全体で祝った事実は確認されてないが。

651 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:22:57 ID:irSDIO3z0
>>650
志村(rya

652 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:23:07 ID:fRcwI1HN0
>>631
まず、といわれると?な気もしますが、撮りますね。
「撮らない」ことのメリットは
・国民医療費の低減
・技師さんを起こさなくて良い
・患者さんに(多くの場合余計な)負担を強いなくて良い
「撮る」ことのメリットは
・患者さんの安心
・自分の安心
・万一の時には診断がつく

頭痛患者で全例CT撮ることで患者の生命予後機能予後を改善する
とか
総治療費を結果的に抑制する
とか
誰かエビデンスでっちあげてくれませんか。
そしたら大手を振って無駄CTとりまくれるのに。

#裏返せばほとんどの患者では本来撮る意味はないと思う

653 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:24:18 ID:HXBXnWWJ0
どんな客商売も、店にとってその客は一日の何十、何百分の一
客にとってはその一回がすべて。
どっちの言い分も分かるよ。

654 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:27:07 ID:bJaiXOIp0
>>652
つか、漏れは神内だから頭痛+発熱の場合はルンバールまでするよ。

655 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:27:10 ID:Plf9EasW0
>>645
>小児救急センターを各県にひとつ、税金で整備すればいい。
北海道、長野、長崎、鹿児島の急病の子供は手当てが間に合わなくて死ぬな。

656 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:28:21 ID:fRcwI1HN0
>>645
あ、今ほんとうにそっち方向に整備しようとしてます。

今みたいに「最寄の3次機関まで車で10分」とかいうエリアばかりの
状況から、ベッド整理して、集約化していこうと。

>>648
まずエコー、そしてCT かも。

>>646
個々人が妥当な診療行為を行っていてさえ莫大な賠償責任を負う
システムになっているからじゃないですか。

結果が悪ければ医師敗訴、という風潮は日本にも確かにあります。
医学的には全く医師に責任のないと考えられる脳性麻痺児事例で
産科医が敗訴したケースもあります。

657 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:29:59 ID:UaZoUW2H0
保険かけてまでやる義務もないしな。
リスクがすくない方に流れるのは仕方ないんじゃないのか

658 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:30:16 ID:bJaiXOIp0
>>655
良いんじゃね?医療ミスは起こらないわけだから。

漏れも救外の初診の半分は断るよ。
リスク回避&翌日の診療に響かせ無いために。
まともに当直やっていたら体が持たない。

659 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:32:51 ID:irSDIO3z0
>>655
そういえば、ちょっと前に救急でたらい回しにされて死んだ子供がいたな・・・・

しっかし国民総生産に対する医療費って結構低いんだな日本
なんでだろ?

660 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:33:17 ID:Q+yL2HrM0
A「医療ミスを減らすには何が必要だと思う?」
B「そりゃあ医師の慎重さだろ」
A「じゃあミスは永遠になくならないね」
B「どうしてだい?」
A「慎 重 な 奴 は 医 者 に な ん か な ら な い か ら ね」

661 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:33:30 ID:Xv2acjtO0
医者に文句ある奴は自分が医者になれよ。

猿並の知能でなれるならご同慶の至りだがな。

662 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:34:03 ID:eSQpXv340
たらい回しで救急車の中で死ぬ方が
医療ミスで死んだわけではないから
医師の賠償義務は生じない。素晴らしい!

663 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:34:54 ID:fRcwI1HN0
>>654
meningitis疑って…ですよね。(違ったら恥)

ベビーだと熱発だけでルーチンでルンバールしてますが、
逆に画像は取らなかったり。痙攣したらとるかな。

664 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:35:50 ID:bFqF1V0x0
>>661
とりあえず、医者は1人しかいないという訳じゃないので、
そんなことを言う医者には掛からないと思いますが?

665 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:36:14 ID:WzEM7nVQ0
不謹慎ながら言わずにはいられない!

親ウマーーーー!!確変ゲッツ!!!

666 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:36:49 ID:0eK6qZnC0
実名どこじゃ



667 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:37:06 ID:XnX21eeN0
医者という職は普通のサービス業などとは別物だよね。
生命に関わる仕事だから。

中には本気で人を救う事に徹してる先生もいるんだけど・・・

668 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:38:01 ID:wyEt0wj30
ますます小児科医は減るなw

自業自得で困るのは国民だがねw

669 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:39:01 ID:Xv2acjtO0
>>664
おまえが医者になれよ。



670 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:39:06 ID:/SXYe49uO
正直訴訟辞めて欲しいね…。
医療費に訴訟対策費がのっかると莫大な金になる
子供と高齢者は死にやすいんだよね。
医師は神ではない

671 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:39:24 ID:wecSB4Ku0
>>665

障害と介護の意味をわかっていってるんですか?
まあ、わかってないんでしょうが。

672 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:40:03 ID:mMI3ke/e0
普通に考えて、病院は24時間営業でやれって感じだけどな。
救急車も何でもいいから早く来いって感じだ。
大勢の中に一人危ないのが居るぐらいなんだろうが
医者にわからんものが、素人にわかるわけないんだよ。
死の淵から人を救うという事はそういうことなんだろと思う。
お金はかかるけどね。

673 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:40:15 ID:Q+yL2HrM0
>>667
人を救うなんて考えの医者なんかいたら
なんて傲慢な奴なんだと思うけどねw
金儲け主義の医者がいても実力があり患者があつまってくれば
なんの問題もないよ
普通のサービス業と区別するから医師の意欲も低下するのだし
サービス全体の向上も妨げられるのだと思うよ

674 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:40:15 ID:irSDIO3z0
昔は仁術、今は算術ってか

675 名前:665 :2005/10/02(日) 01:41:03 ID:WzEM7nVQ0
うん。何かスレタイ見て流れも読まずに勢いで書き込んだけどソース読んで反省した(´・ω・`)

676 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:41:23 ID:eSQpXv340
>>672
サービスが欲しけりゃ、もっと金払え。
医療費を削減すると言ってる小泉を首相に選ぶ国民に
いい医療を求める資格なし。

677 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:41:44 ID:bFqF1V0x0
>>668
その国民の中に医者も含まれるわな。
自分が医師でありながら、子供を死なせるor一生要介護というシナリオもありうる訳だな。

678 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:41:51 ID:bJaiXOIp0
>>663
子供は診ないから分からんけど、頭痛→アナムネ→CT&採血
→採血結果で炎症所見あり、又は発熱あり→ルーチンでルンバール
をしています。

漏れの持った症例
・50代の男性、インフルエンザの流行った季節に頭痛発熱で近医受診
・近医にて抗生剤を処方されて帰宅、2日後意識障害で当院受診
・髄液検査で髄膜炎と診断、ステロイド・グロブリン・グリセオール・抗生剤・抗癲癇薬
で治療するも、改善せず挿管→炎症性の脳梗塞にて死亡
・家族は2日前にかかった近医を訴えると激怒!!

って事があったから、恐いんだよね。

679 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:42:24 ID:zTtHkPz60
小児科医になんてなるもんではないな


680 名前:ドキュソルビシン :2005/10/02(日) 01:43:45 ID:XSzwMgEq0
>659

日本の医療費は安くてしかも質が高く、アクセスがいいことで世界でも有名ですなり。
世界中で手本とされてましたが、なかなか真似できない。

おそらくは官僚の手腕と、医者の倫理性の高さ、若者の多さなんかが大きかったと思うんですが。
それでも心ある人にはこの医療費抑制政策がもたらすツケは見えていたようで、90年代には次のような本も出されています。

「世界一」の医療費抑制政策を見直す時期  二木立著
http://www.bk1.co.jp/product/1085289




681 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:43:56 ID:irSDIO3z0
>>657
なんか他の業種が損害保険に入ってることを嘲笑うような話だな

682 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:44:24 ID:Q+yL2HrM0
>>676
激しく同意
統制価格でじり下げにおいこまれている報酬の中で
医師にやる気だせ!サービス向上させろ!
といっても土台無理な話であって
努力すれば報酬が増えるだとか
そういう動機づけをしっかりしないと
皆ボランティアでやってるわけでもないのだし
どうもプラスの動機付けではなく
やらなければこうなるよ、というマイナス面による動機付けが目立つ
そりゃあ医師も逃げ出すのがよくわかるというかなんというか

683 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:44:56 ID:eSQpXv340
髄膜炎なんて一定確率で死んで、もともとだろう。
急性喉頭蓋炎を診断してても結局
死んでるんじゃねえの?

人間は死ぬ。当たり前。アホ患者は、どうして理解しない?
誰かのせいにしようとする愚民ども。

684 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:46:22 ID:Xv2acjtO0
>>678
訴えて医者が1億払えという、いつもながらのDQN判決が出たら面白い。
頭痛の患者が全員基幹病院へCT、ルンバール依頼になったら大笑い。


685 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:47:04 ID:bFqF1V0x0
>>682
なるほど。
じゃあ、医師もランク付けした方が良いと思うよ。
ランクに応じて報酬が決められれば
患者としてもそれなりの覚悟と期待を持って
医者を指名することが出来ますし。

その代わり、落第者は医師免許剥奪ね。

686 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:47:35 ID:/SXYe49uO
貧乏人は病院に行けなくなるから大丈夫。あれはお金持ちの為の施設になるって小泉くんが言ってたよ。

687 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:48:24 ID:sR2ce8Eh0
こんだけ馬鹿だと在日ではないかと疑ってしまう

688 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:49:09 ID:eSQpXv340
だいたい、気軽に病院に国民全員が受診できることが
おかしい。
小泉・竹中のグローバル・スタンダードに反する。
いい医療とは金持ちだけのものだ。
庶民は医療費で破産。
貧乏人は、まじないで治す。それが世界標準だ。

689 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:50:15 ID:mMI3ke/e0
このスレの医師の書き込み見て思ったが
これは横浜地裁GJだわ。やっぱり。

690 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:50:25 ID:Xv2acjtO0
>>685
お国としては補助金だして免許とらせて剥奪じゃ無駄だから、
私大の補助金全廃。5千万円の学費が1億へ急騰。
国立も300万円が1000万円へ。
庶民がつけない職業になるね。


691 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:51:57 ID:bJaiXOIp0
>>685
自由診療ですね。アメリカ式が良いですか?
総医療費は対GDP比で2倍になるけど良いのですかw?

692 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:52:25 ID:7o+EGT4H0
絶対見落としが許されないなら1日1人くらいしか診れないよね。
ただの風邪でも医療費何10万円とかにするしかないね。



693 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:52:28 ID:hKSDPW4cO
全例に喉頭ファイバーだのCTだのルンバールだの。だから内科系はこれだからダメだ。

経 過 観 察


まずこれだよ。気になる程度なら観察室で様子みればいいじゃん。

694 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:52:33 ID:irSDIO3z0
なんか変なのが沸いてるな・・・・

そういえばフィンランドとかって医療関係どうなんだろうね?
やたら国際競争力も高いけど。

695 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:52:40 ID:Q+yL2HrM0
>>685
具体的にどうやってランク付けするのかが問題
また国が介入してくるのだとすれば
それはまた流れに逆行するようにも思えるわけで。
そこは市場に任せればいいと思う
そもそも国が医師免許剥奪する必要などまったくなく
実力のないものは医業で飯が食えなくなれば
自動的に医者をやめるだろうと思う
そのためにも
患者に医師を選ぶ際の資料となるような情報公開制度も必要だろう
その上で医者ごとの料金体系を認めるべき
上限を国が決めた上での自由競争でいいと思う
上限の設定が極めて難しいと思うけどね
競争がきちんとおこっているのかもチェックするシステムも必要だろうし
まあでもそれは空論で結局統制経済化におかなきゃいけないのかねえ。。。

696 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:54:06 ID:PDxYh+5m0
ソースがアカヒだからなどうにもね。

まぁ地域から小児救急が消えそうなヨカン。
俺は保険医制度を知っているが安すぎて、汚く危険の3拍子が揃ってるからな。
よくこんなのを引き受ける先生方がいるもんだよ。お気の毒。

この際国民皆保険制度をある程度変えたほうがいいとおもうな。自分の健康を財産と
思えず小額の金で医師に面倒見てもらおうというほうがどうかしている。

それと、こういう事件が頻発すると脱保険医とか医師になろうという人、特に
優秀な人材が医療業界に来なくなる気がするな。それと馬鹿チョンの教科書
措置が激増しそう。

697 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:55:32 ID:bFqF1V0x0
>>690
いいんじゃね?
高尚な職業として存在するためにはそれぐらい必要だろ。

大体、免許剥奪がないからろくでもない医者もそのままになるんだし、
その所為でここにいるまともな医者達が迷惑を被ることにもなってるんだろうから
そういうろくでもない医者には退場して貰った方が願ったり叶ったりじゃないのか?

698 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:55:51 ID:Xv2acjtO0
>>696
高次の病院へ丸投げしてますが、なにか?

699 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:56:14 ID:eSQpXv340
医者に文句のある奴は、一度
夜の小児科救急の待合に来て、実際の現場を見ろ。

茶髪・サンダルのヤンキー親子が
ガム噛みながら
携帯でメールやってる横を、元気なガキが走り回ってる。
神経質そうな母親が、つまらんガキの発疹で、ヒステリーになって
くどくど何十分も医師を放さない。
青い顔をした重症の子どもが、待たされ続けている。
36時間連続勤務してる、小児科医が死にそうな顔をしながら、ババアを相手に
してるよ。

700 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:56:25 ID:/SXYe49uO
医師人材流出は世界の潮流ですから…
まもなくキューバ医師が来ますよ。

701 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 01:58:16 ID:bJaiXOIp0
>>693
例えばさ、38℃の発熱で頭痛を訴えいている若者を経過観察していて
その最中に痙攣起こしたらどうする?
頭痛の原因を発熱と見るか?発熱・頭痛は髄膜炎の症状と見るか?

そりゃ、もちろんどうでも良いのは経過観察だけど、ちょっとでもリスクを
感じたら検査する方が保身になるよ。
その中で1%でも本物がいたら、患者の利益にもなると思うのだけどね。

702 名前:ドキュソルビシン :2005/10/02(日) 01:58:35 ID:XSzwMgEq0
>693

それはいい手で、おいらもよく使ってるんですが。
SAHのマイナーリークとかだと2日くらい経過観察しないといけないような・・・

703 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 02:00:34 ID:bJaiXOIp0
>>702
まじでー?
漏れは脳梗塞でDWIでも難しい時には、2日連続でMRI撮っているよ。

704 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 02:00:57 ID:irSDIO3z0
そういえば日本以外に医師なら診療科全部できるって(できるだけ、だが)国ってあるん?

705 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 02:03:34 ID:KBlPsLX/0
>>74
じゃあ、医療ミスにも寛容にな


706 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 02:03:47 ID:/kl3SFXT0
 アメリカでもこの手のことがあってフロリダなどの州で億単位の高額の賠償を嫌って医者達が他州に逃げ出して医者不足になって裁判で高額の賠償金を取られないように法律を作るなんて話を聞いたがどうなったのだろう。

707 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 02:05:07 ID:Xv2acjtO0
>>706
アメリカの議員は弁護士出身が多いから法案は確実に否決されるから提出しないはずでは??

708 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 02:05:52 ID:Q+yL2HrM0
>>704
分からんが別に免許診療科ごとでもいいと思うよ
だってそっちのほうが責任限られそうだしw
なんでもできるわけないんだからw

709 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 02:06:33 ID:EukRdv060
>>683
このケースは髄膜炎ではない
咽頭喉頭の腫れで息が出来なくなり、窒息状態なった。
消炎剤投与と酸素吸入で低酸素脳症は、簡単に防げたはず。
この医師は、受診当時の患児の喉の閉塞状態を目で直視して確認すれば
良かったのに。
あと、さんそ分圧も測ればよかったのに。指にクリップみたいので
簡単にできる。
ただの喉の腫れをコントロールできなかったのは、罪でしょう。
この判決は妥当では。
髄膜炎は、脳みそが細菌感染の炎症で腫れることだ。
この場合は頭蓋骨を切り開いて減圧させないと。


710 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 02:07:11 ID:aHzxBSNX0
長期入院の家族抱えてるから、
医者がどんだけ頑張っているか知ってるよ
医者を訴えるとか、録音うんぬん言い出すのは、
何の世話もしない頭でっかちの親戚だよ。
お前は黙れ!!と怒鳴りたくなる

駄目な医者は駄目だが、今回は仕方が無いとも思う
医者の発言うんぬんがあるが、賠償金の支払い命令は
人間性にではなく、診断ミスに出されたものだから関係ないだろ
(主治医だったら嫌だし、そんな病院には最初から行かない)


711 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 02:07:51 ID:irSDIO3z0
>>708
ぶっちゃけそっちの方がいいと思うんだけどね
日本の場合国の予算制度に時点で破綻してるから実行するだけの金もないだろうが

712 名前:ドキュソルビシン :2005/10/02(日) 02:08:30 ID:XSzwMgEq0
>706
その法案は通りましたよん。面白いのでお勧め↓
http://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/legis/217/21705.pdf

>703
おおー。それはカコイイなり。
やぱそれかなぁ・・・

713 名前:ドキュソルビシン :2005/10/02(日) 02:11:21 ID:XSzwMgEq0
>>709
面白いので医者板に貼ってきますなり

714 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 02:12:18 ID:bFqF1V0x0
よくわからんけど、
>>709に掛かった患者は何事もなく生活出来て、
>>683に掛かった患者は>>1みたいになるってことか。

患者としての運も実力のうちか…。

715 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 02:12:45 ID:OkmMxClNO
まずソースが朝日なんで医師―患者間の会話部分が医師に不利になるようにデフォルメされている可能性がある

疾患に関してはごく初期には診断が難しい


今の小児救急は薄給で金属探知機持って地雷原走らされるようなもの
ときに割り箸とか心筋炎とかプラスチック製の地雷があって人生終了する
やるやつは命知らず
実際激務で体壊すし、精神状態もおかしくなる

自分の身は自分でしか守れない
小児救急なんて早く辞めるべき

716 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 02:14:05 ID:bJaiXOIp0
>>712
2日連続でもレセ切られた事無いよ。
後は頭位変換性めまいでも吐いたら、初回は必ずMRIを撮るよ。

これくらい過剰に保身をしなきゃ医者はやっていられない。
技師さんにも夜間はインセンティブが付くから文句は言われないし、
文句を言われたらリスクの説明をして納得してもらう。
恵まれた環境です。

717 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 02:14:16 ID:fRcwI1HN0
>>709
途中まではフンフンて読んでたけど

>髄膜炎は、脳みそが細菌感染の炎症で腫れることだ。
>この場合は頭蓋骨を切り開いて減圧させないと。

おいおいおいおい

>>713
ヒデェ(w

718 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 02:14:45 ID:mRoDSClPO
医療事故の保険に入ってるでしょ。

719 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 02:16:57 ID:L1p6EE+q0
しかし子のこの両親が死んだ後すごいことになるだろうね。
介護費目当てで沸いてくる薄汚い親類ども。言語障害で自分の言いたいことも言えず
風呂にも入れてくれず、食事も満足に与えられず、服も変えてくれない中で
絶望にまみれて死んでいくと思われ。

720 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 02:17:16 ID:hKSDPW4cO
>701

経過観察中に痙攣起こしたなら、NSAID処方して帰宅させ自宅で痙攣起こさなかった分、何かを予期していたんだと名医としてあがめられるんじゃない。

>702

マイナーリークならまず致死的じゃないでしょ。見逃したとしても観察室での経過から医師の不可抗力判断されるよ。

いずれのケースも疑えばその時検査すればいい事。
オレがいいたいのは病名づけに拘るなって事。患者は病名をつけてもらいたくてきているんじゃない。治してほしいから来ているんだよ。

721 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 02:17:51 ID:fRcwI1HN0
>>716
そりゃレセ審査に恵まれてますね…。
レセ審査の先生によっては目の敵のように切りますし>MRI

アタマはまあ別格とは思うんですが。
技師さんも協力的なようで羨ましい限り。

>>718
保険に入ってるから(支払能力があるんだから)過大な、あるいは
過誤でないものを過誤とするような判決は間違ってる。

この裁判はどうかわからんが、そういう傾向は日本の司法にはある。

722 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 02:18:47 ID:hVSVHB/00
>8
医師ってサービス業だと思ってたよ・・・
って言うかそのつもりで働いてたんですが

723 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 02:19:13 ID:L1p6EE+q0
>>75
ほんと、ほんと。
要は金。

高々数万円でで深夜医者をたたき起こして高度な医療が受けられると思うのがおかしい。
一般人の月収程度(30~50万)程度はリスクとして想定せよ。

724 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 02:24:15 ID:Q+yL2HrM0
今回の件も丁寧に時間かけて診る時間があれば防げたはず
時間かけれないほど患者さんがいたんじゃなかろうか
本当診療報酬削ってる場合じゃない
「お金の事ばかりいって医師は汚い」
って思うのは自由だけど現実にお金があればあるだけ
余裕もった診療も可能なのは当然だよ
安くすればこんな悲劇あもっと起こりそうでこわい
それは医師にとっても患者さんにとっても悲劇だよ

725 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 02:25:15 ID:fRcwI1HN0
>>722
>>8のよーな学生がいたら基礎をすすめるなぁ(w
いまどきいないと思ってたんだけど…。
つーか>>8が女子学生ってのが面白いね。今時はむしろ女の子の方が
「そういうつもり」で医学部に入ってくるもんなのかね。

医業は純然たる三次産業、サービス業ですがな。
人体・健康という必要欠くべからざるもののメンテナンス業務なので
社会的責任は大きいですが。


726 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 02:25:24 ID:bJaiXOIp0
>>720
まぁ、MT次第だとは思うけど入院中していたのに何で検査・治療を行わなかったんだ!
とクレームを付ける家族は実際に多いと思うよ。

病棟での転倒ごときで激怒して「責任取れ!」っていう家族も多く接して来たよ。
んじゃー、安静度は寝たきりか?と言い返してやりたかったけど謝っておいたw。

確かに患者は病名を付けてもらいたいから受診している訳では無いが、
早期に診断の方向性を決めるのは患者利益であり、保身でもあると思うのだけどなぁ。

>>721
全症例の7割は詳記を書いていますよ、泣。

727 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 02:26:04 ID:bFqF1V0x0
>>723
つか、>>75が言うところの掛かり付け医になったとしたら、
もしそれで医療事故なんか起こしたら、一般人への賠償
どころじゃない額を請求されて一気に破産じゃないのか?

728 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 02:26:08 ID:uWBGls/x0
> 医師は「4歳ぐらいでのどが苦しいなんて
> 言うかな」「お母さんまで神経質というか親子そっくりだね」などと取り合わなかった。


729 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 02:26:38 ID:vk/F5bTC0
救急医になろうと思い、医学部の面接を受けてそのことをアピールしたが
鼻で笑われて結局落ち、別の学部に入った。
数年前の恥ずかしい思い出。

今ではあの教授方に感謝している。

730 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 02:32:03 ID:zHhOKD5x0
こんな医師でも何人かは救ってきたのだろう


731 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 02:35:56 ID:hKSDPW4cO
前述したウチの糞小児科医。たんなる胃腸炎だが吐気で蒼白の患者にナウゼリン坐薬とソリタ顆粒を処方してそのまま帰宅させた。
で当直のオレの外来に嘔吐が止まりませんと再診。脱水症状があるんで少ないスタッフ使って結局夜中から点滴。

処方するのはいいが、せめて外来で坐薬使ってソリタ飲ませて吐かないかくらい確認しろよ、と。

患者は治してほしくて来ている、の一例

732 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 02:38:02 ID:2IsWYWj/0
>>722 >>725
医者も政治家も宗教家も軍隊も消防士も警察も弁護士も全部サービス業ですがな。

733 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 02:40:46 ID:irSDIO3z0
そうだ、サービス業がみんな仕事を放棄すればいいんだ








そうすりゃ楽になれるよ
何もワザワザつらいことをする必要もあるまい

734 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 02:42:28 ID:DFdQ2cFZ0
>>709
>髄膜炎は、脳みそが細菌感染の炎症で腫れることだ。
>この場合は頭蓋骨を切り開いて減圧させないと。

エエエエェェェ

735 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 02:44:36 ID:hKSDPW4cO
「〇〇先生ってお仕事たいへんそうね」
=名医

「〇〇先生って忙しそうですね」
=ダメ医

736 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 02:47:05 ID:2IsWYWj/0
>>709
>消炎剤投与と酸素吸入で低酸素脳症は、簡単に防げたはず。
酸素・・・吸入・・・???? 喉頭蓋炎で・・・? 季節じゃなく?

>この医師は、受診当時の患児の喉の閉塞状態を目で直視して確認すれば
喉頭を・・・直視・・・?????????

>さんそ分圧も測ればよかったのに。
「おのどが(ry」ってしゃべってる患児に…????????????

>ただの喉の腫れをコントロールできなかったのは、罪でしょう。
喉頭蓋炎の喉の腫れをコントロール・・・・・・??????????????????

>髄膜炎は、脳みそが細菌感染の炎症で腫れることだ。
>この場合は頭蓋骨を切り開いて減圧させないと。
エエエエェェェェェェェェ

737 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 02:50:53 ID:EQEkinhE0
低酸素性脳症っていうのはアムロの親父と同じ病?

738 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 02:51:49 ID:ZC4InejRO
日本の医者は全く信用できないという事だな

739 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 02:53:47 ID:U249LmC70
医師ですが、この医師の対応はやっぱり問題ありかと・・・。


740 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 02:55:55 ID:wh+Mz37iO
医者ネラーのアカデミックな書き込みにお口があんぐりだ。

741 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 02:58:10 ID:bJaiXOIp0
>>736
漏れは急性喉頭蓋炎って診た事無いけど、>>736の書き込みを見て>>709
幻想主義の知識の無い藪だって言う事が良く分かった。サンキュー。
>>739
それって治療面で?MT面で?

良く分からんけど、喉頭蓋炎って疑ったらステロイドでも使うの?
全ての咽頭炎ではない喉の痛みにはステロイドや大量の抗生剤が
必要なのかな・・・。
過剰診療もここまで来るとなんだかな・・・。

742 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 02:59:45 ID:5+q6JQ5A0
病気の事はよくわからんけど
>「4歳ぐらいでのどが苦しいなんて 言うかな」
>「お母さんまで神経質というか親子そっくりだね」
こんな事いうバカ医者は、被害者の4歳児と同じ障害にしてやって欲しい。

743 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 03:00:09 ID:hKSDPW4cO
SAT80台でもしゃべれるぜ。
まあSATを示標にするのはどうかと思うが。
陥没呼吸している重度の喘息小児でもSAT96なんてざらだからな。

744 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 03:01:14 ID:v/PhyKK80
これぐらいのリスクとそれに伴う責任を医者に負って貰わないと、国と患者が払うハイリターンの割が合わない。
失敗したらやり直しがきかないことは分かってるんだからなあ。それでうまくやっていく医者こそが
尊敬されるべきだ。

745 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 03:03:22 ID:irSDIO3z0
ぶっちゃけこのスレだけでさえ
誰がほんとの医師で、腕がいいのか悪いのか分からなくなってきた・・・・


そういえば国政に出ている医者っているん?
地方自治体には良く見かけるんだが・・・・

746 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 03:08:15 ID:K5MPuKN30
>>744
ハイリターンかどうか判断するのは(リターンの)受け手の医者だから、
小児科医が減っている現状は明らかにリターンが少ないってことじゃない?


747 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 03:10:03 ID:bJaiXOIp0
>>745
良い医者と悪い医者の区別は難しい。
どちらにしても、MTが上手い医者は良い医者だろうね。

漏れは医療費度外視してもちゃんと診断をつける、面倒くさがらずに自分の
診た患者には責任を持つ医者が良い医者だと思っている。
もちろん初診やら自分が診る義理の無い患者を断って、診れる範囲内での
患者の診断・治療に限られるけどね。

748 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 03:10:19 ID:irSDIO3z0
>>746
手間かかる割には点数は同じだからね
そりゃ減るさ

749 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 03:11:37 ID:Xv2acjtO0
>>745
田中真紀子への刺客がいたね。
彼は真の勝ち組だよ。
灘高→理V。で、司法試験合格済。
今はコンタクトレンズ屋に医者を斡旋する会社の社長。
臨床みたいな汚れ仕事はしない。真の勝ち組医者。
患者診て億のカネとられるのは馬鹿のすること。

750 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 03:12:10 ID:C4s68KZY0
「おのど、どうしたんだろう」 ここでちょっと萌えた

751 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 03:12:50 ID:irSDIO3z0
>>749
なるほど医療改革する気はまったくないのか
そりゃどんどん酷くなるわけだ

752 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 03:14:56 ID:Xv2acjtO0
>>751
もう、賢い奴は臨床から逃げ出してるよ。
中堅は製薬会社への転職。
新卒は一般企業へ就職。
臨床は馬鹿しかやらないよ。
やる気ないから楽な科しか行かないよ。

753 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 03:16:25 ID:v/PhyKK80
>>746

小児科医が少ないから、小児科医が忙しすぎていい加減にやってもある程度しょうがないと?
(他科の医者に比べたら)リターンが少ないかも知れないが、そんなこと子供の患者にしたら関係ない。




754 名前:ドキュソルビシン :2005/10/02(日) 03:19:10 ID:xCR5eN9IO
709はこのスレで最もまっとうな医者

なかなかこんな文章はかけんよ

755 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 03:20:45 ID:irSDIO3z0
>>754
アンタはなにがしたいんだ・・・・

756 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 03:25:21 ID:K5MPuKN30
そもそもこの親はなんで20時に受診したの、
まさか昼間は仕事で忙しかったから夜連れて行ったなんてことはないよね。

熱が出てすぐ連れてきたとしたら、その時点でクループだなんて分かるの?

>>753
・・・746の短い文章をどこをどう読んで、その結論になるのかわからん。

757 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 03:27:08 ID:irSDIO3z0
前もって病気が分かればいいんだけどな

758 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 03:29:13 ID:fRcwI1HN0
>>745
いっぱいおる。
この間落選した北九州の自見正三郎元郵政相(自民→無所属)とか、
公明党の坂口元厚生労働相とか。

>>732
どれもいわゆる「専門職」で「健康で文化的な最低限度の生活を送る」
ためには地域内にある程度の数が必要で、だけど利用者からみた場合には
いつも必要と言うわけじゃない、という奴ですな。

政治家はちょっと違うか。

759 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 03:29:20 ID:Nf2hwUbF0

このスレ見ると2chネラーが引き篭もりの低学歴ニートだらけだという俗説は嘘だとわかるな。

760 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 03:33:23 ID:fRcwI1HN0
>>754
最後の一行は同意しますが

ドキュソ先生…

761 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 03:36:31 ID:leGa2tch0
この子供が、記憶が混濁してて訳がわからない状態になってることを望みます・・・

762 名前:ドキュソルビシン :2005/10/02(日) 03:37:20 ID:xCR5eN9IO
いや、よ〜く読んでみるといいよん

763 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 03:38:57 ID:G3cKn6IB0
地裁でよくやる見せしめ判決だな。
もしくは、地裁の責任放棄。「面倒臭い裁判は最高裁に任せた!」ってことか..

764 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 03:39:04 ID:OuJVHC7k0
何故、暴行傷害で有罪となったDQNが、
民事で負けても数千万円の賠償金で済むのに、
少なくとも危害を加える意志がなかった医師が
億単位の賠償金を払わなくてはいけないのか・・・・

DQNに対する賠償金を、より高額なものにする必要がある

765 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 03:39:55 ID:K5MPuKN30
764先生

754はIDが違う気がする。


766 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 03:43:37 ID:irSDIO3z0
>>758
そういえば坂口は医療改革する気があるように思えないんだが
ああ、でも現場にいなかったんだなこのヒト。

>>764
高かろうが安かろうが払わないから関係ないと思うが




767 名前:ドキュソルビシン :2005/10/02(日) 03:46:04 ID:xCR5eN9IO
ほ、本物なり〜

768 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 03:57:46 ID:fRcwI1HN0
>>767
読んだけども、わかりません。降参です。

>>765
ドキュソルビシン先生のような無名(失礼!)コテをこんな時間に
こんな所で騙る人もいないだろう、と思いますので…



769 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 03:59:55 ID:NnMO3TQT0
小児科医なんて、「子供が好きだから」とかいう理由だけでやってる連中ばっかり。
だからこそ考えが甘い奴が多いわけだが。

こういう事件があると、甘ちゃんが大人しく眼科に転向するからさ。
どんどん小児科医が減る。
減る→患者多くなる→ミス→騒ぐ→減るのスパイラルは止まらない!

あ、ちなみに賠償額を医師本人が全て払うわけじゃないよ。

770 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 04:24:02 ID:T411gb8x0
まあ、全額保険会社が負担だから医者はぜんぜん痛くない

771 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 04:30:11 ID:NnMO3TQT0
ぜんぜん痛くないことはないが・・・
仕事のミスとして順当な痛さだと思うよ。

ていうか、医者が全額払うんだと思ってる奴がいるのに驚く。

772 名前:18歳360ヶ月+α@のいぽー(本物) ◆News/n6/H2 :2005/10/02(日) 04:39:49 ID:OeDQxRbM0
>>1
>急性喉頭蓋炎
これ俺も昔やったことがある。窒息しかけた。
前日高熱が出たので早く寝た。夜中に何か息苦しくて起きてうがいをしてふと気がついたら
口から息が出来ない。その瞬間は自分では落ち着いていたつもりだった。が、後から考えると超パニックを起こしていた。
「口から息が出来ない。。。なら鼻から息すりゃ良いじゃん」って(;´Д`)。。。
鼻から息をしようとしたら当然だけれど息が出来ない。工エエェェ(´д`)ェェエエ工
ここから物凄い勢いでパニックを起こす。手に持っていたペンでとりあえず気管に穴を開けてしまう。
さらに当時家のすぐ近くにあった大学病院の救急センターへ走り込んだところで意識がなくなった。
もし直接駆け込まずに救急車を呼んでいたら手遅れで死んでたって言われた。
しかもマヌケなことにペンで開けた穴が病巣よりも口側だったのでなんの意味もなく入院日数を増やすだけに終わった。
病巣より肺側に開けないと空気吸えないじゃんね。。。

773 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 04:40:06 ID:zUKJo2VIO
新手の小児科医潰しか?

医者と言えども人間、ミスは憑き物だろう。
悪質なクレーマーだな

774 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 05:23:08 ID:wB6iKpcl0
>>57
この前爪の下に内出血して
眠れないくらいし、土曜の夜だしで、救急行ったのよ。
そこで言われた言葉
医者「何で朝やったのにこんな時間にくるのよ?」 
深夜一時くらいだったけどね。
次に
俺「こんなになるまで放っておくなんて、良識を疑うよ」
俺「月曜日まで我慢しようと思ったけど、眠れないのできました」
医者「ここまで我慢したならずっと我慢してればいいのに」

爪に穴をあければいいだけなのに、結局包帯巻いただけで
「月曜日に来なさい」で終わり。

明らかに面倒くさいんだろうな。
福○病院

775 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 05:30:22 ID:wB6iKpcl0
>>774
うう
医者「こんなになるまで放っておくなんて、良識を疑うよ」

の間違い。

776 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 05:36:20 ID:twDGl2TT0
>>747
MTってなんだ?
専門用語を使う奴はバカ丸出しだぞ。

777 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 05:42:08 ID:ms3YUd8+0


   上限無制限の賠償ってのは流石に高裁で取り消しになると思うぞ(w



778 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 05:50:54 ID:mRv9Qcff0
>777
だけど、それだけの損害がほとんど確実に発生するわけだから、
仕方ないことだろ?

779 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 05:54:15 ID:plxcBziK0
親が神経質だった俺様が神経質にキネンカキコ!


780 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 06:08:07 ID:6onpKpIMO
また医者板のヘボ医者がキチガイな事言って粘着してるよ。医者やめたら?

781 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 08:13:37 ID:qcty/rQ50
救急にお金をかけていいというのは国民の
多くが認めてくれると思うんだが。
そのぶん、開業医と老人病院を
ざっくり下げて、そこの質が下がっても
国民は納得すると思うがどうだろう。

782 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 08:23:39 ID:3Xv3YPt90

これはカワイソすぎる事故だ。事件か?



783 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 08:23:43 ID:x0W8xpUA0
小児科を開業しといてこの有様。
こういう藪は公表してくださいな。

784 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 09:01:41 ID:gsLEBZdu0
>>781
お金をかけることに賛成するのはその金が自分の懐から出るとは夢にも思わない奴らだろ。
負担が増えるならサービスが向上して当然、というのがシロートの考え。
現在のサービス水準を維持するために二倍の負担が必要とか言ったら納得する奴はいない。

が、それもマスコミの報道姿勢が変われば、一般の認識も変わるかも。

785 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 09:06:58 ID:ocXAmp1o0
人権って高価だね
いっそのこと殺

786 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 09:08:00 ID:eSQpXv340
マクドナルドに行って
100円のチーズバーガーに国産霜降り肉が
使ってないと
文句を言ってるのが、今の国民。
死んで当然。

787 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 09:13:28 ID:W/MFQc3u0
こりゃあ小児科医ばなれも深刻化なりそうですな

788 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 09:28:03 ID:Cs256VfAO
おれは他科医だけとどうも解せないね 急性喉頭蓋炎なら聴診でわかるよ 医者は咽頭気管支炎を診断したんだし診察はひととうりやってるね
帰宅したあとでクレープになったんでは?

789 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 10:05:12 ID:hKSDPW4cO
「気管支炎」と診断しているからcrackleくらい聞こえたんだろ。それを蓄痰音と解釈したんだよ。
それより重要なのは肩呼吸をしていた点。
研修医がこのスレ見ていたら忠告するが、肩呼吸している患者は絶対帰宅させるなよ。

790 名前:??AE????s?-?@?l?I`?I^ :2005/10/02(日) 10:20:55 ID:mBG+FOJl0
>>788

ま、そうだろうね。
クループにね。

最初から吠えてれば、誰でも分かる罠。
その状況下で叩き返してたなら、誰も同情しないけどねえ…。

 結局、この手の医療裁判は実際の「現場」に及ぼす影響が極めて大きいのだから
(この手の裁判やら事故やらいわれのないマスゴミ風評被害やらを、まとめて定期的に
メールで送ってくれるサービスあって、結果はすぐに広まる)、医者の態度がどうこう
よりも純粋に医学的妥当性を論じて欲しいね。こないだの「心筋炎」もそうだったけど。
 
 ま、判事の皆さん方も素人のうえ忙しすぎて勉強するヒマもないのは承知だけどね。
俺も以前、KKRに勤めてたときは彼らともお付き合いさせていただいて話を聞く限り
では。



791 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 10:37:38 ID:bFqF1V0x0
ひとつ疑問なのは
ここにいる医者の子供が今回のようなケースで一生要介護になっても
裁判を起こすことすらしないんだろうか?ということ。

小児科医は大変だし、今回みたいな裁判を超したらなり手が少なくなるから
何も言うまい!と心にしまい込み、これから何年続くのかわからない介護を
夫となる男が医者だからという理由で結婚した妻と共に頑張るんだろうか?

792 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 10:42:38 ID:esi2X+xo0
>>791
 医者の子供なら裁判にはならない、最初から示談で済む。

793 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 10:43:50 ID:4aes6zq60
「一生涯讀賣を」って読んじゃった。


794 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 10:45:47 ID:bFqF1V0x0
>>792
お幾らで示談?

795 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 10:48:00 ID:eSQpXv340
>>791
他人でなく、病気を恨むのでは?
診断できない、病変も多い。
何でもかんでも不幸を
誰かのせいにするヤシは、逝ってよし。

796 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 10:52:25 ID:O720hi9/0
いや、この子供の親が裁判を起こしたことは何も悪くありませんよ?
ていうか訴訟して当然。
「悪質クレーマー」だの何だの言ってる奴はただの煽り。真面目じゃないから無視しとけ。

それはそれとして、この事件は小児科医がどんどん少なくなるスパイラルの一部なんだよ。
それも憂うべきことなんよ。

>なり手が少なくなるから
今、まさに、なり手が少ないんだよ。もうどうしようもないほどに。
小児科医のストレスも溜まりっぱなしだろう。
医者もキレると何するか分からんからな・・・麻酔科みたいになるんじゃねえか。

797 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 10:53:40 ID:hKSDPW4cO
>792
「示談」ってことは非を認めるって事か?

798 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 10:56:36 ID:bFqF1V0x0
>>795
なるほど、なるほど、
嫁さんの親や親戚から「お前は医者なのに自分の子供をこんなにしちゃって!」
と責められながらも何も言わずに頑張るんだ?
そうだよ、病気が悪いんだ、誰の所為でもないんだ!と言って頑張るんだね?

799 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:02:10 ID:h1Z4DPmC0
>>798
(嫁さんの)親や親戚から「お前は(医者なのに)自分の子供をこんなにしちゃって!」
などと責められる風潮が、なんでもかんでも医者の責任にして
訴訟を起こしまくる背景にあると思うのだが。

800 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:02:13 ID:O720hi9/0
こういう悲劇を生み出すスパイラルの素地を、このスレの>>1-1000も一緒に作ってるんだよ。
現状を変えようなんて面倒くさいこと、なかなかできないから仕方ないけどね。


801 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:03:20 ID:hKSDPW4cO
>791
たとえ同業者といえどもオレなら診察室で喧嘩だな。そんなタメ口をはいて肩呼吸の重要性も見逃すような低レベルな医師には。

802 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:04:17 ID:bJaiXOIp0
>>776
すまん、MT=ムンテラ
>>796
そだね。訴訟自体は別に良いんだけど、現在の報酬とリスクとのバランスが
悪いんだよね。これだけのリスクがあるならば最低限、給料は1.5倍は欲しいね。
後は現在の夜間当直の条件の悪さ。
1日に見る患者数の上限を決めたり36時間連続労働と言ったムチャクチャな
待遇を改善して欲しい。

803 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:05:01 ID:O720hi9/0
>>801
診察室で喧嘩?
お前もこの医師も、医者やめてくれ。または眼科に行ってくれ。

804 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:08:29 ID:bFqF1V0x0
>>802
で、給料っていくら貰ってるのよ?

805 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:09:34 ID:eSQpXv340
まともな医師ならば
ヒポクラテス、緒方洪庵先生のおっしゃるように
他医の診察の批判は素人の前でしないもんです。

素人の前で、他の医師を批判する医師は、知能も見識も品性も低い。

806 名前:??AE????s?-?@?l?I`?I^ :2005/10/02(日) 11:09:42 ID:mBG+FOJl0
まあ、救急外来では診察・処置室の様子をビデオで残すように法制化してくれると
ありがたいな。

患者さんの利益にもなるし、医者も安心して医療ができる。

807 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:10:56 ID:rPvPX1Rv0
>>770
保険の上限は医療事故一件につき1億円だから足は出る。

808 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:11:33 ID:HWK3QTyw0
無能な医師は恐い

809 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:12:20 ID:bJaiXOIp0
>>804
手取りで50万チョイ、ボーナスが年に計80万くらい

-------------------------------------
「7700万円の賠償命令 高校生暴行死で加害少年に」
ってスレを見つけた。
暴行して殺して7700万かよ、なんだかなぁ・・・。

810 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:12:29 ID:Xoe8QVlNO
とりあえず子供の夜間診療は有料にした方がいいと思う。
以前息子が急に発熱して、みるみるぐったりしだしたんで慌てて夜間診療に飛び込んだら、
熱もない、咳だけ、鼻水だけの子供がわんさかいて驚いた。
待ち合いで一時間以上待ったけど、息子はその間にゲロゲロ吐き出すし、泣きもしなくなるし、凄く不安だった。
診療報酬をちょっと高めに設定したら、急患以外は減るんじゃないかな。
偏見だが、無意味に夜間診療に来るやつってDQNが多そうだし。

811 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:14:46 ID:inthTf+U0

アカヒ伝聞はニュースソースとして不適です。

812 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:14:51 ID:hKSDPW4cO
確かに急性喉頭蓋炎はまれな病気で急変する可能性があるにしても、安易に不可抗力を主張するだけなら、
いつか同様な不幸に遭遇するぞ。

今回の事例から何も学ぶ事はないのか?>all

813 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:19:53 ID:6DWs0H4f0
センターの協力医←外部委託=アルバイト
アルバイトに責任を持たす方がバカだ
今の横浜に昔みたいな行政サービスは期待できません
経費削減 人員整理 外部委託次に来るのは
情報漏れか過労による事故か・・・
パホーマンス市長の偉大な実績ですね!

814 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:20:42 ID:bJaiXOIp0
>>812
いかにも重症そうな患者はQQ隊の情報の時点で断る。

軽そうな症例で重症化した香具師は
不運(ハードラック)と踊(ダンス)っちまった・・って事よ。

815 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:21:46 ID:bFqF1V0x0
>>809
なるほど、安いのかもしれんね。

つかさ、ウチの実家の近くの耳鼻咽喉科なんか
周りの地域に耳鼻咽喉科がないから
シーズンともなると数百人が押し掛けて
診療時間もほんの2.3分で次の患者という流れ作業で
億単位の納税で長者番付に載ってたものな。

そう考えると、普通の医者なんか
馬鹿らしくてやってられないのかもな。

816 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:23:17 ID:O720hi9/0
>>812
逆に安易に医師叩きをやっても、同様な不幸が増えるだけなんですが。

今回の事例から学ぶことなんてない。こんなことは既に何度も起きた。
誰も事態を変える気なんてないことは分かりきってる。

817 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:23:30 ID:h1Z4DPmC0
>>809
ええと、それはつまり、この場合は医者が
「子供が急変したのは、ワシがこっそり殴る蹴るの暴行を加えたのが原因だ」
と主張すれば賠償金は7700万円に減額?

818 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:24:10 ID:8+6lLmtf0
>>810
夜間の診療は有料って・・それもどうかと思うけど。
本当に困っている人だっているんだし。

819 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:26:56 ID:O720hi9/0
>>818
>本当に困っている人だっているんだし。
810は「本当に困っている人」がまともに診療を受けられない現状を打開したいって言ってるんじゃん。

820 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:28:27 ID:eSQpXv340
>>818
タダで良い公的サービスがして欲しけりゃ
税金をたくさん払え。
国民は小さな政府を望んで、小泉・竹中を選んだ。
国の医療への支出は減らされる方針だ。国民は喜んでる。
誰が、ハイリスク、ローリターンの赤字になる夜間小児医療をするもんか。
国民、マスゴミは気狂いか?

821 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:28:49 ID:bJaiXOIp0
>>815
漏れの家は貧乏だから、親を扶養家族に入れて控除を受けて50万チョイなんだよ。
扶養手当・不要控除が無かったら45万くらいになる。
>>817
そうそう、こっそりリンチした方が安くなるこの矛盾・・・。

822 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:30:27 ID:kicEccWf0
>>809 NHK職員の平均年収は1000万超なのにな・・・

823 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:32:04 ID:AXYvYfcv0
バカか
小泉が小さな政府を作ってるか?
どこを小さくした?言ってみろ

824 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:32:22 ID:bJaiXOIp0
>>820
税金を使わなくても夜間は自由診療で良いんじゃね?
交通外傷みたいにね。

自由診療だと、朝になっての重症化が問題になるかな・・。
とにかく36時間労働を打開するためには夜間時間外受診料の大幅な引き上げが
必要。後にかかった分の保険医療費から還付するとかのシステムが必要。

825 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:33:16 ID:eSQpXv340
この裁判の判決は
小児科専門医ですら、
患者の様態が急変して治療結果が悪ければ、
無知な裁判官によって、全て医師の責任とされる。
日本中の医師は夜間小児救急はイラク以上に危険だから今すぐ止めろ
という教訓を教えてくれる。

826 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:34:37 ID:bFqF1V0x0
問題なのは、老人医療じゃないのか?

827 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:37:33 ID:8+6lLmtf0
>>819
うちの子が焼けどして深夜病院に担ぎ込んだ時はそんなに
沢山いなかったけどなあ。
それと発熱や風邪の症状みたいなのだけで緊急に病院行くと
いうわけでもないんだし。パッと見た目だけではワカランと思う。

828 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:37:58 ID:liLtd2ki0
>>823
お母さんまで神経質というか親子そっくりだね

829 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:38:37 ID:WxvxI+jG0
前から何度も言ってるが
全ての施設で救急なんてやめてしまえ!

830 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:38:41 ID:Q+yL2HrM0
>>823
路線は小さな政府だろw
公務員削減するし社会保障費は削ってるし
公共事業費も減らしてるし

831 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:39:13 ID:AMeUY+8wO
偏見ではない。
小児に限らず夜間救急外来では日中と比べれば有意に低所得層──有体に言えば生活保護受給者──の割合が高い。
夜間に外来をした経験のある人なら全国どこの施設の人でも同意してくれると思う。


それには幾つか要因があるが、箇条書きにすれば
・コンビニ感覚で自分が受診したい時間に受診するから
・夜間帯に飲酒などからくるトラブルを起こしやすい
・生活保護には医療保護も含まれており、彼らは一銭も負担する必要がない
と言ったことが挙げられる。夜間の診察料は割高だが、払わない人間には関係ないわけだ。

832 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:40:01 ID:Gu57PQ6S0
>>812

「医師が関与している状況で、子供が死にそうになったら、マットでくるんで
暴行して**した方が賠償金額が安く済む」


833 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:42:23 ID:vluckVhW0
>>809
下手に障害を残して生き残ると高くなる。

むしろサクッと死んでしまった方が(ry

834 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:43:01 ID:VsHnOFm20
医者が詭弁を言いまくっているので念のため書いとく。

1、今回の事件はソースを見て分かるとおり小児科医の忙しさや激務はなんの関係も無い。
2、医師は今回の症例が少ないことを言い訳しているが実際に症例があるのだからそれを考慮して
診断名を下すのが医師の仕事。それを時間をかけてやるのが医師の仕事。
3、患者の多さを理由にしているが、患者が多ければ多いほどミスを無くすように、二重三重のチェックを
することが命に関わる仕事の勤め。現にパイロットなどは激務になっているが仕事内容はどんどんチェックリストが
増えている。

4、今回の賠償金が医療賠償保険の上限を超えるから払われないと言っているがそれは大嘘。
今回の事件で患者が受け取るのは

「 た っ た の 一 千 万 円 」+介護費のみ。

命の値段としては あ ま り に 安 す ぎ る 。

835 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:44:08 ID:hKSDPW4cO
>803>805

それで子供を障害者にさせられた親や患者側を勝訴させた裁判官を罵倒する事は許される事と。

このスレ見ている一般人は医師に好印象持たないぜ。

836 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:45:30 ID:eSQpXv340
>>834 医者でなくて
病気の原因のウイルスか細菌に損害請求をすべきだな。

837 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:46:47 ID:Q+yL2HrM0
>>834
1について、ソースをみても分からん
忙しいから簡単に返さざるを得なかったのでは??
2について、時間をかけるほど余裕があったと書いてある??
3について、そのような余裕なあるシステムをつくりあげるほど
医療機関は儲けてない、診療報酬減額の中さらに
人権費や手間のかかることを行うのは不可能では??
4について、無知でスマソ、どこの1000万という数字が??

838 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:47:14 ID:lccoYT7r0
世の中の女達よ

医者の嫁になるより俺の嫁になった方がなんぼかマシ

839 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:47:14 ID:7Evzogo/0
医者としては期待されすぎると困るとも思うが、仮に判決が患者の負けだったら
とてつもない重荷を患者側は背負うわけで、それを横浜と病院がもってくれるわけだらか
ある意味救いになる判決じゃないか。
医者は優遇されていると思うよ。文句いうな。

840 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:48:12 ID:eSQpXv340
>>839
最近の公立病院は
損害額を医師個人に負担させようとしている。マジで。

841 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:49:36 ID:Q+yL2HrM0
>>839
具体的にどこが優遇されてるかいってみてくれないか??
いってくれたら漏れのモチベーションになるからさ
そしてそれは学生時代の努力に見合うものであり
仕事による訴訟リスク、感染のリスク、
不規則な生活を余儀なくされ、寿命が10年縮むリスクに見合うものかね
どうか教えてくださいなw

842 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:53:09 ID:Ngg5reHw0
何このDQN医者ふざけてるの?被害者カワイソス(´・ω・`)
こんな状態にされたら今後の人生なんて苦痛でしかないじゃん!
一生分の治療費に併せて全財産没収&医師免許剥奪してしまえ

843 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:53:27 ID:JMquTyPQ0
こんな判決やそれに対する医者や市民の反応、ネットのレス
いつも同じでもう事件から学ぶべきことは何もないが
医者と市民を敵対させて、いったい誰の得になるというのだ。

844 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:58:18 ID:O720hi9/0
>834
>1、今回の事件はソースを見て分かるとおり小児科医の忙しさや激務はなんの関係も無い。

ソース読んでも分かりませんが・・・忙しかったとも書いてませんがね。普通は忙しいよ。

>2、医師は今回の症例が少ないことを言い訳しているが実際に症例があるのだからそれを考慮して
診断名を下すのが医師の仕事。それを時間をかけてやるのが医師の仕事。

・・・違うよ。時間をかけちゃダメなんだよ。他の患者が診れなくなるじゃん。

>3、患者の多さを理由にしているが、患者が多ければ多いほどミスを無くすように、二重三重のチェックを
することが命に関わる仕事の勤め。現にパイロットなどは激務になっているが仕事内容はどんどんチェックリストが
増えている。

そうだね。理想はね。でも現実は、小児科医が減れば減るほどミスが増え、また小児科医が減る。
理想論ばかり振りかざしてちゃ、子供は助けられない。

4、今回の賠償金が医療賠償保険の上限を超えるから払われないと言っているがそれは大嘘。
今回の事件で患者が受け取るのは 「 た っ た の 一 千 万 円 」+介護費のみ。

一千万って? どこに書いてあるの?

845 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 11:58:38 ID:bJaiXOIp0
>>843
いや、学ぶべき物は多いだろ。
救急・小児・ギネからの撤退、QOML派の増加etcね。

漏れも今年で医局を辞めた。
現在、病院は基幹病院に勤めているが、2年後の人生プランを考えている。

いつまでも36時間労働は流石に体が持たない。

846 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:00:14 ID:/6mnMDTH0
無能力資格保持者を排除する制度が欲しいね

847 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:00:40 ID:AMeUY+8wO
>>843
医療費削減、病床数削減で不可避な医療の質の低下を医者に責任転嫁できる行政=厚労省

ホント、受益者とサービス提供者が足並みそろえて金を出し渋る財布の尻を叩かなきゃいけないのにね

848 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:01:57 ID:fU7PAeGNO
医者は低所得層の多いネラーの敵
賠償汁!って言う奴は総じてネラーの敵

今んとこ半々ってとこか

849 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:02:58 ID:VsHnOFm20
>>837
1については忙しかったから決め付け診断を行ったわけではない。
第一、忙しくてベッドの空きがなくても要注意の児童を廊下の椅子で2時間寝かせて
経過観察するなどのことはどこの小児科でもやっている。

>2について、時間をかけるほど余裕があったと書いてある??
意味不明だが、決め付け診断が原因と裁判で断定されたんだが?

>3について、そのような余裕なあるシステムをつくりあげるほど
>医療機関は儲けてない、診療報酬減額の中さらに
>人権費や手間のかかることを行うのは不可能では??

今でも勤務医の平均年収は1200万ですが?
この医師のように開業医となるともっと高いですが?

>4について、無知でスマソ、どこの1000万という数字が??

日本の賠償金制度は60歳のときに得られる収入で賠償金を減額される。
年利は5%。この子が5歳と仮定して、1.05^(60-5)=14.6
1億5千万の14.6分の1しか貰えない。
日本の賠償金制度はあまりに安すぎる。

この患者の家族は間違いなく首を吊るよ。
医師は患者ぼろ儲けとかよく言うけど、京都で毒物を藪に注射された家族が
どうなったのかよく調べてみるといい。ほんとに悲惨だよ。
にも関わらず犯罪者医師は息子を予備校漬けにして医学部へ行かせられる国。

850 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:03:06 ID:u7fdchWp0
>>834
言いたい事は分からんでもないがやや同意しかねる。

> 1、今回の事件はソースを見て分かるとおり…
ソースが「あの」アサピだからなぁ。特に会話の部分が記者の創作でないといいけど。

> 2、医師は今回の症例が少ないことを言い訳しているが…
前半。その義務(仕事)に見合った待遇にしてください。
後半。時間をかけてじっくり診察してたら翌朝になっても救急外来で待ってる人はなくならない。

> 3、患者の多さを理由にしているが…
多重チェックできるほど多くの人材(小児科医)がいる、という前提だな。
「救急医療センターを作って開業医を協力医として調達」しなければならないという状況が
どういうことを意味してるのか分かってればそんな夢みたいな事は言えないはずだが。

> 4、「 た っ た の 一 千 万 円 」+介護費のみ
お前さんが信用しているところのアサピのソースには
「総額約1億500万円に加え99年6月から一生涯、男児の介護費用を毎月10〜56万円」
と書いてあるのだが、どこに「たったの一千万円」という表現があるのか教えてくれませんか。

851 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:03:48 ID:Xv2acjtO0
>>840
議論するのもバカバカしいですね。

「救 急 な ん ぞ 金 輪 際 や ら な い 。 」

これで全て解決。

852 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:04:01 ID:AXYvYfcv0
>>830
小さな政府なんて嘘っぱちだよ
お金の使い方が移っただけ
利権が移っただけなんだよ
社会保障削って公共事業削って公務員削減してそれで増税か?
小さな政府ってのは税金も軽くするけどサービスも低下しますって事だ
小泉はサービス悪くしてるだけで税金は軽くしない
その税金は新たな利権に使われてる
バカは騙されやすくていいな


853 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:05:56 ID:VsHnOFm20
>>844
>>2、医師は今回の症例が少ないことを言い訳しているが実際に症例があるのだからそれを考慮して
>診断名を下すのが医師の仕事。それを時間をかけてやるのが医師の仕事。
>
>・・・違うよ。時間をかけちゃダメなんだよ。他の患者が診れなくなるじゃん。

現役の医師みたいだが、おたくは車にひかれて死にそうな患者と風邪の患者を同じ時間で診るのかね?
そんな馬鹿みたいなことを言うほど無知なのならさっさと医師を辞めれば?

854 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:07:19 ID:teCoRqmg0
>>853
風邪の患者を短時間でみたから今回みたいなことになったのでは?

855 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:08:15 ID:VsHnOFm20
一千万に色々とつっかかってくる医師がいるが、勉強してくれ。

http://www2.ocn.ne.jp/~zunou/page40.html

856 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:08:51 ID:O720hi9/0
>>853
>現役の医師みたいだが、おたくは車にひかれて死にそうな患者と風邪の患者を同じ時間で診るのかね?

あなたは現役の医師ではないかもしれませんが・・・
そうであれば同じ言葉を返しましょう。意味はわかりますかな?

857 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:10:47 ID:VsHnOFm20
>>855は遅延損害金のソースだった。

死亡事故での民事の利息算定についての最高裁ソースはこっち。
http://whatever.say.jp/program/snap_shot/site/11188073138656/

858 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:10:56 ID:bJaiXOIp0
>>VsHnOFm20
心筋炎訴訟にしても、割り箸訴訟にしても、急性アルコール中毒訴訟にしても、
今回の訴訟にしても一見、軽症だから帰したんだろうよ。

あんまチョーシくれてっとひき肉にしちまうよ!

859 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:11:33 ID:O720hi9/0
>>855
勉強になりますた。明日はわが身だな。

860 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:11:43 ID:H7SfvI2Y0
>>78
釣りかもしれんが
今つかってるPCがアボーンしたら同じ反応するねコイツ

861 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:16:14 ID:AMeUY+8wO
わかんないと思うよ
一般的な風邪症状しかない時期のクループの診断がむずかしいのは常識だけど
あとからわかって「何であの時に」ってのはよくある話で

初期のクループを車で引かれて死にかけ、みたいなのと同列に考えてる人にはその皮肉は通じないかと

862 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:17:08 ID:kicEccWf0
介護の経験が無い人には介護の辛さは分からないんじゃないかな
約一年間父親の介護を経験したけど・・・一生介護とか自分には絶対に無理

863 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:18:42 ID:u7fdchWp0
>>849
> 日本の賠償金制度は60歳のときに得られる収入で賠償金を減額される。
> 年利は5%。
すまないが根拠となる法律を教えてほしい。
googleで「賠償金 5% 減額」とかで探しても一向にヒットしない。

ただ、今回の件に関しては「ア サ ピ の 記 事 が 真 実 で あ る」という前提で、
この医者は医者である前に人間として問題外。今の医学部の実技試験で「お母さんまで
神経質というか親子そっくりだね」などと言おうものなら不適格として退学ものだよ。
俺が今回の医者を擁護していると誤解されると困るので一応書いておく。

864 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:19:01 ID:O720hi9/0
>>861
ま、別に分かってもらえなくてもいいです。ぶっちゃけ、俺が訴えられたわけではないですからね。
俺は小児科には行かない。婦人科にも行かない。
救急にもいかない。手伝いでも行かない。
QOMLマンセー。
だからミスしない。

それでいいです。

865 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:20:37 ID:I1RRXlSM0
医療ミスによっては莫大な保障を支払わされる事もある。
「白い巨塔」というテレビドラマも有ったな。

そんなん、とっくに当然の事じゃないか。
だから病院は医療過誤の保険に入れと言うのだ。

日本に存在しないのなら、金融庁や保険会社に働きかけて作らせろ。
何のために日本医師会は自民党の代議士に何億円も払ってるんだよ。

866 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:20:50 ID:7Evzogo/0
>>841
現在の医療は、実際は医者も患者も綱渡りということですか。
小児科の激務は聞きますが、そこは医者はこれまで政治家とつるんできた割には
おかしな話ですね。何故いつまで経っても改善されないのか?何のための献金か?
医者自身も儲かるところにエネルギーを注入して、儲からないところは見向きもしないという思想が
支配的なのでしょうか?それとも小児科の先生には、外科医や内科医と比較して、一段落ちると言うか
はくがないので発言権がないとか。医者も被害者とするならば、その改善に向けて医師は努力はあるのか?
まさか医師内での力関係で、小児科は冷遇が続くのか?だとしたらそれは医師の責任ではないか?

医師としての責任がまっとうできない上に、自分の寿命まで危機的に追い込まれている

こんな悲惨な話もないと思いますが、医師の世間的な地位や生活ぶり、政治家との癒着ぶりを
これまでずっと新聞やテレビで観てきた自分の経験からすると、何か違和感を感じます。
そんなに苦しいのですか?所謂最下層に属する人と同じくらい?医者が?
外科医とか一部の特権階級の医師が、全て総取りするからそのしわ寄せで苦しいのですか?

医者が激務なのは分かりますが。


867 名前:863 :2005/10/02(日) 12:21:42 ID:u7fdchWp0
>>857
トンクス。
これは交通事故だけじゃなくて、全ての賠償に対しても適用されるのかな。

868 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:22:09 ID:O720hi9/0
>>865
保険あるよ。

869 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:25:18 ID:VsHnOFm20
>>856
2chと命を預かる職業を同じにするのですかw
さすがお医者様。先生と呼ばれる人は違いますな。

>>858
割り箸は結構微妙wwだがその他のおたくが挙げた例はすべて医師の怠慢だわな。
経過観察をきちんとやらずに決め付けて返したのが原因。
開業医は経過観察をせずにすぐに追い返すものな。
幼児がもっと悪化したら親はあそこの開業医=藪と決め付けて大きめの病院に駆け込む。
で、勤務医の体制が悪化するのループになってるんだろ?

だが、今回の医師が藪だったことは明らかだろ?
症例がいくら少なくてもそれを考慮するのが医師の仕事だぞ。

>>861
はいはい。そうだねぇ。( ´,_ゝ`)プッ

870 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:25:42 ID:hKSDPW4cO
>816
オレの書き込みの内容が教訓だよ。
経過観察がそれほど難渋な事か?
この事例だって観察室で休ませておけば対応できた。

871 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:27:01 ID:I1RRXlSM0
>>868
保険があると、巨額の支払いに耐えられる他に、
交渉や裁判を保険屋に任せられる利点もある。

保険料は医療費全体の金額を上げることになるだろうが、
仕方があるまい。

あと、このような子供の場合は仕方が無いが、保障の算定にあたっては、
例えば自動車の運転頻度、喫煙の頻度、飲酒の頻度などを勘案し、
「医療過誤が無くても勝手にあぼーんしたであろう確率」を控除すべき。

872 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:27:13 ID:O720hi9/0
>>866
小児科医は、ボランティアみたいなもんさ・・・甘ちゃんが多い。
こういう事件で甘ちゃんが気づくわけよ。

ああ、俺には小児科はムリだ、と。

誰の責任とか言っても始まらない。とにかく小児科医は減るし、事故は増える。

873 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:28:26 ID:bJaiXOIp0
>>866
医師会は開業医の事しか考えていないんですよ。
勤務医は労組もない、労働改善については緊急応酬義務とか診療拒否が
認められていなくて法によって縛られている。

外科は特権階級じゃないよ。
外科も小児も・・最終的には内科も医者の中では割に合っていない。
現在の外科離れは深刻だよ。確か2年間でマイナス数%になっていたと思う。

政治化との癒着は医師会や厚労省の問題であって一般勤務医は何の
メリットも受けていない。

本当に医者不遇の時代です。
「イヤなら辞めろ委員会」にちょっと同意してしまう。

874 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:29:19 ID:O720hi9/0
>>862
介護は辛いね。自分の親だとなお辛い。

875 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:30:05 ID:7Evzogo/0
>>872
一般人の感覚からすると、ベンツに乗らなくてもいいからトヨタ車に乗れるくらいの収入にして
そのぶん医者を増やして欲しい。そうすれば激務からも開放されるのでは?
そういった方向の努力は医者としてはあるのでしょうか?

876 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:30:48 ID:cTSmK/TZ0
親は儲けたな!俺も子供を小児医に障害児にさせて大金ゲットするぜ!

877 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:31:05 ID:Xv2acjtO0
>>869
経過観察で劇症型心筋炎を救命できるあなたは神ですね。
風邪の子供が一気に心不全、心室細動。で、死亡だよ。
最初から集中治療室にいれば助かったけどね。
風邪の子供をは全員集中治療室に入れるか?

878 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:31:33 ID:O720hi9/0
>>856
>2chと命を預かる職業を同じにするのですかw
>さすがお医者様。先生と呼ばれる人は違いますな。
遠まわしに皮肉をした私が悪うございました。
もう少しご意見を噛み砕いてくだされば光栄です。

>>875
医者の総数は余ってます。
小児科医が足りないんです。OK?

879 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:31:44 ID:bJaiXOIp0
>>869

>割り箸は結構微妙wwだがその他のおたくが挙げた例はすべて医師の怠慢だわな。
>経過観察をきちんとやらずに決め付けて返したのが原因。

多くの感冒症状で経過観察入院が必要って事でFA?

880 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:31:48 ID:5Yx3lkmC0

 目医者がいいですよ



881 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:31:55 ID:u7fdchWp0
…ん?ちょっと待てよ。
原告は「約2億円と介護費用の支払いを求め」てたんじゃないのか。

となると、>>834
> 「 た っ た の 一 千 万 円 」+介護費のみ。
> 命の値段としては あ ま り に 安 す ぎ る 。
という指摘は、単に「悪徳医者は何千万も儲けてるんだから、
たった一千万ぐらいのはした金払った所で痛くもかゆくもないだろ、もっと搾り取れよ」
っつー妬みに満ちたミスリードでしかないのか。

真面目に反応した俺がバカだったな。消えるわ。
マスゴミの作った虚像の中で医者を叩いて思う存分憂さ晴らししておいてくれ。
この国の医療がどうなろうと、俺にとっては別に関係ないからな。

882 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:32:31 ID:VsHnOFm20
>>877
心筋炎ってどの事件のことを言っているんだ?
話がずれてるかも。

883 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:32:54 ID:rCXplvCL0
殺した方が安上がりだったな。

884 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:34:30 ID:5Yx3lkmC0

裁判官=大岡越前>>>>>>>賎業=医師



885 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:34:49 ID:/6mnMDTH0
>>872
甘いは甘いでも自分に甘いから過失が生まれる
自分を患者から開放したくてミスを犯した

886 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:35:34 ID:VsHnOFm20
>>881
死亡事故の場合、民事で訴えて訴額を決めるときは生涯賃金で決定するから
2億を求めるの。で、判決も生涯賃金で出すの。
でも支払いは控除される。

分かりますかい?

これでも分からないのなら村役場に月一回巡回法律相談が来るからそこで聞くか
法律板で聞いてくれ。

887 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:35:36 ID:bJaiXOIp0
>>875
厚生省が「医者余り」というプロパガンダを国民に押し付けたなれの果てが
現状さ。
医者が努力して医者数が増えるのかな、さらに定員が増えても使える様に
なるのには最低10年以上かかる。
そもそも、診療報酬引き下げの風潮で医師定員が増える事自体が難しいでしょうよ。

888 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:35:36 ID:Xv2acjtO0
医者がカローラしか買えない程度の年収になるってことは、
現在カローラしか買えないようなレベルの人材が医者になるってことだよ。
いいんじゃない。

889 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:36:27 ID:EYvYpiq40
>しかし、男児は深夜になって「おのど、どうしたんだろう」と呼吸の苦しさを訴えた。

甥っ子がこの年頃なんで、他人事とは思えないんだよな…
ごめんちょっと泣かせて(´;ω;`)

890 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:39:53 ID:9PJXf301O
医療ミスって日常的なものでしょうね、たぶん。
看護師の仕事観てたら普通にそう思う。
オレの親父、検査入院の当日亡くなったよ、ガンの疑いで入院、心筋梗塞で死亡。
結局、世間の目もあって何も起こさなかったけど。

891 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:40:06 ID:O720hi9/0
>>885
そうだよ。
自分に甘い奴が、こういう事件見て小児科やめてるだけだから、
まあ普通といえば普通なんだが、
甘ちゃんの手も借りたいのが小児医療なのでして。

>>886
法律の話をするときは正確に話してくんろ。
死亡事故じゃなくても、今回のケースでもそうなると考えてよろしいのね。

892 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:41:54 ID:s7Ge2Jo/0
教師や警察官がミスをして損害賠償請求されるときは個人ではなく県や市に
賠償を求められる。爆弾新聞記者の場合も会社が支払った。
医療訴訟の場合はどうして医師に賠償を求められるんだ?


893 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:42:09 ID:Xv2acjtO0
>>890
心筋梗塞のどこがミスなんだ?

894 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:42:39 ID:O720hi9/0
>>890
状況が分からんと何とも言えませんが、それは訴えないまでも調査を希望した方がよかったのでは?

895 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:43:05 ID:1QqeOZhJ0
近所の小児科医、強い薬を多量に出したり、しつこく検査することで有名なんだが、
(小児科医が少ないので、それでも流行ってる)
自己保身のためかもしれんな。

896 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:43:56 ID:bJaiXOIp0
>>882
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1115262683/l50
「嘔吐(おうと)する などしたため同病院で受診。
医師は気管支炎と脱水と診断し、
経過観察のため入院。女児は腹痛が続き、嘔吐を繰り返したが、
一晩中点滴を続けた。翌16日朝、医師が異常に気付いたが、
心筋炎による急性心不全で死亡した。 」

心電図を取らなかった事で負けたらしい。
つまり、感冒様症状では心電図を取らないと訴訟に負けるって事でしょう。

漏れは小児循環器は分からないが、成人の場合はECGだけで診断をつける自信は無い。
成人の場合だと、非特異的なECG所見など山ほどある。
明日は我が身だよ。

897 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:44:16 ID:RABckFsA0
いまさらだが
医者って大変だな

898 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:47:01 ID:VsHnOFm20
>>891
医療の話をするときも正確に話してくんろw

なんらかの障害が残った場合の訴訟での、逸失利益の換算方法は同じだよ。

>>892
最近は個人への賠償請求も多いよ。
今個人を訴えられないのは裁判官、検事、皇族のみ。

あまりの誤審で弁護士が立ち上がり、弁護団が千人を超えた遠藤事件という事件で
国を訴えたが裁判官を証言台に呼ぶことすら出来なかった。

裁判官には弾劾制度があるけど、まともに機能してない、と言うか弾劾申請がDQNからの
申し立てしかない。

899 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:48:11 ID:O720hi9/0
>>896
げえ・・・
小児科医じゃなくてよかった。

900 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:49:19 ID:s7Ge2Jo/0
>>899
去年頃だったかな。結構もりあがったよ、この話題。

901 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:49:38 ID:VsHnOFm20
>>896
来院時に心筋炎を発症していたのであれば、ブラックジャックでも無理かと思います。
出来るのは家族への説明と、予後を良くする事ぐらいかと。

失礼しました。

902 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:50:13 ID:O720hi9/0
>>898
あえてそこで皮肉がくる理由が分からんが、教えてくれてありがとうございます。
俺は正確に話してますですよ。

903 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:51:36 ID:WxvxI+jG0
そもそも文系の裁判官が
医療訴訟についてまともに判断できてるとは思えないよね

904 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:52:23 ID:O720hi9/0
>>900
自分とこの麻酔科の混乱でそれどころじゃなかったです。
もっと外にも目を向けないと世間知らずになっちまう。気をつけよう。

905 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:54:28 ID:bJaiXOIp0
>>904
うんうん、医者板は時々目を通しておいた方が良い。
実際、医療訴訟やらリスクの実態を知らなかったら、漏れもドロップアウトを
しなかったよ。

906 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:55:03 ID:V4h53jZ+0
不謹慎なのは承知の上だが
この事故で不幸なのは「一命は取り留めた」ことなのだろうな。
双方にとって。

907 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:56:30 ID:O720hi9/0
>>905
汚い世界ですなぁ。

>>906
市民、それを言ってはいけません。

908 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:57:56 ID:gmc9Aa6vO
とにかく1パーセントでも可能性があれば検査はしなくてはならないし、患者は検査がいくら多くてもいくら高くても一切の文句は言ってはならないということだ。


909 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:58:16 ID:Xv2acjtO0
>>899
今頃知ったの?甘いよー。
うっかり小児なんか診た日には人生破滅のいい教訓なんだから全ての医者が知っておくべきだよ。


910 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 12:59:20 ID:vluckVhW0
>>906
まぁ、真実ではある。

911 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:00:36 ID:O720hi9/0
>>909
うはwwwwwwwwwやっぱ放射線科最強wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
もしくは整形wwwwwwwwwwwwwwwwwうぇうぇうぇwwwwwwwwww

912 名前:厚生労働省 :2005/10/02(日) 13:02:06 ID:qcty/rQ50
で、今回の鑑定も八尾のモリゾー大先生ですか?


913 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:02:22 ID:eYkf9Zi+0
親が死んだ後この子供はどうなるん?

914 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:02:51 ID:y9e94Fk30
>>903
理系の裁判官ならまともに判断できるとおもうのか

915 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:03:40 ID:O720hi9/0
>>913
あまり言いたくないが、親より長生きできるとは限らない。
これが何を意味するか。
「いっそ死んだほうが・・・」というのが一理ある訳がそこにある。

916 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:03:48 ID:Xv2acjtO0
>>914
東大医学部卒の判事がいたよね。結構、まともらしいよ。

917 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:05:09 ID:eYPFjgi+0
まあ、いいよ。

俺は小児科・産婦人科・外科などの奴隷科で、命を救うために一生懸命働いても
国民から憎悪しか向けられない科なんて、ノー眼中だし。

小児?
診たい奴がみればいいでしょ。
お得意の市場原理なら、「需要と供給」が何とかしてくれるんでしょ。

918 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:06:43 ID:O720hi9/0
俺も楽な科で儲けさせてもらいますよ。今後も。

919 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:08:56 ID:BS5k+X7K0
もう公立病院とはおさらばできる。
二度と救急外来なんかやらねえ。
あんなもん研修医にやらしとけ。

920 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:10:07 ID:s7Ge2Jo/0
でも医療訴訟は実際には内科が一番多いようだね。
医師一人あたりでは産婦人科のリスクが一番高いようだけど。

921 名前:厚生労働省 :2005/10/02(日) 13:10:46 ID:qcty/rQ50
夜の宿直手当1万円。
時給換算800円。
これで夜間救急支えているわけだからねえ。この国は。

922 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:11:05 ID:+w+ToSZcO
この訴訟も起訴から判決まで6年かかったのか
医療裁判って大変だねえ

923 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:11:22 ID:VsHnOFm20
>>902
正確に話しているのなら、>>844
>>2、医師は今回の症例が少ないことを言い訳しているが実際に症例があるのだからそれを考慮して
>診断名を下すのが医師の仕事。それを時間をかけてやるのが医師の仕事。
>・・・違うよ。時間をかけちゃダメなんだよ。他の患者が診れなくなるじゃん。

についてきちんと説明していただきたい。
もちろん短時間で診断名を下せるのが名医であることには同意できるが、どうしても
診断が下せない場合がある。その場合は経過観察をするしかないのでは?
他の患者が待っているからではなく、懐具合が理由であることが垣間見えます。

頭痛全員にCT、腹痛全員にエコーやってたら皆保険崩壊しますし。
まぁ、レセプト返ってきますがw

食事でちょっと離脱するので1000超えてたら次スレでレスします。

924 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:19:12 ID:O720hi9/0
>>923
とにかく、質問に答えればいいんかね。

>どうしても診断が下せない場合がある。その場合は経過観察をするしかないのでは?
基本的に、肯定する。
しかし「風邪だと思うが念のため経過観察しましょう」では病院が溢れちゃうよ。

「もっと検査・経過観察すべきだが帰した」患者1000人のうち、1人が重症化して死ぬわけだ(数字は適当)。
現実問題として、経過観察ほど手間のかかる医療行為はないよ。
まあ俺は関係ないけどね。

925 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:20:10 ID:bJaiXOIp0
>>923
心筋炎は経過観察入院をしていても負けたよ。

>頭痛全員にCT、腹痛全員にエコーやってたら皆保険崩壊しますし
感冒様症状は検査無しに経過観察入院がベストでFA?

926 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:21:24 ID:WxvxI+jG0
様子をみたいので入院をすすめても
ほとんどの患者が拒否するんだよな

アホらしくてやってらんねーよ

927 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:22:36 ID:hKSDPW4cO
>896
スレ落ちしているから新聞記事を読んだが。

心筋炎の診断が難しい点、診断できたからといって救命できたかという点には同情するが、治療に反応していないうえに家族の訴えも無視して一晩中放置していたのは問題でしょ。
不可抗力を裁判官に認めさせる技量が足りなかったのも一因。

928 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:24:53 ID:O720hi9/0
家族の訴えか・・・
無駄な99%を聞き流して、1%の役立つ情報を抽出できる医師なんて、なかなかいないよな。
これはただのぼやきだが。

929 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:25:13 ID:bJaiXOIp0
>>927
>治療に反応していないうえに家族の訴えも無視して一晩中放置していたのは問題でしょ

そうか、バイタルの変化が無いと漏れは感冒は放置してしまうが・・。
流石にバイタルに変動があれば対処する。
この心筋炎の場合では変動があったかどうかは不明だけどね。

漏れもそのうち負けるかな。

930 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:27:11 ID:hKSDPW4cO
風邪を全員経過観察、入院させる程度なら受付の事務員でもできる。医師の技量なし。
今回の事例は肩呼吸してたんだってば。

931 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:27:23 ID:qSAOMZttO



おのど、どうしたんだろう


これ、最後に発した言葉なんかな…‥(ノД`)

932 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:28:24 ID:sAa5yXLN0
医者って…。カワイソス

933 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:28:32 ID:O720hi9/0
>風邪を全員経過観察、入院させる程度なら受付の事務員でもできる。

いやできねーってw
「経過観察」という判断を下すのがどんなに難しいかわかってんの?

934 名前:>927 :2005/10/02(日) 13:29:03 ID:eYPFjgi+0
>家族の訴えも無視して一晩中放置していたのは問題

家族は再三入院を求めたのに取りあわなかったって事?

自宅にいて家族が看ているのに「一晩中放置」とは、
家族は居ても居なくても構わない空気の様な存在って事?

935 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:29:27 ID:zVKVS0Qg0
Q何故小児科が激務なのか?

A医師が不足しているから。

Q何故医師が不足しているのか?

A人員が限られているから

Q何故増やせないのか?

A金がかかるから

Q何故医者は贅沢できるのか?

A給料が高いから。

Q少し給料を減らして、人員を増やせば?




A   希望します


936 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:29:31 ID:hKSDPW4cO
バイタルに変動がくる時点で腰をあげるようじゃ失格だな。研修医に指導できる器じゃない。

937 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:30:03 ID:Xv2acjtO0
>>929
心筋炎の診断がついていない状態でのモニタリングじゃどっちにしても同じ結果。
同じことしていても気管支炎なら経過観察、劇症型心筋炎なら放置ということになる。
素人はこれが分からないから文句を言うんだよな。
全員を集中治療室に入れなきゃいけなくなる日も近いかもな。

938 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:30:58 ID:La8kBmYr0
>>921
だから何か?

939 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:31:59 ID:sAa5yXLN0
医者が安心して医療行為できる制度の整備が必要。
地雷原多すぎ。

940 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:32:18 ID:IsOZ0dWMO
おごり高ぶった医者に
ありそうな対応だな

941 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:32:58 ID:Xv2acjtO0
>>938
少しは感謝しろよ。ボランティア精神で支えられているんだから。ということ。
俺はボランティアは絶対しないから訴訟とは無縁。俺は勝ち組医者。

942 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:33:11 ID:hKSDPW4cO
>934
入院させていたんでしょ、この症例。
で点滴治療を開始しても一向に改善しない子供を見て家族が医師の診察を希望したが看護士のほうがかけあわなかったってこと。

943 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:33:20 ID:zVKVS0Qg0
医者を誹謗するつもりはありませんが、聞きたい。

激務で給料が高いほうが良いか、余裕をもった勤務で給料が高くないほうが良いか。


医師として、個人として、どっちがいいのでしょうか?

944 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:33:50 ID:O720hi9/0
Q何故小児科が激務なのか?
×医師が不足しているから。
○小児科医が不足しているから。

Q何故医師が不足しているのか?
×人員が限られているから
○誰も小児科医をやりたがらないから。

Q何故増やせないのか?
×金がかかるから
○小児科は人気ないから。

Q何故医者は贅沢できるのか?
○給料が高いから。

Q少し給料を減らして、人員を増やせば?
×希望します
○小児科以外の医師が増えるだけ。 というか給料減らしたら逆に人員減るんじゃ・・・

945 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:34:42 ID:AhwxiiXo0
地裁でこんなに一般的価値観から見ても常識を備えた判決を見たのって久しぶり。

946 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:35:16 ID:Xv2acjtO0
>>943
安くてもいいよ。でも、高給目指して人材が他業種へ移動する。
上にも書いたが、カローラしか買えない給料なら、今カローラしか買えない層が医者になるよ。


947 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:36:45 ID:O720hi9/0
判決はいいんだよ。この件は。医師が悪いんだから。
問題は、小児科医がまた減って、医療事故がさらにおきやすくなることだ。

結局気の毒なのは子供よ。子供。

948 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:36:56 ID:LQzznMSW0
医療過誤のニュースあると
大抵工作員が免責せよって言うけど
頭おかしいよな…

問題を誤魔化してるとしか思えん

949 名前:>943 :2005/10/02(日) 13:37:19 ID:eYPFjgi+0
給料高くないなら、医者になんてならなかった。

医者になってはみたものの、その労働量は「激務」の域を超え、
違法労働行為が蔓延し、完全に個人の人権を侵害していた。

以上。

950 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:37:47 ID:zVKVS0Qg0
>>944
給料を増やせば激務でなくなるのですか?人が増えるから?それは無理でしょう。
人を増やして激務から開放し、個人の給料を、その文余裕をもった仕事に応じた金額にするのは嫌ですか?

951 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:37:56 ID:0n9o/12O0
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2003/01/txt/s0115-4.txt

全くご指摘のとおりです。「後医は常に名医なり」という言葉もあって、あとになっ
て症状が出そろった段階ではもちろん、誰でも判断がつくわけです。それをどの程度の
兆しの段階で判断をすべきだったのか。(中略)
毎年、これぐらいの季節に経験しているのは急性喉頭蓋炎による死亡事故です。海外
の教科書では小児に多いと言われています。アジア人、とりわけ日本人には成人にもた
くさんあります。いま、喉が痛いといって外来にいた患者が、急性喉頭蓋炎というのは
教科書によれば大体、短くて20分ぐらい、長くて2〜3時間のうちに上気道が閉塞して
窒息死します。普通のドクターの感覚で言うと、そういうものは1万分の1、あるいは
10万分の1の確率なので、「喉が痛い」と言われたら「風邪でしょう、お帰りください
」、そして「お薬を出しておきましょう」という対応をするわけです。その何万分の1
かの確率で毎年、急性喉頭蓋炎の死亡事故が起きています。
 結果から遡れば、こういう事例をどうして見つけられなかったのかという話になりま
す。しかし、果たして、どれだけのドクターが「喉が痛い」といってやってきた患者
に、そこまでの判断ができるだろうかという事例があります。

952 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:38:26 ID:aWFLOPJ7O
これはあれだ。医療は完全国営化するしかない。


953 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:38:48 ID:O720hi9/0
>>948
だってさぁ、カスの手も借りたいほど小児科はやばいのよ。
免責とかいってる連中の言い分も頷けるよ。

954 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:39:54 ID:LmZ4i5BR0
ちょっと質問
例えば他の、命を扱う仕事とかで
こうなるような怪我させた場合ってどんな判決になる?

医者の対応は問題なく、怪我した側に過失がないとして。

955 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:40:37 ID:j7lX4Km80
この医者、晒せない?

956 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:41:01 ID:4S5JpeW90
以前夜中に激しい腹痛がおきて、普段なら我慢するのだがあまりに激しいので
母親起こして車で救急病院(でかめの総合病院)に連れて行ってもらった。

担当した医者は、すごくめんどくさそうに触診して「ここ痛い?」とか聞いてくる。
「すごく痛いんですけど」っていうと、うーん困ったなあって顔して一言。

「どうも私には君が痛がっているように見えないんだけどなあw」

結局下痢止めの薬だけ出してくれて終わり。

後日別の病院で「急性腸炎」と診断されて2日入院した。
あの医者が免許持ってること自体が不思議だった。

あ、母ちゃんごめんな。23歳にもなってこんな息子で。

957 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:42:32 ID:XLLDjlYh0
ワシも以前、救急にかけこんで
「経験上、この症状はウイルス性のものなので抗ウイルス剤を点滴してくれ」
と頼んだが、バカ医者が頑固に
「いえ、これはアレルギーです。抗アレルギー剤を点滴します」

抗アレルギー剤を点滴している間にも急速に湿疹が広がっていったが、そのまま帰された。
結果、湿疹が全身に広がり爛れて重症化し、10日間入院するハメになった。
痕が消えるまで何ヶ月もかかった。

これも賠償請求したいくらいだったよ。
医者の判断ミスで精神&肉体&経済的に酷い痛手を負った。

958 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:43:05 ID:zVKVS0Qg0
>>946
医者としては給料よりも、余裕のある仕事で患者のリスクを減らしたいと言う発想は少数派ですか?
>>949
給料は安いのですか?高くて激務は当たり前で、それで文句いうのは親もお医者様のお坊ちゃまですか?

959 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:43:46 ID:O720hi9/0
>>950
>人を増やして激務から開放し、個人の給料を、その文余裕をもった仕事に応じた金額にするのは嫌ですか?

まあぶっちゃけるとね、小児科が人気ないのは激務だからじゃないんですよ・・・
儲からないというのも違う。

産科と小児科はその特性上、絶対に不人気になる宿命なんです。
あんま言うとやばいから、俺は落ちます。はなまるうどんで飯食ってくるか・・・

960 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:45:03 ID:fZubxYkB0
>>933
出来るでしょ。
判断を下すのが難しいのは選別をするから。
何から何まですべて同じ扱いならそこに判断は存在していない。

961 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:45:13 ID:vluckVhW0
い や な ら 辞 め ろ

代 わ り は い く ら で も い る

自 分 は 必 要 と さ れ て る な ん て 妄 想 し と ら ん か ?

い や な ら 辞 め ろ

代 わ り は い く ら で も い る

毎 年 七 千 人 も 新 人 医 師 が 増 え る の を 知 ら ん の か ?

962 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:46:25 ID:qcty/rQ50
急性腸炎で入院させる病院こそ藪ですね。
または、金儲け主義の病院だな。
入院適応なんてないじゃんね。

963 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:46:30 ID:O720hi9/0
>>960
本当に何から何まで経過観察した場合の話ですか!?

それはその時点で医療ミスです!
経過観察が禁忌だったらどーすんの!

964 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:47:04 ID:Gu57PQ6S0
>>961
タイミング悪いよ>委員の方

965 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:48:32 ID:O720hi9/0
>>961
はいやめました。小児科を。
これからもやめる人いっぱいいると思います。
おかげで小児科は危機的状況ですが、知ったことじゃありません。

ていうか、早くうどん食いにいけって話ですね。落ち

966 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:49:18 ID:zVKVS0Qg0
>>949
すいません。レスして下すったのに、酷い言葉を吐いてしまってすいません。

967 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:49:35 ID:XMG14TZU0
夜の救急なんてアリバイ作りに人がいるだけで
そいつが医者だなどと思うな。

968 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:49:56 ID:fZubxYkB0
>>961
その七千人、医者に対する甘い幻想を元に医学部に入学する奴未だに多数。

そして需要に対して医者が少ない現状では既存の医者も必要とされているのは事実。
今は超長時間労働を前提にしているから一部では医者余りなんて事を言っている地域
もあるが。
需要を減らしたいのなら皆保険制度をなくすのが一番。アクセスもおもいきり悪くするべし。

969 名前:age ◆0U7/G8Nnnw :2005/10/02(日) 13:53:25 ID:WrdxOo1q0
アントクアリウム

970 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:53:58 ID:fZubxYkB0
>>963
俺が言い出した事じゃないが、その結果責任については知らないよ。
元々言い出した人はその結果色んな事が滅茶苦茶になるけどな、という意を含んで
発言している訳だろうし。

971 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:54:40 ID:s7Ge2Jo/0
乳幼児医療費免除なんて制度は廃止したほうがいいだろうな。
熱が出たくらいで、どうせただだから利用しようと言う感じで受診するのが
多すぎる。夜間救急外来を受診する小児の9割くらいはその必要性がないものだろ。
事前確率が下がれば正診率もさがり、今回のような誤診もおこる。

972 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:55:41 ID:LQzznMSW0
小児科医と産婦人科医が人気無い理由を教えてくれ

973 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:56:48 ID:Gu57PQ6S0
>>958
> 医者としては給料よりも、余裕のある仕事で患者のリスクを減らしたいと言う発想は少数派ですか?

どちらにしても程度によるよ。私の場合、これ以上給料下がったら医師辞める。

> >>949
> 給料は安いのですか?高くて激務は当たり前で、それで文句いうのは親もお医者様のお坊ちゃまですか?

前に書かれてあることを、良く読みましょう。単にリスクと報酬のバランスが
取れなくなったので、文句を言っているだけ。また、私も人間ですし子供もい
ますので、このまま小児科などが崩壊されると困るんですよ。
(ターニングポイントはとっくに過ぎており、日本の医療は崩壊すると思うけど)

974 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 13:59:55 ID:WxvxI+jG0
>>957
それ抗アレルギー薬の点滴をしたからそれくらいで済んだんだよ
しなかったらもっとひどいことになっていただろうね

なんで以前ウイルスって診断されたとこに行かなかったの?

975 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 14:00:36 ID:fZubxYkB0
>>972
俺はようしらんが、一定の確率での死亡・死産とか重篤な障害の発生は前提なの
に、医者の責任とされて訴訟を起こされるリスクが高いからとか?

そういえばアメリカで医療訴訟の事例を調べた医療事故研究グループは
「医者の責任を認める判決かどうかと、医療ミスの有無・ミスのひどさに相関
 性は無く、結果の重大さ(死亡か軽微な障害か)に相関性が有った」
と結論を得たそうな。

それはそれで怖いな。もっとも、アメリカのこの傾向は陪審員制度も深く関わって
いるんだろうけど。

976 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 14:01:13 ID:wE1sLgt0O
このガキを殺せばいいだけだろう。
一人くらい死んでも世の中変わらない。
この子はどっちにしても生き地獄だからな

977 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 14:03:00 ID:NCx+uoaV0
>957
症例報告ですな

978 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 14:07:09 ID:UesFqWCa0
>>976
自殺する意思があるなら別として、お前がごちゃごちゃ言う筋合いはないよ
お前が死んでも世の中変わらないからお前も死ねば?


979 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 14:07:45 ID:+0YUtCYN0
乳幼児医療費免除を廃止すべきというより
夜間救急外来においては、朝まで放置しても問題のない
患者はお断りすればいいのに。
緊急をようする患者のための救急じゃないの?本来。

980 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 14:09:28 ID:s7Ge2Jo/0
>夜間救急外来においては、朝まで放置しても問題のない
>患者はお断りすればいいのに。
誰がどうやって判断するの?


981 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 14:10:25 ID:R0RlnEt40
>>979←βακα..._〆(゚▽゚*)
>朝まで放置しても問題のない患者はお断りすればいい

診察もせずにどうやって判断するんですか?
貴方は超能力者?www

982 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 14:11:36 ID:WxvxI+jG0
判断できないから診察するしか無いんだよね
スパイラルは続くよ

だから救急外来なんて全て廃止してしまえば良い。

983 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 14:11:53 ID:Gu57PQ6S0
>>978
> お前が死んでも世の中変わらないからお前も死ねば?

これを繰り返すと、人類が滅亡する。世の中が変わったと言うべき状況だと思
いますので、あなたの前提が間違いということになります。

>>979
ヒント:応召義務

984 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 14:12:23 ID:+CbHvjpd0
まぁ、そういう運命だったんだろう

これ幸いと、医師に責任押し付けるのはどうかと思うが

985 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 14:12:33 ID:6YfKx0fyO
>>976

お前!まじ地獄に堕ちろ!!

986 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 14:12:38 ID:AtQgSGxb0
>>972
小児科は子供が症状を的確に表現できないので診察に時間がかかり
難しい。なかなか儲からない。さらに、馬鹿みたいに逆切れする親が
いるからやりたくないよな。

987 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 14:13:55 ID:XLLDjlYh0
>>974
それはちがう。
ウイルス性疾患に対して、抗アレルギー剤を用いても何の効力もないことを、
のちに、他の医師も言明していた。

それ以前に、まったく同じ症状の時、
抗ウイルス剤を点滴してもらったら、点滴中からみるみる症状が引いた。
だから>>957の時も、抗ウイルス剤を点滴してくれていたら
その場で治まり10日も入院するハメにはならなかった。

988 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 14:14:25 ID:c/jSLZ520
>「4歳ぐらいでのどが苦しいなんて言うかな」
>「お母さんまで神経質というか親子そっくりだね」

口は災いの元。これさえ言わなきゃねえ。

989 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 14:15:05 ID:VsHnOFm20
>>924
>しかし「風邪だと思うが念のため経過観察しましょう」では病院が溢れちゃうよ。

入院させれば溢れるがそうでなければ可能。
藤沢の某病院で実践してる。

>「もっと検査・経過観察すべきだが帰した」患者1000人のうち、1人が重症化して死ぬわけだ(数字は適当)。
だから帰すな、と主張しているわけで。

990 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 14:15:22 ID:cVlvHtgH0
>>986
薬関係の問題があるので子供は大変だったと餓鬼の頃通ってた医者が言ってたがそういうことじゃないのか。
少子化も進んでるし。

991 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 14:15:54 ID:+CbHvjpd0
まぁ、最高裁が判断したわけでも  ないしね

992 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 14:16:33 ID:0n9o/12O0
いつか、テレビのドキュメンタリーで、夜中小児科医の診察を受けられず、
子供を亡くしたお母さんが言ってた。

「究極的には、私たちで小児科医を雇うしかない。」

この感覚はまったく正しい。
小児医療は今のままではまったくダメなのだが、現場でそれこそ不眠不休で
働いている小児科医自身に改善を要求しても、まったく見当違いなのだ。

まっとうな医療を受けたければしっかりお金を払い、きちんと交代で診療でき
るだけの人数の医師を雇う。ただ、個人でやるのではなく、公的な機関を通し
てやるべきだが。結局、政治の問題ということになるね。

993 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 14:16:54 ID:sCC0XNEHO
>>979
自分の中では最高の意見だと思ったんだろうなW
バカ

994 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 14:17:53 ID:Gu57PQ6S0
>>987
まぁ、なんだ...
「ファルモルビシンを300mgでも点滴してもらえば良かったんだ」
とそう言いたい訳か?


995 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 14:18:07 ID:+0YUtCYN0
えと素人の意見だからバカな書き込みして悪かったけど
受付に問診の出来る医師免許を持ったものを配するとか
コンビニ的に医療機関を利用する人が増えてきて
手が回らない弊害があるなら、なんらかの打つ手はないのかなあと

996 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 14:18:12 ID:h72vy9mp0
「人的物的設備の整った施設に転院させるべきだった」

 夜間に、このような患者を受け入れいれる施設は、
簡単には見つからないという、医療行政の不備を
裁判官は知るべし。

997 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 14:18:43 ID:R0RlnEt40
>>984
責任を負えないなら医者になるな

998 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 14:19:08 ID:fZubxYkB0
医者にとっては、たいしたこと無い症状で睡眠を邪魔してくる100家族の内、本当にまずい状態の1家族
家族にとっては、ほとんど「やばいのではないか」と思い駆け込んでくる。しかも他の家族は関係なく、自分達に対する対応だけがその医者の全て。

999 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 14:20:03 ID:AtQgSGxb0
1000

1000 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/02(日) 14:20:34 ID:lK2defdg0
1000

1001 名前:1001 :Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。


DAT2HTML 0.26n Converted.