【元のスレッド】

【助成制度】不妊治療 横浜市が支援

1 名前:ドメスティック・ドメ子φ ★ :05/01/20 09:55:20 ID:???

横浜市が05年度から、不妊治療の支援に乗り出すことを検討している。
特定不妊治療(体外受精と精子を直接卵子に入れる顕微授精)費の一部を
助成するほか、医師らによる専門相談を実施する予定だ。不妊治療を受け
ている市民の数は不明だが、厚生労働省は全国で28万人(98年度)の
患者がいると推計している。市は費用と精神の両面で支援し、少子化対策
につなげる考えだ。

市によると、国が04年度、特定不妊治療を受ける患者への助成制度を設けた。
都道府県か指定市、中核市が実施主体となり、費用の一部を国と自治体側が折半
して助成する仕組みだ。そのため、国の基準を満たしていることが助成を受ける
条件となる。

市によると、条件は(1)法律上の夫婦であること(2)ほかの治療法では妊娠
の見込みが少ないこと(3)各自治体指定の医療機関で治療を受けること
(4)夫婦の前年度の所得が650万円未満であること−−の4点。基準を満た
した場合、1年あたり10万円を上限に、2年間まで助成を受けられる。

特定不妊治療は不妊治療の最終段階として、深刻な患者に対して実施されるもの
だが、医療保険の対象外で一度に30万〜40万円の費用がかかる。成功率は
2割程度で、妊娠まで何度も治療を受けるケースもあるという。高額の負担に
なることも多いという。市は専門相談を4月から、治療費の助成を10月から
実施したい考えだ。

ソースは
http://mytown.asahi.com/kanagawa/news02.asp?kiji=6364


2 名前:名無しさん@女性魂 :05/01/20 10:04:26 ID:M6cBjujL
ニダ

3 名前:名無しさん@女性魂 :05/01/20 10:18:06 ID:kW/oBynb
旦那以外の精子を使われたとかどうとかの問題が海外でありましたし、
まずは法整備の方をきちっとしてほしいところです。

4 名前:名無しさん@女性魂 :05/01/20 10:45:19 ID:xBU015fP
2年で20万円じゃ焼け石に水では?

顕微受精で一組目の精子を扱ったスポイト(?)で
洗浄とかしないで二組目を扱ったんで、双子のうち一人だけが父親が違うって事件あったね

5 名前: ◆JHYR6uhL6Q :05/01/20 10:50:39 ID:ABJr4JpB
>>4
どんな病院やぁーーー!!!!
おっそろしいね!

6 名前:名無しさん@女性魂 :05/01/20 16:56:28 ID:3qQW+Sk1
不妊治療は多胎児や障害児の産まれる可能性が大きいらしいから
現在子供のいる家庭への支援の充実が先決。
その充実を見て健康な未婚者達が安心して妊娠出産に挑むだろうに。
横浜市民さんいいのですか?こういう税金の使われ方。

7 名前:名無しさん@女性魂 :05/01/20 17:50:49 ID:j/O+Fzta
>>4
焼け石に水、にはならないよ。
注射による治療をしている人なら、年間10万貰えたら結構助かる。
体外受精までいかずに妊娠できる不妊症の人だって多いんだよ。

8 名前:名無しさん@女性魂 :05/01/20 19:43:31 ID:he+3rNed
>>5
イギリスだよ。

こんなこと言ったらあれだけど、対象者の年齢は30代前半まで・・・とか
制限をもうけた方がいいと思う。到底無理とわかる夫婦にまで助成するのは
いろんな意味で無駄。成果が出なければ助成自体打ち切られるかもしれないし。


DAT2HTML 0.26n Converted.